So-net無料ブログ作成

後輩の結婚式に出席 ホテル阪急インターナショナル [大阪]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
2019年6月吉日に会社の後輩の結婚式がホテル阪急インターナショナルでありました。新郎は会社での私の後輩になっていたわけですが、今は新郎とは関東と関西に分かれています。ただし、中国に行ったときに何度か会う機会もあり、神戸でも数回ほど飲み会(会食)で会う機会がありました。そんな中で結婚が決まったとの報告を2018年11月の飲み会「20種類のワイン飲み放題」の時に聞かされ、クリックすると拡大2019年2月13日に右の写真の大阪マルビルの四川料理・御馥で、結婚相手の紹介を兼ねて数人で会食をしました。その関係で結婚式に招待していただき参加させていただきました。うれしいことに新郎新婦を含めて知っている人が結婚式に19人も参加されていました。その内の18人は元々は東京で私の元にいた人でした。今はその中の17人が、私が入社した時に配属になった神戸の事業所に勤めているという偶然で、久しぶりに会う人も多く、楽しく過させていただきました。クリックすると拡大上の写真が結婚式が行われたホテル阪急インターナショナルです。結婚式が行われたチャペルは5階で披露宴会場は6階でした。結婚式場に向かう途中の阪急電車の中から撮りました。右の電車の写真は出発した逆瀬川駅のホームで撮った阪急電車です。

14時半から結婚式(下の写真と小さな4枚の写真)が始まりました。
披露宴は16時からでした。プライベートのことなので結婚式や披露宴の写真などは紹介できないので、本記事では披露宴で出された料理を紹介したいと思います。ただし雰囲気を感じていただきたいので本人や出席者が特定できない範囲で紹介したいと思います。


これがホテル阪急インターナショナルの披露宴会場です。
クリックすると拡大

クリックすると拡大クリックすると拡大こちらが新郎新婦席です。
ケーキカットは大きな写真で紹介したいところですが、この大きさで我慢してください。花のデザインはクリックすると拡大新婦のお色直しで着替えたドレスの色とぴったりでした。
クリックすると拡大

今回は新郎新婦も含めて出席者は80名でした。主賓のあいさつで近い位置の人は全員が向こう側を向いているので本写真を使わさせていただきました。
大

テーブルの中央のお花です。
クリックすると拡大

私の席のセッテングです。シャンパングラスに小さな赤いバラの花が入っているのが印象的でした。
クリックすると拡大

シャンパングラスを拡大いたしました。
クリックすると拡大

さらにバラの部分を拡大いたしました。小さくてもきれいな形の花を使っているのに驚きました。
クリックすると拡大

そのバラの花が入ったグラスにシャンパンを注いでいるところです。
クリックすると拡大

シャンパンが注がれバラが浮いたシャンパングラスです。
クリックすると拡大

みんなで乾杯です。
クリックすると拡大

クリックすると拡大最初の料理が出てきました。
料理の名前は「生ハムとメロンのカクテルスタイル ポトル酒の香りグリッシーニとともに」です。素晴らしいウエディングドレスも右に紹介いたします。みんなが投げた花びらが白いウエディングドレスに乘り、刺繍のように見えたので後ろからの写真を紹介します。クリックすると大きく拡大いたします。
Prosciutto con melone e grissini
クリックすると拡大

料理の部分を拡大いたしました。
ゆったりとした席のスペースに大きな皿が使われているケースが多かったので、デザートも含めた7皿は全て全体と拡大の2枚の写真で紹介いたします。
クリックすると拡大

こちらは2番目に出てきた「鰹と甘海老のカルパッチョ 野菜のマリネ添え 香草風味のオリーブオイルヴィネグレット」です。
Insalalata di tonno all’olio extra vergine d’oliva
クリックすると拡大

飾り付けがきれいきれいでした。結婚式にふさわしい色彩でした。
クリックすると拡大

やっぱり白ワインがほしくなります。タイミングよく白ワインを入れていただきました。
クリックすると拡大

3番目は手長海老の料理でした。料理の名前は「ラングスティーヌのソテーとレルン風味リゾット トマトコンフィのスキャンピのソース」です。
Risotte aiia limone e scampo
クリックすると拡大

ここで右側の外側から2番目に置かれていたスプーンを使いました。
クリックすると拡大

こちらが4番目の料理です。メインの魚料理に位置づけられる料理です。名前は「鯛と帆立貝の地中海風 オリーブとトマトの香り イタリアンパセリの芳醇な香り」です。
Pesce alla mediterraneo
クリックすると拡大

80人に食べごろの料理を出すところはさすがです。この時間帯は白ワインとビールをいただいていました。
クリックすると拡大

肉のメイン料理の前の5番目の一皿です。これは「ブラッドオレンジのグラニータ」です。
Gramita di arance rosse
クリックすると拡大

魚料理と肉料理の間に入れることで舌を休める役目もあるのかもしれません。
クリックすると拡大

6番目が肉料理「仔牛のアッロースト マルサラ酒ソース ポルチーニ茸とマリーユ茸のクレーマ」です。分厚く切ったローストビーフです。柔らかな肉だから出来る料理と言えます。
Arrosto di vitello alla salsa di Marsala
クリックすると拡大

写真のピントは野菜の方に合ってしまいました。
今回の新郎の会社のメンバーは神戸勤務であることから高級な神戸牛のステーキをよく食べています。結婚式を請け負っているホテルは、それに負けないような肉料理を出さなければならない使命があるのだと思います。今回は、ソースと柔らかなお肉で対抗していることが伝わってくる美味しい肉料理でした。
クリックすると拡大

デザートは7番目となります。カフェと一緒に出されました。今回のデザートは「テイラミス」でした。
Tiramisu
クリックすると拡大

ティラミスも拡大いたしました。新郎新婦は途中の料理は、あまり手がつけられなかったようですが、やっと落ち着いて食べられていました。
クリックすると拡大

コースはフランス料理のようですが、フランス語では一部だけの翻訳なのでイタリア語で翻訳すると全て出てきました。
 料理名のGoogle翻訳 → イタリア語翻訳 フランス語翻訳
クリックすると拡大

クリックすると拡大クリックすると拡大下の大きな写真がホテル阪急インターナショナルの入口です。右の小さな写真が披露宴が終わって帰られる方とあいさつをしている場面でクリックすると拡大す。
 名前 ホテル阪急インターナショナル
 住所 大阪市北区茶屋町19-19
 電話 06-6377-2100
 最寄 阪急梅田駅 茶屋町口 徒歩3分
クリックすると拡大
タグ:結婚式
nice!(132)  コメント(36)