So-net無料ブログ作成

非常階段に行列が出来る超人気肉店のお肉1.7kgでステーキ [新年]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
上の写真は宝塚の実家に帰ったときに超人気店で買った特上ヘレ肉のステーキです。今回の年末年始では諸般の事情により実家ではなく、クリックすると拡大2015年12月31日から千葉県佐倉市の私の家に子供たちが集まるので12月23日から30日まで私が兵庫県の宝塚の実家に帰省していました。そこで、今回は兵庫県にある超人気の牛肉店(本店は神戸)でステーキ用のヘレ肉(ヒレ肉)を買って帰ることにいたしました。

12月24日にお店を下見に行った結果、営業の最終日が12月29日でした。12月29日はタイミングよく帰宅する前日でした。そこで12月29日に開店の30分前に来ましたが、下の写真のように、すでに沢山の人が並んでいました。ガードマンの持っている案内板には「ココは最後尾では御座いません。非常階段の方へお廻りください。」と書かれていました。店の前に行列が出来ると周囲のお店に迷惑が掛かるので非常用通路に並ぶようにしているようでした。
 店名 山垣畜産 アクタ西宮店
 住所 兵庫県西宮市北口町1番2号
     アクタ西宮東館1階118号
 電話 0798-66-5929
 営業 10:00~20:00
 定休 第1・第3火曜日
 本店 神戸市北区八多町吉尾819番地
 地図 http://goo.gl/maps/82xyr ポチッ
 掲載 記事-1 記事-2 記事-3
クリックすると拡大

非常用通路の入口に行列の場所が書かれていました。


非常用通路の方に廻ってみるとすでに沢山の人が並んでいました。列に沿って歩いて最後尾まで来ました。ここが行列の最後尾です。お店は1階にあるのですが最後尾は2階まで上がっていました。


階段を下りたところです。思わず、声を出して驚かれる方が何人もおられました。開店時間を過ぎると少しづつ動き始めて少し安心いたしました。これだけの行列が出来るのは年末だけで、普段は店の前だけなので安心してください。


ここの一番前が非常用通路の行列の一番前です。ここら3人づつガードマンの人がお店のところに案内してくれます。3人づつにしているのは割り込みを防ぐために並んでいる3人の人の顔を覚えるためだそうです。3人と書きましたが正確には3組です。夫婦で来られている方が1組入ると4人になるのです。
お店の前まで行くとお店の前に張られたロープの中に入ります。このロープの中に入ると一安心です。お店の中では20人近い人が働いていますが注文を受けるのは一人だけです。混乱をされるために一人が先頭から順番に注文を受けているのだと思います。注文内容を伝えると整理番号札を渡されてレジに肉が届くと呼ばれます。


これが購入した特上ヘレ肉(ヒレ肉/フィレ肉)1.7kgです。いろんな肉を食べた経験から、この肉はデパートなどで買うと100gが約3000円の肉質なのです。でも、こちらのお店では行列が出来るだけのことがあり安く買えるのです。このお店でサーロイン(特上ロース)とランプも試してみましたが、やはり特上ヘレ肉が格別でした。       
クリックすると拡大

千葉の家のために買うのが目的ではありますが、実家でもお袋と食べるので少し多めに買ったわけです。残りは家に持って帰って家に集まった子供たちと食べました。
クリックすると拡大

実家ではブロッコリーをも、つけ合わせにいたしました。
クリックすると拡大

ステーキの上に乗せているのはニンニクです。
クリックすると拡大

肉の断面も紹介します。
クリックすると拡大

写真を拡大いたしました。
クリックすると拡大

やっぱりビールが飲みたくなります。


千葉の家に持ち帰ったのは、こちらの1.45kgの肉です。つまり1.7kg-0.25kg=1.45kgなのです。
クリックすると拡大

一番おいしく焼ける約28mmの厚みに切り分けました。ここの特上ヒレ肉はサーロインと違い脂は目立ちませんが、味も美味しく、非常に柔らかな肉なのです。ヘレは主に近畿地方の呼び方で、一般的にはヒレ、フィレ、テンダーロインと呼ばれます。骨盤の内側にあり、脊椎骨(背骨)と大腿骨(太ももの骨)を結ぶ2本の棒状の結合組織が少ない筋肉(大腰筋/だいようきん)で、非常に柔らかい赤身肉です。一頭の牛から採れる量がわずかなので最高級の部位とされています。骨盤と大腿骨をつないでいる筋肉は中臀筋で部位の呼び方はランプのようです。
クリックすると拡大

お店でもらった香辛料をふりかけました。
クリックすると拡大

最初に牛脂で薄くスライスしたニンニクを焼きます。焼きあがった順番にニンニクを取り出します。焦がさないのが重要です。ニンニクの香りが移った油でステーキを焼くのが目的なのです。
クリックすると拡大

全て同時に仕上げたいので鉄のフライパンと鉄の天ぷら鍋で肉を焼きました。
クリックすると拡大

ステーキ完成が完成しました。我が家ではクレソンをつけ合わせにいたしました。
クリックすると拡大

ソースは赤ワインとウスターソースを事前に煮詰めたものをステーキを取り出した肉汁の中に入れて、さらに過熱したものです。
クリックすると拡大

ビールが美味しかったです。


さらに別のお皿の写真を紹介します。
息子夫婦が5ケ月目の赤ちゃんを連れて実家に行ったときは山垣畜産の肉を使ったすき焼きを食べたそうです。
右はその時に撮った写真です。
クリックすると拡大

さらに別の皿の写真です。1.45kgを6人で食べたので一人平均は242gでした。9個に切り分けたのは厚み28mmを優先したためでした。つまり一人が1.5個のステーキを食べたのでした。このステーキは2015年12月31日の大晦日にいただきました。
クリックすると拡大
タグ: 神戸牛