So-net無料ブログ作成

日本人がほとんど住んでいない町の日本料理店 [安徽省]

この町に住んでいる日本人は数人だけなんです。もちろん日本料理店は1軒だけです。このお店が出来る前も1軒ありましたが、このお店が出来たとたんに閉店してしまいました。前のお店は、名前が名月と言う小さな居酒屋でした。
ここの日本食は本格的です。板前さんを上海から連れてきているので我々が食べても日本の味とそん色ありません。地方では本当に珍しいお店です。
そして豪華なのです。お店も恐ろしく広いのです。上の写真は入口からお店の中を撮ったものです。カウンターの中が調理場で、その向こうににテーブルがあります。さらに奥には座敷の個室が沢山あります。

こちらはテーブル席から入口の方を撮った写真です。
日本のお客さんが少ないのに、こんなに広い理由は少し複雑です。理由はお店を作ったときは日本人が少なかったからなのです。 ??でしょう。
日本人が少ないので中国のお客に入ってもらう必要があります。だけども日本食は中華料理より圧倒的に高いのです。一方高級な中華料理店は、ものすごく豪華なのです。居酒屋のようなお店ではとても入ってもらえないとのことでした。高級な中華料理店に見かけで勝たなければならないとの説明をされました。ここは地方の省の第二の都市くらいのランクの町です。日本だと例えば島根県の第二の都市です。ただし地方の省と言っても人口は6600万人を超えるので簡単には比較は出来ません。


みんな若いです。左の人は店の責任者なんです。注文数が多いいせいもありますが、すごく日本人を大事にしてくれます。従業員の明るさはベトナムの日本食店を思い出します。


やっぱり料理が気になりますね。そこで料理を紹介いたします。実はこちらのお店では食べ飲み放題138元(1800円)があるのです。メニューに書かれている料理は、種類や量に関係なく注文しても値段は一人138元(1800円)です。そして身長が1.2m以下の子供さんは半額(69元)です。


やっぱり高級なものを頼んでしまいます。もちろん、お寿司もあります。あまり余らない程度に頼むようにするのがマナーかもしれません。


もちろんメニューの中にすき焼きもありました。しゃぶしゃぶなどの鍋ものも豊富です。写真をクリックすると出来上がりを表示します。
クリックすると出来上がりを表示

すき焼きは、やっぱり卵ですね。生卵も安心して食べれます。


これは長いもの揚げ物です。


天婦羅もはずせないですね。海老の天婦羅も食べ放題です。これはキスの天婦羅です。


赤貝は中国でも採れるので新鮮なものが食べれます。


牛肉のタタキもありました。メニューは豊富で200種類はあると思います。