So-net無料ブログ作成

ぼっかけ玉子モダン [神戸]


クリックすると拡大
日本蕎麦ではないけれど焼きそばは日本の代表的な料理ですね。上の写真が今回の主役の焼きそばです。
写真を是非クリックしてみてください。理由はクリックするとわかると思います。
この日は、ちょっと早い昼食をとろうと三宮センタープラザ内を歩いていました。ひときわ目を引くお店を発見!
早い時間だったので、どこのレストランもまだガラガラなのにこのお店だけは席が満席状態でした。他にもおいしそうなお店が沢山ありましたが、迷わずここで食事することに決定!
クリックすると拡大いろんな焼きそばがありましたが、のれんに書かれていた「ぼっかけ玉子モダン」を注文しました。

上の写真はクリックすると拡大しますが、クリックが面倒な方のために拡大写真を掲載いたしました。


ソースは5段階の辛さが用意されていました。熟成された自家製麺を目の前の大釜で茹でたものを使っていました。手元の小皿に取り分けて食べます。好みでソースを追加して食べることが出来ように何種類の辛さのソースが用意されています。
この写真はソースを追加した小皿に乗った「ぼっかけ玉子モダン」です。
クリックすると拡大

下の写真が秘伝の具「ぼっかけ」で、初めて見ました。こちらもクリックすると拡大するように設定しています。
「ぼっかけ」は神戸市の長田区周辺での呼び方で牛スジ肉とコンニャクを煮込んだ料理です。一口大に切り揃えた下処理済みの牛スジ肉とコンニャクを鍋に入れ、醤油やみりんなどで甘辛く煮込んでいき、柔らかく中まで味が染み込んだら完成だそうです。スジコンニャクだから「すじこん」と呼ばれて兵庫県西宮市にある"鉄板焼 笑"が商標登録しているそうです。
クリックすると拡大

帰ってきてネットで調べると沢山お店を出している焼きそば専門店でした。広島のお好み焼きを思い出させる雰囲気がなんともいえないですね。写真をクリックすると「自家製麺」と「熟成中」の表示がわかると思います。
クリックすると拡大

クリックするとネットを表示お店は 神戸長田本庄軒
・神戸市中央区三宮町1-9-1
・センタープラザ東館 地下1階
・TEL : 078-391-3314

ネットから三宮店以外の写真を拝借いたしました。
上の写真と比べてみてください。
三宮店だけが昔ながらの雰囲気なのが面白いです。
ネットで出てくるメニューともだいぶ違います。
←クリックするとネット
ネットで調べると私が住んでいる千葉県にも下の3店舗ありました。
ただし、ぼっかけ玉子モダンがあるのか、本場神戸の味が出せているかどうかは食べに行っていないので判りません。
イオン八千代緑が丘
・コーナン市川原木
・ららぽーとTOKYO-BAY

ネットの写真を見ていると三宮店以外のチェーン店は鉄板の前に座って食べる方式が少なそうです。そんな中では立川店は鉄板の前で食べるタイプでした。立川店のことを書いたブログの数も多かったし、行列が出来ているようなので味はよさそうです。
ただし、ネットの記事から拝借した自動販売機のメニューの写真を見ても、ぼっかけ玉子モダンの名前はでてこなかったです。メニューの中で「ぼっかけ」と付くのは「ぼっかけ焼そば550円(中)」か「ぼっかけオムソバ690円(中)」か「ぼっかけとろ玉や焼そば600円(中)」でした。近いのは「ぼっかけオムソバ」だ思いますが、ぼっかけ玉子モダンが食べれるのは発祥の地である三宮店あるいは、その周辺のお店だけのようです。関東で「ぼっかけ玉子モダン」が食べれると思ったのに、ちょっと残念!
でも、気になってしまったので一番近いイオン八千代緑が丘店には食べに行ってみます。

ZATSUのラーメンさんの記事にトラックバックしています。
おなかすいた♪♪2さんの記事にトラックバックしています。
のくまる的グルメさんの記事にトラックバックしています。
めし喰う日々さんの記事にトラックバックしています。
芦屋の不動産屋ブログさんの記事にトラックバックしています。
キャプテン・スキャバーズ2さんの記事にコメントしました。
uessaiの美味しいお店さんの記事にトラックバックしています。