So-net無料ブログ作成

初めて千葉名産の落花生を送りました。 新豆 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
前記事で、近所で頂いた落花生の記事を紹介させていただいたので。初めて落花生の新豆を買いに行った時のことを紹介したいと思います。仕事の関係で関西(神戸)から関東(千葉)に引越してきて長くなります。その間、熊本の叔父さんからはお米を初め、熊本の果物などを年に8~10回もいただいております。こちらからは千葉で有名な梨などを年に2回程度と少ないのですが、送っていましたが、千葉の名産である落花生は送っていませんでした。理由は落花生に関しては、安い中国産の落花生があることから、人によって好みが違うと思っていたからです。最近、叔父さんが落花生を好きだということが判ったことから、初めて送ることにしたのでした。同じ送るなら新豆にしたいので、電話で確認すると11月の中旬以降に新豆が出るということなので最終確認の電話を入れて上の写真のお店に買いに行きました。
新豆と書かれた幟の一番下に書かれている文字が判らないので右下の写真のように反転して見ると文字は「ますだ」でした。この写真は上の写真を切り取って反転させていますが、単純な反転でないことはクリックしていただくと判ると思いまクリックすると拡大す。
 店名 ますだ
 住所 千葉県八街市八街ろ-26
 電話 043-443-0155
 定休 火曜日
 営業 9:00~17:00
 SV https://goo.gl/maps/J17pLygByAq

送ったのは写真の品種が「千葉半立」の殻付き(さやいり)300gです。せっかく叔父さんに送るので7ケ所に渡すことにしたため写真のものを11袋買いました。3ケ所はその場で宅急便にして、1ケ所はレターパックプラス(510円 )で送り、1ケ所はレターパックライト(360円)で送り、2ケ所は会った時に手渡しいたしました。レターパックライトは郵便受に入れるために厚み3cmの制限があるのですが、この300gの真空パックは均等に均すと2.8cmになるのです。驚いたことに北海道に送ったレターパックは翌日に届きました。落花生のようなものは航空便で送ることを郵便局の人に教えてもらいました。
 3ケ所 宅急便           300g×2パック+剥き落花生
 1ケ所 レターパックプラス(510円) 300g×1パック+剥き落花生
 1ケ所 レターパックライト(360円) 300g×1パック
 2ケ所 手渡し           300g×1パック
クリックすると拡大

パッケージに書かれている  千葉半立   天日干し   新豆  が、贈る上での大切なアイテムです。
千葉半立は1952年に千葉県農業試験場で選抜育成された草型が半立の品種で煎豆の食味に独特な風味があり人気のため千葉県作付面積の66%(2017年)を占めているそうです。ただし晩生で収量性は少ないそうです。
クリックすると拡大

もし300gパックが3cmを越えるかもしれないので150gの真空パックも買いましたが、300gのものでもレターパックライトで送れたので、150gパックは家用にしました。それ以外に買った剥いた落花生とカレー味も買いました。
クリックすると拡大

銘菓も買ってみることにいたしました。落花生の銘菓としては右の写真のクリックすると拡大房総ぼっち」が好きなのですが、今までに何度か食べたことがあったので下の写真の2種類を買いました。
 葉重(はがさね) 165円(税込)
 ぴーなっつ最中  108円(税込)
クリックすると拡大

せっかくなのでピーナッツを使った千葉銘菓の写真を紹介します。
こちらが葉重(Hagasane)です。
クリックすると拡大

ピーナッツの味があるレーズンクリームが、味のポイントでした。クラッシュピーナッツとクリックすると拡大レーズン入りのクリームを最中(もなか)の板で挟んでいました。最中の原料は餅で、薄く伸ばした餅を型に入れて焼いたものだそうです。右の小さな写真は菓子を乗せている皿の裏の刻印赤膚山です。
このお皿は奈良の赤膚焼で直径は11.3cmです。裏に赤膚山の刻印のみが押されていることからクリックすると拡大江戸時代から続く古瀬堯三窯の窯元で作られたもののようです。他の窯元の作品は赤膚山(or 赤ハタ)の刻印+作家印や窯印も押されているそうです。
クリックすると拡大

こちらの「ぴーなっつ最中」はピーナッツの形をした最中でした。お皿の直径は14cmあるので、意外と食べごたえのある銘菓であることが判っていただけると思います。お皿は四国の砥部焼です。
クリックすると拡大

最中の中にはピーナッツの餡がが入っていました。若干ピーナッツの形が残っているので餡に変化がありました。もっともピーナッツがたっぷり入った銘菓でした。
クリックすると拡大

千葉県の落花生生産量は日本全国の78%に達しています。その千葉県の56地区の中で最も沢山の落花生を収穫しているのが八街市です。今回買った殻付き落花生も八街産です。
八街は「やちまた」と呼びます。八街が地名に使われたのは、下総台地の開墾着手のために命名が行われた明治2年5月25日(1869年7月4日)だそうです。この名前が付けられた経緯は判りませんが、「やちまた(八衢)」の意味は「道が八つに分かれている所。道がいくつにも分かれている所。分かれ道が多くて迷いやすいこと。」だそうです。その時、13の地域に名前が付けられましたが、その時の名前が残っているのは八街市だけです。全国の78%を生産する千葉県で1位ならばクリックすると全国を表示八街市は落花生の生産日本一の「市/地区」になります。2017年の都道府県ランキング2位の茨城県の生産量は1670t/yと同程度を生産しているのが八街市です。地区別の生産量(収穫量)の新しいデーターが無かったので2006年のデーターで比較できる円グラフを作ってみました。
クリックすると全国を表示

千葉県内には、今回紹介したお店以外にも、沢山の直売店があると思いますが、とりあえずは落花生を買った今回のお店とネットで出てきた八街にあるお店の場所に落花生マーク( )を付けました。マイナスのアイコンを4回クリックすると東京からの位置が判ると思います。住所は最初に紹介したように千葉県八街市八街-26ですが、地名にひらがなの一文字'ろ'が使われいるのも珍しいと思います。八街には「い・ろ・は・に・ほ・へ」があります。千葉県に残る「いろは地名」は次の通りです。八街市はひらがなで、他はカタカナです。着色文字をクリックすると市のエリアと場所を表示します。地図内のマークは「いろは地名」の場所です。
 1 旭市イ・ロ・ハ・二
 2 匝瑳市八日市場イ・ロ・ハ・二・ホ
 3 香取市佐原イ・ロ・ハ・二・ホ
 4 山武市蓮沼イ・ロ・ハ・ニ・ホ
 5 八街市八街


今回ではありませんが、2018年4月4日に近所の方から頂いた「ゆで落花生・千葉のかほり」と「八街産・半立うす皮煎り」を紹介します。その方は全国から美味しいものを取り寄せられていますが、千葉では直接車で買いに行かれていて、千葉のグルメに詳しい方なのです。その方が今回我々が買った「ますだ」の落花生を選ばれていたのです。
クリックすると拡大

食べるときに写した落花生です。クリックすると大きく拡大いたします。
ゆで落花生に適していると言われているのが、大粒で柔らかい「おおまさり」です。「おおまさり」は千葉県農業総合研究センターで2006年に作られた品種です。ただし、この時の茹で落花生の品種は確認しませんでした。
 左:ゆで落花生・千葉のかほり 千葉県産
 右:八街産・半立うす皮煎り  ますだ産
       茹で落花生            煎り落花生
クリックすると拡大クリックすると拡大
タグ:落花生 新豆
nice!(124)  コメント(42) 

nice! 124

コメント 42

夏炉冬扇

以前に義兄が千葉に赴任していたことがありました。
その折、時折、名物の落花生が送ってきてました。
思い出しました。
by 夏炉冬扇 (2019-02-21 17:45) 

リス太郎

八街産でしたか、ネットで検索すると「ゆで落花生」というらしいのですが、買ったかもらったかして食べました。これはこれでうまかったです。
https://suzuichi-s.co.jp/SHOP/113253/list.html
by リス太郎 (2019-02-21 18:12) 

みぃにゃん

ピーナッツ最中は食べたことあるのですがこれは食べてみたいですね~ピーナッツは大好物なのでクラッシュってネーミングがそそられます。
by みぃにゃん (2019-02-21 18:40) 

SORI

夏炉冬扇さん こんばんは
千葉に引越してきて一番落花生を買った年となりました。買いに来られている人が多かったのにも驚かされました。
by SORI (2019-02-21 18:41) 

SORI

リス太郎さん こんばんは
茹で落花生は千葉に引越してきて初めて知りました。1年に1回以上は食べたと思います。
by SORI (2019-02-21 18:44) 

SORI

みぃにゃんさん こんばんは
クリームを挟んでいるところが、北海道の有名な銘菓に近いところがありますが、ピーナッツの風味が特徴を出しています。
by SORI (2019-02-21 18:46) 

ニッキー

ピーナッツ最中はかみさんも私も大好きで
マラソン大会で千葉に行った時に
必ず買ってましたが、最近はデパ地下の
名産品売り場でも扱ってるので手に入りやすくなりました( ^ω^ )
新豆、11月中旬以降に発売なんですね_φ( ̄ー ̄ )
by ニッキー (2019-02-21 20:07) 

横 濱男

ぴーなっつ最中・・・形状から、食べやすそうですね。
やはり、千葉しか売ってないのかなぁ~!!
by 横 濱男 (2019-02-21 20:28) 

JUNKO

此方と比較にならないくらい豊富なんですね。私たちはあまり食べませんね。
by JUNKO (2019-02-21 20:32) 

*ピカチュウ*

名産の殻付きピーナッ最高ですね♪
ぴーなっつ最中も又おいしいそうです。

by *ピカチュウ* (2019-02-21 21:00) 

ヤッペママ

落花生も加工品も外国産が多くなりました。
チェックして購入しています。

by ヤッペママ (2019-02-21 22:06) 

coco030705

こんばんは。
お菓子、美味しそうですね。
ピーナッツ型のは、デパートの銘菓コーナーで見たことがあります。
今度買ってみようかしら。

by coco030705 (2019-02-21 22:49) 

mitu

ピーナッツ最中、パッケージデザイン(個包装、箱共に)も可愛いです

↑横濱男さんへ、総武線の駅売店などにも置いてありましたよ(^^♪
by mitu (2019-02-21 22:53) 

SORI

ニッキーさん おはようございます。
千葉の銘菓を御存じなのですね。嬉しいです。半立の新豆が出るのが11月中旬以降です。10月から電話を何度かして3か4度目の電話で新豆が出ているとの回答があったので、すぐに買いに行きました。
買いに行ったのは11月29日でした。
by SORI (2019-02-22 06:29) 

SORI

横 濱男さん おはようございます。
銘菓「ぴーなっつ最中」を考案したのは、明治32年4月に成田山門前町で創業した「なごみの米屋」だそうです。今ではいろんな店舗でも買えるようになりました。創業当時に作られていて、今でも売られているのが栗羊羹です。
by SORI (2019-02-22 06:46) 

SORI

JUNKOさん おはようございます。
ご指摘の通り、全国の78%が集中している千葉県だから沢山売られていて関心も高いのだと思います。おかげで落花生に関して沢山の経験が出来ました。
by SORI (2019-02-22 06:50) 

SORI

*ピカチュウ* さん おはようございます。
田舎っぽい銘菓と感じていましたが、食べてみると美味しいので驚いてしまいました。ピーナッツ好きの方にはいろんな銘菓を試していただきたくなります。
by SORI (2019-02-22 06:53) 

SORI

ヤッペママさん おはようございます。
千葉に住んでいるからこそ国内産を目にする機会が多いけれども、平均的には9割は外国産なのですね。
by SORI (2019-02-22 06:55) 

SORI

coco030705さん おはようございます。
ピーナッツの餡の美味しさを味わえるお菓子だと思います。一つ100円なのも買いやすいと思います。
by SORI (2019-02-22 06:58) 

SORI

mituさん おはようございます。
特に箱が、お洒落で可愛いと思います。3月に墓参りに行く時の叔父さんへの土産に千葉の銘菓を持って行こうかと思います。
by SORI (2019-02-22 07:04) 

tarou

お早うございます、清里駅にコメントを
有難うございました。
駅の近くに展示されているSLを見るだけでなく、
観光SL列車も走っているので乗ることも
可能になりましたね(^^♪

千葉産の落花生良く食べます、
最近、落花生の甘納豆を頂いたので、
コーヒーの茶菓子として頂いてます。
殻付の落花生が一番ですね(^_^)v

by tarou (2019-02-22 07:04) 

Rinko

落花生好きな方へ新豆は嬉しい贈り物ですね~!
ピーナッツ最中のパッケージがレトロでかわいい~(*´▽`*)
by Rinko (2019-02-22 07:48) 

SORI

tarouさん おはようございます。
落花生の甘納豆とは面白いですね。確かに餡も出来てしまうので納豆もありなのでしょうね。
by SORI (2019-02-22 07:49) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
千葉っぽさが出ていると思います。千葉だと新豆はいち早く送れるので値打ちがあると思いました。天候に左右される天日干しの時間が必要なので新豆の販売開始は事前に確定は出来ないようでした。
by SORI (2019-02-22 07:53) 

ラック

千葉のピーナッツは美味しいです!
それにしても熊本の叔父様が甥御さんを思いやる気持ちが
伝わってきます。
きっとSORIさんがお優しいからだと思います!

by ラック (2019-02-22 10:47) 

SORI

ラックさん おはようございます。
偶然ですが、先ほど熊本の叔父さんからお米が25㎏届きました。熊本地震では震度7を2度経験した益城町に住んでいます。そこから益城米が届きました。阿蘇山の伏流水で育った、すごく美味しいお米です。
by SORI (2019-02-22 10:53) 

ちぃ

落花生の新豆は11月中旬!
初冬の食べ物なんですねー。
「葉重」も「ぴーなっつ最中」も美味しそうですね^^
レーズンクリームというと北海道のお菓子を思い出します!
(私は札幌出身ですw)
by ちぃ (2019-02-22 15:19) 

SORI

ちぃさん こんにちは
私も北海道のお菓子を思い浮かべました。いい味の組み合わせなのだと思います。
札幌と言えば昨晩の地震が大変だったようですね。今、長男家族が北海道に住んでいます。電話で確認すると、今回は停電もなく被害はなかったとのことなので安心いたしました。
by SORI (2019-02-22 16:21) 

足立sunny

落花生は千葉県産のものだけを子供の頃から食べ続けていたのですが、この生産量ですとそれが自然だと悟りました。
落花生の話でなくて恐縮ですが、恥ずかしながら「いろは地名」の漢字が読めなかったため調べて、おかげさまで匝瑳という平安から続く古名の由来を知ることができました。
by 足立sunny (2019-02-22 17:50) 

SORI

足立sunnyさん こんばんは
匝瑳(そうさ)の由来に注目されるとはさすがです。
現在の名前につながる匝瑳郡(さふさごうり)が平安時代に遡るとは知りませんでした。
ちなみに匝瑳市の落花生の生産は千葉県で15番目だそうです。
http://www.city.sosa.lg.jp/index.cfm/18,5904,259,html
by SORI (2019-02-22 19:02) 

テリー

落花生も新豆が美味しいのですね。私も味見してみたくなりました。
by テリー (2019-02-22 21:46) 

SORI

テリーさん おはようございます。
次に新豆が味わえるのは11月です。是非とも!
by SORI (2019-02-23 01:33) 

旅爺さん

今大粒落花生の茹でピーナツにはまってます。
実に美味しいので何袋も買っちゃいました。
by 旅爺さん (2019-02-23 09:28) 

SORI

旅爺さんさん おはようございます。
茹でピーナッツは私もよく食べました。こちらも茹で加減が大切ですね。私はサクッとした食感が残った少し硬めが大好きです。
by SORI (2019-02-23 11:15) 

poko

SORIさん、こんにちは。
落花生が新豆で売られているのを初めて知りました。
ぴーなっつ最中、美味しそうです。
by poko (2019-02-23 15:43) 

SORI

pokoさん こんばんは
普段にお店の前を通るときに比べて、驚くほど沢山の人が新豆を買いに来られていました。我々は新豆を買いに来たのは初めてでした。
by SORI (2019-02-23 20:32) 

プリスキラ

今年のお正月は千葉の親戚からQナッツというピーナッツをいただきました。新種かな?千葉のはカラも剥きやすくて美味しいですね。
by プリスキラ (2019-02-24 20:02) 

SORI

プリスキラさん こんばんは
Qナッツは是非とも食べてみたいと思っています。まだ、お目にかかっていないので、見つけたら半立や他の品種も買って味比べをしてみたいと思っています。Qナッツは2018年にデビユーしたピカピカの一年生だそうです。
「君に届く」はいい歌ですね。
https://youtu.be/ZNu10SawQgc?t=37
by SORI (2019-02-24 21:30) 

nicolas

八街市と聞くと、「やっちまったなー?」のクールポコを思い出しちゃいます。(かなりもう古いですが)
この、ピーナツ最中、入れ物もカワイイですよねー
確か赤い箱でしたよね。ちょっと落花生ぽい姿だった気がします。
ウチの旦那さん、落花生大好きで食べ出すと止まりません。
千葉産は違うー!って言って喜んで食べます。
by nicolas (2019-02-26 14:14) 

SORI

nicolasさん こんにちは
クールポコをおもいだされましたか。楽しいですね。
ネタ1
せんちゃん「カッコつけて、フランス料理を食べてる男がいたんですよ~」
小野まじめ「な~〜にぃ〜~!? やっちまったな!!!!」
せんちゃん「男は黙って、」
小野まじめ「握り飯!」
せんちゃん「男は黙って、」
小野まじめ「握り飯!」
ネタ2
https://youtu.be/vNaMUplvU_s?t=18
せんちゃん「もてようとして、風で寝込んでいる女にお粥を作ってあげている男がいたんですよ~」
小野まじめ「な~〜にぃ〜~!? やっちまったな!!!!」
せんちゃん「男は黙って、」
小野まじめ「ちらし寿司!」
せんちゃん「男は黙って、」
小野まじめ「ちらし寿司!」
by SORI (2019-02-27 07:23) 

リンさん

茨城も落花生屋さんがたくさんありますが、千葉で買うことの方が多いです。
お菓子もいろいろあるんですね。
by リンさん (2019-02-27 15:53) 

SORI

リンさんさん こんにちは
やはり全国2位の茨城でも落花生屋さんが沢山あるのですね。
千葉には落花生を作ったものが多いです。最近では佃煮関係のコーナーでも見かけました。
by SORI (2019-02-27 17:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。