So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ダイモンドヘッドに登りました。 [ハワイ]

IMG_6967-50.jpg写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)はワイキキの町の南東にあります。そのダイヤモンドヘッドにハワイ旅行の2日目の朝に登ってみました。上の写真は6日目にパンチボウル(Punchbowl)から撮ったダイヤモンドヘッドです。手前のビル群はワイキキの町です。ダイヤモントヘッドの右端の最も高いところに登りました。

ダイヤモンドヘッドは、この航空写真のように火山の火口の周囲のリング状の山なのです。約40~50万年前に出来たダイヤモンドヘッドは火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もって丘を形成して出来た火山砕屑丘だそうです。クリックすると拡大山の外側は傾斜がきつく道もないことから、外側からは登れません。トンネルで内側の火口に入り内側から登るのです。下の写真はダイヤモンドヘッドへの登山道の説明板にあった写真で、右の写真ははWikipediaから転用させて頂いただきました。矢印(↓)が頂上です。
クリックすると拡大

路線バスはトンネルの内側まではいかないことから、ホテルからダイヤモンドヘッドの内側まではタクシーで行きました。観光用のトロリーバスはトンネルを通って内側まで行きますが、午後からは別の場所に行く計画を立てていたことから時間優先のために行きも帰りもタクシーにいたしました。
  ニューオータニ・カイマイビーチ・ホテル
  ダイヤモンドヘッド Fire Control Station
 ━━ ダイヤモントヘッド登山道ルート
 ━━ タクシールート ホテル~ダイヤモンドヘッド火口
 ━━ トンネル


こちらが外側からダイヤモンドヘッドの内側に入るトンネルです。トンネルを歩いている人も沢山おられました。乗用車の前を走っているのが観光用のトロリーバスです。
クリックすると拡大

ここで入山料1ドルを払います。
クリックすると拡大

写真に見えているいるのがダイヤモンドヘッドの最高峰の部分で、皆さんが目指すところでもあります。駐車場には沢山の車が停まっていました。
クリックすると拡大

こちらは観光用のミニレンタカーではないかと思われました。前輪が2つで後輪が1つの三輪車でした。
クリックすると拡大

ここが登山道の入口です。火山の火口が登山ルートの出発地点なのは世界的には珍しいと思います。ダイヤモンドヘッドのように約40~50万年前に出来た火山は、日本ならば今でも活動する可能性があるので危険ですが、ハワイ諸島全体が北西に移動していることからオアフ島の下にはマグマは無くて、今はハワイ島の南東半部の下にマグマがあるのです。したがってオアフ島の火山の火口は安全なのです。
クリックすると拡大

その入口に「DIAMOND HEAD STATE MONUMENT」が建てられていました。この時、9時でした。
クリックすると拡大

最初はこのようななだらかな道が続いていました。
クリックすると拡大

出発地点にはゴミ箱が設置されていました。一般ゴミ用とボトル&缶用の2種類でした。
クリックすると拡大

ダイヤモンドヘッドに関する質問形式の看板が建てられていました。
クリックすると拡大

これから目指すところどす。ダイヤモンドヘッドの名前は空から見た形がダイヤモンドの指輪に似ているからだと思っていましたが、実は19世紀にイギリスの水夫たちがこの山を登った時に火口付近の方解石の結晶をダイヤモンドと間違え「ダイヤモンドヘッド」と名付けたと言われているそうです。 ハワイの先住民は「マグロの額」という意味でハワイ語でレアヒ(Lēʻahi)と呼んでいるそうです。
クリックすると拡大

登山道沿いにはマメ科の木が沢山生えていました。
クリックすると拡大

なだらかな道が続いていますが、山の部分に近づいていることが感じられる景観となってきました。
クリックすると拡大

休憩している人たちも見かけるようになってきました。
クリックすると拡大

山道になってきました。
クリックすると拡大

頂上付近が見える景観になってきました。
クリックすると拡大

火口周辺の低い部分から外側の景色も見えてきて、かなり高くまで登ってきたことが感じられる景観にもなってきました。
クリックすると拡大

溶岩と思われる岩を登る道になってきました。
クリックすると拡大

振り返ると登ってきた道が見えました。
クリックすると拡大

上を見るとまだまだ道が続いていました。
クリックすると拡大

道の途中に見晴らし台がありました。
クリックすると拡大

その見晴らし台の場所にはウインチが設置されていました。昔にこれで荷物を上げたのでしょうか。
クリックすると拡大

さらに上りが続きました。
クリックすると拡大

急な階段になってきました。
クリックすると拡大

その階段を登りつめると岩をくりぬいたトンネルがありました。
クリックすると拡大

トンネルの内部です。
クリックすると拡大

トンネルを抜けるとコンクリートでできた急な階段が続きました。頂上に近づいてきている実感が湧いてきました。階段段は99段だそうです。
クリックすると拡大

急なコンクリートの階段を登りつめるとコンクリーのトンネルがありました。
クリックすると拡大

トンネルの先には螺旋階段がありました。どれだけ登ると頂上に着くのだろうと少し不安にしてくれました。螺旋階段は52段だそうです。
クリックすると拡大

螺旋階段の辺りは1910年に作られた軍事施設のFire Control Station(射撃統制所)だったのです。1900年代(20世紀)に入り、海が一望できるダイヤモンドヘッドはオアフ島の沿岸防衛に理想的な場所とされ、1904年に連邦政府に買い上げられたのち、1908年から1943年まで大砲の砲台などが据え置かれ、軍事要塞化され、山の尾根には沢山のトーチカ(コンクリート建造物)が作られました。ただし現在まで1度も使われることはありませんでした。上で紹介のコンクリートの階段やトンネルは軍事施設の一部だったのです。Fire Control Stationを横から撮っていなかったのでネットから転用させていただいたのが右の写真です。Fire Control Stationは4階建で山の一部に偽装されていて、後で作られた思われる山頂展望台がなければ射撃統制所であることは、海からは判らなかった思われます。上から
   Observation Deck(山頂展望台)
 4階 Groupment Command Post “Battle Commander’s” Position
 3階 Primary Station, Observation Post Battery HARLOW
 2階 Secondary Station, Observation Post Battery Randolph
 1階 Secondary Station, O.P. Ft. DeRussy, “Fire Commander’s Position”
です。

クリックすると拡大

螺旋階段を登りつめると、やっと外の光が見えてきました。
上の図のPrimary Stationの階です。
クリックすると拡大

施設内からの景色です。西北西方向の景色です。
クリックすると拡大

南南西方向の景色です。この時、9時32分でした。上り始めた火口のモニュメントの場所がちょうど9時だったので、ここまで32分でした。
クリックすると拡大

建物の外に出ました。そこには青い海が広がっていました。
クリックすると拡大

南東方向です。
クリックすると拡大

沢山の人が写真を撮っていました。右の部分がコンクリート構造物です。
クリックすると拡大

ワイキキの町が見えます。我々の泊まっているホテルも見えました。
クリックすると拡大

ワイキキの町の方向の景色を拡大いたしました。左の白い建物が我々の泊まったホテルがあるところです。
クリックすると拡大

そのホテルの建物群を拡大いたしました。この建物群で最も右端の建物が我々の泊まったホテルです。
クリックすると拡大

ワイキキの町を拡大いたしました。
クリックすると拡大

我々が泊まったホテルの辺りからダイヤモンドヘッドの頂上付近を撮った写真です。右側の高いところが山頂の展望台です。その山頂の展望台の地下が、上で紹介した太平洋戦争前からの軍事施設Fire Control Stationです。Fire Control Stationから山頂の展望台に登りました。左側の高い部分はトーチカの屋根の上です。
クリックすると拡大

Fire Control Stationから頂上展望台の方向に向かう道です。
クリックすると拡大

頂上展望台へ向かう道の途中から別の軍事施設(トーチカ)が見えてきました。施設の上に人が沢山立っていました。この近くに1943~1944年に建設されBattery 407と呼ばれる軍事施設には海に沈んだ戦艦アリゾナの主砲(35.6cm砲)を設置する計画がありトンネルや砲台は完成しましたが、主砲の周辺機器が使用不可能であったことからダイヤモンドヘッドに主砲が設置されることはありませんでした。ただし後部3番、4番砲塔は無傷のままだったためにオアフ島の東海岸に設置されてペンシルベニア砲台と命名されたそうです。
クリックすると拡大

これがダイヤモンドヘッド頂上の展望台からの景色です。素晴らしい景観でした。標高は232mです。出発地点の火口の標高はGoogle地図で確認すると64mのため標高差は168mとなります。
クリックすると拡大

ここからはワイキキの町全体を見ることが出来ました。
クリックすると拡大

登山道以外は歩くのは禁止です。ホテル近くから撮った写真では軍事施設(トーチカ)の方にも人が行っていました。
クリックすると拡大

軍事施設(トーチカ)とワイキキの町です。
クリックすると拡大

やはり海がある景色はきれいです。
クリックすると拡大

トーチカを拡大いたしました。頑丈そうな構造から、かつては軍事施設であったことが感じられます。
クリックすると拡大

ダイヤモントヘッドに関する説明板も設置されていました。上で紹介したFire Control Stationの断面図は、この説明板の写真から切り取りました。
クリックすると拡大

ダイヤモンドヘッドの内側の火口部分です。建物がある部分が出発地点です。
クリックすると拡大

頂上の展望台から降り始めました。
クリックすると拡大

人が立っている場所の下にもコンクリートの建物がありました。実はこの場所は立ち入り禁止になっているのですが、景色がいいためか人が入っていました。コンクリートの設備はFire Control Stationから頂上展望台の方向に向かう道から見えたトーチカです。
クリックすると拡大

下山方向に進むと別の展望台に行く道があったので、そちらの展望台にも行ってみました。この写真は戻るときに撮ったもので向こう側からこちらに来たのです。
クリックすると拡大

これが今回のルートで最も東側の展望台です。
クリックすると拡大

東方向です。遠くに岬が見えています。岬はココヘッドで、ココヘッドの付け根にある山はココクレーターです。この日の午後にこちらの方向に行ってみました。
クリックすると拡大

上の写真の一部を拡大すると軍事要塞の名残のトーチカが写っていました。
クリックすると拡大

Google地図の3Dで確認すると尾根のトーチカだけでなく、その下の中腹にも大型のトーチカが作られていました。大型の大砲が設置されていたものと推測されます。ちなみにトーチカはロシア語(точка)だそうです。


クリックすると拡大この施設の写真はネットでは見つからなかったので拡大したハードコピーを掲載いたします。クリックすると広範囲を表示します。この施設が日本軍の奇襲で沈没した戦艦アリゾナ(USS Arizona)の主砲を設置する予定だったBattery 407なのかどうかは現時点では分かりません。
クリックすると拡大

出発地点の写真です。左端に外側から火口に入ってくるトンネルが写っています。
クリックすると拡大

ここは中腹部分です。
クリックすると拡大

火口部分に下りてきてあらためて頂上付近の写真を撮りました。
クリックすると拡大

冷たいものを飲んだ後にタクシーに乗ってホテルに戻りました。ホテルに着いたのは11時10分でした。ホテルを出発したのは8時45分だったので2時間25分でダイヤモンドヘッドを満喫できました。
クリックすると拡大

山頂付近の登山ルートや展望台を紹介します。太い鶯色と薄紫色でトンネルと階段を表しています。Fire Control Stationからはオレンジ色ルート(━━)で下山いたしました。
  ダイヤモンドヘッド山頂展望台 Fire Control Station
  ダイヤモンドヘッド東側展望台
  登山道途中の見晴らし台
  トーチカ
 ━━ 登山道
 ━━ 山頂付近散策ルート
 ━━ トンネル      ━━ 階段

nice!(89)  コメント(27) 

nice! 89

コメント 27

横 濱男

30分くらいで登れちゃうんですね。。
もっと時間がかかるのかと思いました。
展望台空の眺めが、いいですね。。
by 横 濱男 (2018-08-16 20:59) 

SORI

横 濱男さん こんばんは
最後はきつい上り坂と階段だったので1時間くらいかかったように感じましたが実際は30分程度なので驚きました。すばらしい景色なのでお薦めの場所です。
by SORI (2018-08-16 21:45) 

みぃにゃん

こんばんは。ダイアモンドヘッド見晴らし最高でしょうね。昔ハワイへ行ったときのぼらなかったんですよね。今思えばいけば@よかったと後悔しております。トンネルになかも入るとはますます行けばよかった~
by みぃにゃん (2018-08-16 22:11) 

coco030705

こんばんは。
ダイヤモンドヘッド、かなり道が整備されていますが、やはり山なので、のぼりばかりが大変だったでしょうね。でも、景色が美しいですね。登った甲斐が」ありましたね。ハワイの山の上からの風景は、本当にきれいですね。
by coco030705 (2018-08-16 22:18) 

テリー

何回か、ハワイに行きましたが、ダイヤモンドヘッドは、まだ、登ったことはないです。
by テリー (2018-08-16 23:19) 

リス太郎

ダイヤモンドヘッドというので禿げ頭のことかと思いました。
(なんでやねん)
by リス太郎 (2018-08-16 23:47) 

リス太郎

ちなみに禿げ頭を韓国語で「テモリ」というらしいです。某出版社のテモリ取締役から聞きました。で、ちなみにちなみにちあきなおみに、テモリ取締役も「テモリ」です。(記事と関係ないコメントすな)
by リス太郎 (2018-08-16 23:51) 

kazu

SORIさん、おはようございます。

残念ながら、ダイヤモンドヘッドの頂上までは登りませんでした。
途中の展望台のようなところまででした。
案外短時間で登れるんですね。

今日は湿度も低く過ごしやすいようです。

by kazu (2018-08-17 06:01) 

SORI

みぃにゃんさん おはようございます。
高い場所からの景色は、やはり格別でした。
驚いたのは登山している男性で長ズボンは私だけでした。町の中でも長ズボンは珍しい存在でした。
by SORI (2018-08-17 06:37) 

SORI

coco030705さん おはようございます。
最後の階段→トンネル→階段→トンネル→螺旋階段の登りはきつかったですが、上が見えていて距離が短いので耐えることが出来ました。
by SORI (2018-08-17 06:41) 

SORI

テリーさん おはようございます。
オアフ島に長く住んでいる日本人の方でもダイヤモンドヘッドに登っていない方がおられました。何度も行かれている人も含めてダイヤモンドヘッドは身近過ぎて意外と行っていない方が多いのかもしれません。
by SORI (2018-08-17 06:44) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
確かに韓国語&テモリで検索するとハゲと出てきました。韓国に関しても詳しそうですね。
by SORI (2018-08-17 06:48) 

SORI

kazuさん おはようございます。
頂上近くが昔の軍事施設だとは知りませんでした。これも楽しい思い出となりました。今日は12名が集まって泉カントリーでゴルフなので、すごしやすいのはたすかりました。ゴルフの後は勝田台近くで飲み会です。
by SORI (2018-08-17 06:53) 

tarou

SORIさん お早うございます。
ダイモンドヘッドの登頂されましたか、
眺めは最高ですね(^_-)
以前、泊ったホテルから、ダイモンドヘッドが
見えていて、その時は登れるのは知りませんでした。
今度、機会が有れば登って見たいです。

by tarou (2018-08-17 07:23) 

kazu-kun2626

上りごたえがありそうですね~
by kazu-kun2626 (2018-08-17 07:28) 

SORI

tarouさん おはようございます。
自分の足で登るのは値打ちがあるように思います。町も海もきれいに見えました。
by SORI (2018-08-17 07:33) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
最初はなだらかで、頂上に近づくほど極端に傾斜がきつくなるのがダイヤモンドヘッドでした。まさに巨大要塞でした。
by SORI (2018-08-17 07:39) 

むうぴょんこ

うわぁー・・・ダイアモンドヘッドだ!!
彼女が行った際には登らなかったらしいけど・・・
セグウエイで登山できるツアーがあったらしくて・・・
それなら登山嫌いの私も挑戦できるかなって(笑)
でもこうしてみると登山道って狭いね・・・
あれってもしかして火口の駐車場までだったのかな??
あはは・・・だとしたらちょいとがっかり的な感じだね(笑)
by むうぴょんこ (2018-08-17 14:17) 

poko

SORIさん、こんにちは。
ダイヤモンドヘッドからの景色は最高ですね。
海の色のグラデーションがとても素敵です!
by poko (2018-08-17 15:46) 

SORI

むうぴょんこさん こんばんは
ホノルル市内ではSegwayが沢山走っていました。確かにSegwayで階段などは難しいい細い道ので、Segwayで登ることが許されるのは駐車場までかあるいは前半の広い道までで、あとは歩きになるような気がします。それでもSegwayで行くのは楽しいと思います。
私もSegwayに乗ってみたかったけれどもレンタルしてもらえる場所が判りませんでした。

by SORI (2018-08-18 21:55) 

SORI

pokoさん おはようございます。
ハワイの海はほんとうにきれいでした。太平洋の真ん中なので汚染とは無縁のように感じました。
by SORI (2018-08-18 21:57) 

yokomi

 こんにちは。なんと、ダイヤモンドヘッドを満喫しました(^_^;)
by yokomi (2018-08-19 08:53) 

SORI

yokomiさん おはようございます。
お薦めの場所と聞いていたので、2日目の朝に行ってみました。ほんと満喫させていただきました。
by SORI (2018-08-19 09:27) 

Rinko

パワースポットのダイアモンドヘッド、一度は見てみたい!行ってみたい!のひとつです^^
そこから見るワイキキの町がまた綺麗ですね~!
by Rinko (2018-08-20 08:14) 

むうぴょんこ

写真で確認したら『Segway Waikiki Tours』ってとこでやってるみたい!!
この時って彼女はシェラトンに宿泊したんだけど、その付近のようなことは言ってたかも??
因みに彼女はそのセグウエイでビーチを走り回ったんだけど・・・
現地で申し込んだツアーなのに、なぜか日本人だけしかツアーに参加してなかったったのが印象的だったって(笑)
ホント・・・クマったもんだ!!
by むうぴょんこ (2018-08-20 11:35) 

SORI

Rinkoさん こんにちは
ほんときれいでした。娘の一押しの場所でもありました。娘が学生時代に学会の発表がハワイであった時に体験したそうです。
by SORI (2018-08-20 13:18) 

SORI

むうぴょんこさん こんにちは
調べてもらえたのですね。次に行った時には是非とも乗ってみたいと思います。ハワイはまだまだ日本人観光客の牙城なのです。欧米の人は左ハンドルの人達なのでレンタカーを借りるのかもしれません。
by SORI (2018-08-20 13:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。