So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

路線バス'The Bus'に乗ってホノルル美術館を目指しました。 [ハワイ]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
すでに3つ前の記事で紹介したように2018年5月19日の朝の9時20分に宿泊ホテルであるニューオータニ・カイマイビーチ・ホテル( )に着きました。チェックインが出来るのは13時なので荷物を預けた後に目指したのはホノルル美術館( )でした。もちろん美術館にも興味があったのですが、最大の目的はホノルル美術館のSpalding House Cafe(スパルディング・ハウス・カフェ)でランチを食べることでした。そのカフェでは自然豊かな庭園の中の好きなところでクリックすると拡大食べれるように2人分のフードとドリンクが入ったバスケットでランチが出されるのです。そこでホノルル美術館の近くまで行く路線バスに乗るために右の写真のサーフィンの像があるところまで歩き、19番の路線バスに乗りました。歩いた時の景色→ポチッ

Google地図でホノルル美術館に行ったルートを紹介したいと思います。本来であればホテルで教えてもらったようにワイキキ辺りで19番から2番のバスに乗り換えるとバス停から美術館は近かったのですが、我々が乗り換えるのは難しいと思ったようで、19番のルートの中でホノルル美術館に一番近いところに降ろしてくれたのでした。その代り少し歩くことになりました。帰りも最初に2番か13番に乗っていれば最短で帰れたのですが、間違えてココマリーナ(ハワイ・カイ)行に乗ったことから遠回りのルートになりました。
  ニューオータニ・カイマイビーチ・ホテル
  ホノルル美術館往復で利用したバス停 6ケ所
クリックすると拡大  ホノルル美術館
 ━━ 徒歩
 ━━ 行き バス路線 19番
 ━━ 帰り バス路線 1番
 ━━ 帰り バス路線 14番


乗った19番の路線バスの中の写真です。路線バスを利用するときに自分が行きたいところを運転手さんに聞くのがポイントです。沢山の人が聞かれており、それが普通でした。他の人も、そのために待たされても気にしていませんでした。我々も「ホノルル美術館に行きたい。」と伝えると「OK 乗り換える必要があります。」とのニアンスの答えが返ってきました。19番はワイキキとホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)を結んでいる路線バスで、乗ったところは終点に近いため、乗った時はバラガラでした。乗って数分で終点について5分ほど停まった後にホノルル空港に向かって出発いたしました。
バスが停車すると乗り降りが楽なように車体の前の部分全体が下がるのです。つまり停止と同時に「プシュー」と空気が抜ける音がするのです。さらに感心したのが、車椅子の人に対して人も車体構造も優しいのです。3日間で、気が付いただけで3回ほど車椅子が乗る場面に出会いました。乗るときも降りるときも車椅子が優先なのです。車が停車すると床の上にあった車椅子乗降用の板が180°+少し回転して車椅子が乗降できるようになるのです。車椅子が乗り込むと運転手さんが優先座席を折りたたんで車椅子をその場所に設置した後にベルトで縛るのです。降りるときは運転手さんがベルトを外すのです。その間、お客さんは当たり前の雰囲気で待っているのです。手伝う方もおられました。こちらの写真で右側と左側が車椅子が設置できるスペースです。つまり2つの車椅子が乗せられるのです。この部分以外の椅子は全て前向きの2人掛けです。
クリックすると拡大

これが車椅子乗降用の板です。これが黄色の矢印の方向に持ち上がりながら右に180°回転するのです。写真をクリックすると広い範囲を表示します。
クリックすると広範囲表示

買ったチケットは、こちらの1日フリーパスの一日券です。左右は表と裏です。我々だけでなく皆さんが一日券を買われていました。実は1回券が2.5ドルに対して一日券は5.5ドルなのです。3回以上乗れば元がとれるのです。つまり2人で11ドルでした。この日は我々も4回乗りました。3回はホノルル美術館の往復で使いました。もう1回は夕食に出かけたときです。夕食を食べるレストランの正確な場所は判らないので、行きはタクシー(29ドル)を使いましたが、帰りはバスを利用いたしました。


路線バスは全てワンマンです。車内に降車ボタンはありませんでした。降車ボタンの代りが窓のところに張られている水平ワイヤーです。窓枠の縦の柱のところにはこの水平のワイヤーにつながった縦のワイヤーが張られており降りたい停留所の前でワイヤーを引っ張るのです。ワイヤーを引くと、赤い色の電光掲示板に「STOP REQUESTED」と表示されます。補助的に降車ボタンが付いたバスを一度だけ見かけました。停まるバス停の名前も電光掲示板に表示されますが似た名前が続くので、有名な場所以外で、降りる場所を自分で判断するのは難しいのです。したがって運転手さんに聞くことをお勧めしているのです。スマホを海外でも活用している人は、スマホで位置情報を見ながら降りる場所を決めると確実だと思います。
クリックすると拡大

ワイキキの町の中で乗り換えるのだと思って、何度も運転手さんに「まだですか?」と聞きに行きました。始発バス停前から乗っているので運転手さんも気にかけてくれているようですが、なかなか乗り換え場所に来ないので不安になったころに、運転手さんから降りるように指示されて降りたバス停のが、こちらの写真の近くでした。乗り換えるものだと思っていたので、次のバスが来て運転手の人にクリックすると拡大聞けば分かると思って、少し待っていましたが、場所的にはかなり来ているので念のためにバス停で待っている人にホノルル美術館の場所を聞くと少し遠いけれども歩いて行くのが一番とのことでした。つまり運転手さんは、19番の路線でホノルル美術館に一番近いバス停に降ろしてくれたのでした。我々はどう見ても素人で乗り換えが難しいと判断してくれたようでした。このバス停の前にキャノン・ソリューションズ・アメリカがありました。
クリックすると拡大

持っている地図と周辺の建物から自分たちの位置が確認出来て安心いたしました。
クリックすると拡大

バス停からホノルル美術館に向かう道です。
クリックすると拡大

ホノルル美術館に到着いたしました。ここがホノルル美術館の入口です。確かに2番の路線バスのバス停が近くにありました。
クリックすると拡大

美術館の敷地の中には日本風の建物もありました。美術館に収蔵されている絵画などの美術品は広範囲にわたり品数も多いことから、あっという間に13時になってしまいました。目的のレストランの営業時間は14時まであることは判っていたので、ランチにするために外に出た時の写真です。
クリックすると拡大

ところがSpalding House Cafe(スパルディング・ハウス・カフェ)でのランチを断念しなければならないことが分かったのです。Spalding Houseまでが、とんでもなく遠いのです。右上のSpalding Houseもホノルル美術館の施設なのですが、我々が美術品を見た左下の本館から離れていたのです。道も入り組んでいて歩くと1時間はかかりそうでした。ハワイは流しのタクシーは無いし、路線バスも分からない状況だったのです。後で気が付いたことですがホノルル美術館の本館まで戻ってタクシーを呼んでもらうのがベストだったと思います。ということで自然の庭園の中でのバスケットのランチは断念いたしました。気を取り直して、この日の第二の本命の「ビーチで、水着で寝転んでのんびり過ごす」を実行するためにホテルに戻ることにいたしました。ホノルル美術館に関しては展示物が盛りだくさんなので後日報告させていただきます。
クリックすると拡大

もしSpalding House Cafeまで歩いたとした場合のルートをGoogle地図で紹介します。標高はGoogleマップでの標高表示機能の数値です。一方通行があるので車では別のルートになります。
  ホノルル美術館 本館  標高:6m
  Spalding House Cafe 標高:128m
 ━━ ホノルル美術館 → Spalding House Cafe 2.9km


次にハワイに行く時のためにスパルディング・ハウス・カフェ(Spalding House Cafe)の前を通るバスルートをネット内の路線図を参考にGoogle地図に書き込んでみました。バス路線番号は15番です。地図内のはUターン場所です。
The Busの時刻表15番路線を確認するとSpalding House Cafeの少し先のバス停②Tantalus Makiki Hts(#3842)を通るバスは下記の時刻表(②)のように1日に16本で、約1時間に1本でした。ホノルル美術館辺りは約7分前です。
注意すべきはホノルル美術館辺りを通る26本の内一部がバイパスルートを通るために16本しかCafe( )の近くを通らないことです。ただしバイパスルートに行った10本のバスはPacific Heightsには登らないでCafe側に下りてくるので15番のバスに乗れば必ずCafeに行けます。緑色の時刻がそのバスです。
つまり①→→③→④→③→→①と走るバス(16本)と①→③→→①と走るバス(10本)があるのです。①から④までの距離は10.7kmです。
 ①Alapai King(町の中)  Tantalus Makiki Hts
 ③Puowaina Hooku    ④Pacific Heights ( )
  05:40 06:41 06:56
  07:28 07:48 08:00
  08:52 09:56 11:00
  12:04 13:08 13:21
  14:12 14:26 15:02
  15:20 15:33 16:07
  16:26 16:45 17:29
  17:33 18:36 19:37
  20:38 21:41
クリックすると拡大

周辺を散策しながら、帰りのバスに乗るバス停を探し始めました。
この建物はHonolulu Museum of Art Schoolです。この建物は元小学校とは思えない見事な外観ですが、今は子供から大人といろんな年齢層の人が集まっているそうです。
クリックすると拡大

レンタル自転車も見つけました。
クリックすると拡大

この教会の近くでバス停を見つけました。1番と2番と13番の路線バスが走っていました。最初に来た1番に乗りました。実は2番か13番のバスが来るまで待って乗るべきだったのです。1番はワイキキのかなり東のハワイ・カイという町まで行くバスなのですが、ワイキキの中心部は通らないで北側を通過するルートがったのです。そこで目標として役に立った景色がダイヤモンドヘッドでした。ダイヤモンドヘッドを過ぎるあたりで、泊まっているホテルの近くのカピオラニ公園に行きたいと聞くとグッドタイミングで、次で降りてカピオラニ公園方面に行くバスのバス停に歩くように教えてもらいました。実は一つ手前のバス停だと降りたバス停で待ては乗り換えバスもそこに来たのでした。ベストタイミングではなかったけれども、これ以上先に行くと離れていくばかりでした。乗り換えるバスの番号である14番と22番と23番も教えてもらいました。
クリックすると拡大

ここで待って、最初に来た14番のバスに乗りました。ホノルル美術館から乗った1番のバスは高架の下の道路を左から来て、我々が待っている反対方向に曲がって行ったのです。曲がったところにバス停があったためにそこで降りてここまで歩いてきたのです。
道沿いに植えられている木はモンキーポッド(Monkey Pod)です。
クリックすると拡大

我々が泊まったホテルの前の道路は東方向に一方通行のため、東からくる14番のバスはホテルの前を通らないために一方通行になる寸前のバス停で降りて、ほんの少しだけ歩きました。その時にダイヤモンドヘッドがきれいに見えたので写真に撮りました。実は翌日の2018年5月20日の朝にダイヤモンドヘッドの一番高いところまで登りました。クリックすると特別に大きく拡大するのでダイヤモンドヘッドの頂上に人がいるのが分かるかもしれません。
クリックすると拡大

無事にホテルに着きました。すでにチェックアウトの手続きは終わっていてクリックすると拡大カギを渡されるだけでした。預けていた荷物はすぐに部屋まで運んでくれるとのことなので手ぶらで部屋に行きました。荷物が届いてすぐに水着に着替えてビーチに出たのでした。右の写真はビーチの上に引いたゴザに座って撮った写真です。2017年に、このカイマイビーチに、場所を間違えてクリックすると拡大ハワイアンモンクアザラシが出産して子育てをしたことがありハワイ中が大騒ぎになったことがあるそうです。ただしビーチでアザラシに遭遇しても法律で150ft(46m)以内に近寄ることは禁止されています。
クリックすると拡大
nice!(93)  コメント(22) 

nice! 93

コメント 22

ニッキー

The Busを上手に使いこなすと行動範囲が広がりますよねぇ( ^ω^ )
オアフに行った時に時間を調べてあちこちに安く行きまくりました=(^.^)=
乗ってると地元の方や運転手さんが「どこ行くの?」
「ここで降りて何番のバスに乗り換えた方が便利だよ」と
親切に教えてくれてかみさんと2人で感動しました♪( ´▽`)
by ニッキー (2018-06-13 08:09) 

k-sakamama

おはようございます。
「路線バスを利用するときに自分が行きたいところを
運転手さんに聞く他の人も、そのために待たされても
気にしていませんでした。」とは、素晴らしい!
日本では考えられませんね。乗るときも降りるときも、
モタモタしてると冷ややかな目で見られます。
環境が違うって言われると、何も言えませんが。。^^
忙しさに、思いやりの心を忘れてしまっている気がします。
親切な運転手さんもおられますが。。乗客の目が恐いです。(笑
注)優しい方も沢山おられます。誤解ないようにね。^^

by k-sakamama (2018-06-13 08:12) 

SORI

ニッキーさん こんにちは
親切な運転手さんや路線バスを使った旅は体験されたのですね。料金が一定なので遠くに行けば行くほどお得感があります。
by SORI (2018-06-13 16:40) 

SORI

k-sakamamaさん こんにちは
やはりハワイ時間が存在しているのかもしれません。ハワイの人達の人柄も出ているのだと思います。不思議なことに我々自身も待たされても気になりませんでした。
by SORI (2018-06-13 16:43) 

夏炉冬扇

天気よろしいですね。
空気もよさそう。
by 夏炉冬扇 (2018-06-13 18:07) 

johncomeback

海外慣れされているSORI さん 、流石です(^^)

by johncomeback (2018-06-13 21:48) 

SORI

夏炉冬扇さん おはようございます。
幸いにもハワイに行っている間は、いい天気がつづました。
by SORI (2018-06-14 05:36) 

SORI

johncomebackさん おはようございます。
行く前にガイドブックを読んで調べました。でも実際に行ってみないと分からないことばかりでした。
by SORI (2018-06-14 05:38) 

kazu-kun2626

地元のバス、慣れないと不安ですが
さすがSORIさんですね~
by kazu-kun2626 (2018-06-14 06:43) 

Rinko

乗り降りの際に車体が低くなるなんて、「人に優しい」バスですね~!
旅行先でのバスの移動、なかなかいいものですね♪
by Rinko (2018-06-14 09:15) 

tarou

お早うございます、岐阜柿野温泉に
コメントを有難うございました。
ひなびた温泉は、リラックス出来て
ドライブの疲れが取れますね。

ハワイで、バスが使えると移動範囲が
広がりますね(^^♪
ダイヤモンドヘッドに登られたんですね、
登って見たいと思っているところです。
階段道は大変ではなかったですか?

by tarou (2018-06-14 09:27) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
時間はたっぷりあるし、乗り放題のチケットなので、「間違えてもなんとかなる」と考えていたので気楽に使えました。
by SORI (2018-06-14 10:10) 

SORI

Rinkoさん こんにちは
行く前にもっと調べておくと楽に移動できたと思います。でも試行錯誤で利用するのも楽しかったです。
by SORI (2018-06-14 15:08) 

SORI

tarouさん こんにちは
帰ってから記事を書くために調べてみると、路線図や時刻表があることが分かりました。
最後に急角度の直線の階段と螺旋階段は確かにきつかったです。でも頂上まで登るとさわやかな気分にさせてくれます。タクシーの降り場の標高が63mで、頂上の標高は232mのため歩いて登る高さは169mです。歩く距離は1.5kmです。https://www.google.co.jp/maps/dir/21.2629708,-157.8038605/21.2597837,-157.8118014/@21.2822115,-157.8013211,2604a,35y,180h,38.84t/data=!3m1!1e3!4m2!4m1!3e2
by SORI (2018-06-14 16:09) 

barbie

私も何度かダイヤモンドヘッドに行きました。表から見る姿と違って面白いですよね。またダイヤモンドヘッドの下の海はよい波が立つのでサーファーの間ではヘッドサイドと言って人気のスポットですよ。
by barbie (2018-06-15 00:01) 

SORI

barbieさん おはようございます。
ダイヤモンドヘッドに何回も行かれたのですね。ダイヤモンドヘッドの下のビーチは道路わきの展望スペースから見る機会がありましたが、すばらしかったです。ほんと、いい波が押し寄せていました。その海の中にアザラシが泳いでいました。
ダイヤモンドヘッドに登っている男性で、長いズボンをはいているのは私だけでした。その次の日からどこに行くのも基本的に半ズボンにいたしました。
by SORI (2018-06-15 05:37) 

kazu

SORIさん、おはようございます。

ホノルル行きのバスは、ダイヤモンドヘッドを一周していくんですね。
噴水を入れて、ダイヤモンドヘッドがきれいに映っています。

私は残念ながら、ダイヤモンドヘッドには上りませんでした。
オアフ島一周の観光バスに乗りました。

by kazu (2018-06-15 08:59) 

SORI

kazuさん おはようございます。
オアフ島一周の観光バスに乗られるといろんなところに案内してもらえたでしょうね。私が回ったのは下記のチズデマークを入れたところです。
https://www.google.com/maps/d/u/0/edit?mid=1Eo-VAm_y72pO9pMGigC06thsJ5VxBUQV&ll=21.487692088183784%2C-158.04201746249998&z=11
by SORI (2018-06-15 09:06) 

kazu

SORIさん、

でも、ほとんどのところを回られていますね。
東海岸の少しだけ残っているだけですね。

東海岸には、ほほ真ん中に曙のお母さんのお土産屋さんがあって寄りました。
また、ほかに二か所くらい景勝地に寄って、写真タイムがあっただけでしたよ。

by kazu (2018-06-15 10:16) 

SORI

kazuさん こんにちは
Waimanalo Beachの近くに曙のお母さんのお土産屋さんがあったのですね。その場所を検索してみて下記のワイマナロ・センター(Waimānalo Center)を見つけました。
https://www.google.co.jp/maps/@21.347878,-157.7214797,3a,15y,30.73h,89.1t/data=!3m6!1e1!3m4!1sKFMfFUPOZdWLTSYwGaAqCA!2e0!7i13312!8i6656

ノースショア近くのLaniakea Beachでは海亀の写真を撮ることが出来ました。陸には上がってこなかったのですが、沢山の人が波打ち際にカメラを向けていました。連写で撮ると偶然にその中の1枚に写っていました。ハワイにに来て5日目なので記事でのしょうかいはかなり先になりそうです。
by SORI (2018-06-15 17:43) 

リス太郎

逆走お許しください(言ったっけ)。といって高速道路の逆走はやめましょう。危ないです(わかっとるわ)。
で、ですね。車椅子優先というのがいいですね。というか、障がい者も健常者と同じように生活できる社会。これを目指すべきなんです。我が国も。ご存知のとおり、これを「ノーマライゼーション」と言います。
落語に『一眼国』というのがあります。二ツ眼の人間が一ツ眼の「一眼国」に迷い込み、「変な奴だ」といじめられる話です。そこにヒントを得て、今まさに原稿を書いているのが『三つ目がとおる』です(おまえ、忙しいんちゃうんか?)。
「健常者」から見れば「障がい者」が「障がい者」、「障がい者」から見れば「健常者」が「障がい者」。
ぎゃあてえぎゃてえはらぎゃあてえ。はらそうぎゃあてえぼじそうわあかあ般若心経、般若心経、般若心経、般若心経、般若心経、般若心経、般若心経~ぉ~
by リス太郎 (2018-06-19 02:21) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
過去記事へのコメントはうれしいものです。逆走は大歓迎であ。ありがとうございます。
ハワイのバスは古いものが多いのにもかかわらず、すべての路線バスが停車した時に車体が下がるし、車椅子が乗れるようになっています。これはかなり昔から車椅子のことを考えていたことを感じられます。日本でも最近では列車に関しては車椅子利用者が増えては来ていますが、まだまだレベルの違いを感じてしまいました。
by SORI (2018-06-19 03:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。