So-net無料ブログ作成

佐倉にも英国にトリップ出来る場所がありました。 佐倉マナーハウス [千葉]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
先日の日曜日(2014年6月1日)に、パピパパさんのマナーハウスにCafeがオープンというタイトルの記事で、今回紹介するアンティーク店を知りました。記事を見たのが8時56分でした。素敵な雰囲気のお店で、且つ我が家の近くにあることを知って10時30分ごろに家を出て、アンティーク店に到着したのは10時45分ごろでした。そのお店は、この坂を登った丘の上に建っていました。一旦は車でお店のところまで登ったのですが、駐車スペースが少なかったことから降りてきて、この場所(本来の駐車場)に車を置いて歩いて登りました。

登って行く坂道の途中から煉瓦造りの建物が見えてきました。アンティーク店の名前は佐倉Mamor House(佐倉マナーハウス)です。聞きなれない言葉のマナーハウスとは、下で説明している通り、荘園領主の邸宅を意味しています。
クリックすると拡大

お店の人に伺うと、こちらの雑木林をオーナー(タスマンインターナショナル)が購入し、イギリスの邸宅をイメージしてお店の建物を建て、2011年5月にオープンしたそうです。つまりタスマンインターナショナルのショールーム兼ショップが今回紹介の「佐倉Mamor House」です。使われている煉瓦も約150年前のアンティークのものをイギリスから運んできたそうです。
クリックすると拡大

少し奥側から撮ってみ乃した。驚いたことに雑木林に生えていた木は一本も切らなかったそうです。建物の左側の温室のようなところが新しく出来たCafeです。
クリックすると拡大

周辺の住宅地とは別の世界のような空間を作り出したいました。残された木々とレンガ造りの建物がイギリスにトリップさせてくれます。今のイギリスの南側3分の2にあたる中世のイングランド王国におけるManor House (マナーハウス)の意味をネットで調べてみると、中世におけるイングランドは王族(広さ20%)と貴族(広さ計80%)に分割されて管理されており、農村の最小単位が荘園(Manor)で沢山の農民が暮らしていました。その荘園の領主(貴族)の邸宅がMamor House(マナーハウス)と呼ばれたそうです。つまり貴族の領地の小さな城のような存在と言えるのかもしれません。
クリックすると拡大

煉瓦造り建物の脇に全体がガラス張りのコンサバトリーのカフェがありました。このコンサバトリーのCafetは今年(2014年)5月にオープンしたそうです。(HP 2014年5月12日新着記載)
つまり、マナーハウスがオープンて、丁度3年目にカフェがオープンしたことになり、そして私が訪れたのは、カフェがオープンして1ケ月目ということになります。
コンサバトリーとは18世紀頃に植物を冬の寒さから守るために英国で発達した温室で、やがて生活空間の中に取り入れられるようになったものだそうです。
室内およびコンサバトリー内にはペットは入れませんが外のテラスにもテーブルがあり、ここならペットはOKだそうです。
クリックすると拡大

コンサバトリーの内部です。この種のコンサバトリーCafeとしては日本で一番広いだろうとのことでした。中に入って広さを実感いたしました。生えていた木も、切らないで空間の雰囲気を盛り上げていました。側面が二重ガラスで天井の部分は、なんと三重ガラスで作られているそうです。
クリックすると拡大

座った席からのCafe内の景色です。使われている椅子や机も売り物で、値札が付けられていました。
クリックすると拡大

コンサバトリーCafeの床材も約150年前の教会の物だそうです。


メニューは4種類でだけです。さっそく紅茶をお願いしました。やはり紅茶がお薦めだそうです。


クリックすると拡大さっそく紅茶が出されました。使われているティーカップとポットはイギリスのBurleigh (バーレイ社)でオーナーの会社がイギリスから輸入しているものだそうです。
Burleighはストーク・オン・トレント(Stoke on Trent)にある150年の歴史をもつ老舗陶器メーカーで「世界で最も古くから稼働する、ヴィクトリア朝期創業の陶器会社」とも書かれていました。右の写真をクリックすると裏面全体を表示します。
クリックすると拡大赤い模様のポットは裏の印字からCALICOシリーズであることが判りました。アンティークではありませんが、お店の中でも同じものが売られていました。
紅茶はイギリスの物ではなくフランス紅茶で、パリで開催された「TEA EXPO」において、2年連続で金賞に輝やいたJanatブランドの紅茶だそうです。ジャンナッツ紅茶の茶葉はスリランカで栽培されたもので、出された紅茶はフルーティーな味わいのものでした。紅茶にはクッキーがついていました。
クリックすると拡大

どのような場所に建っているのかを紹介するためにGoogleの航空写真を掲載いたします。住宅地の中の丘の上に建っていることが判ってもらえると思います。クリックするとオリジナルのGoogle航空写真を表示します。
クリックすると拡大

お店の方の許可を得て店内も撮らせていただきましたので紹介いたします。入口近くから奥を見た景色です。1階は4つの部屋で構成されていました。
クリックすると拡大

一番奥の部屋にはティーカップを中心とした器が並べられていました。
クリックすると拡大

アンティーク物はいろんな定義がありますが、少なくとも100年は経過したものです。ティーカップはアンティークの1歩手前となるヴィンテージ(数十年)物が沢山並べられていました。そのため比較的お手頃な価格でした。
クリックすると拡大

2階にも展示室があります。2階に上がる階段です。
クリックすると拡大

こちらが2階です。2階はテーブルや椅子などの大物が並べられていました。こちらのお店には遠くから来られる方が多いと紅茶を出されるときに話をされていました。この時も山梨ナンバーの方が椅子を4脚、買われて持ち帰っておられました。
クリックすると拡大

昔のキッチンのレンジもありました。
クリックすると拡大

最後になりますが建物の入口も紹介いたします。この玄関ドアや周りの物もイギリスから持ち込まれたものと推察いたしました。じっくりと見ると味のあるものばかりでした。
クリックすると拡大

こちらの小屋もイギリスから持ってきたものでしょうか。
クリックすると拡大

佐倉Mamor Houseの説明書があったので頂いてきました。佐倉Mamor Houseを紹介いたします。
  名前 佐倉Mamor House (佐倉マナーハウス)
  住所 千葉県佐倉市上志津1329 (カーナビ設定は1334)
  電話 043-312-2272
  営業 10:00~18:00  Cafeは10:00~16:00
  定休 臨時休業があるので電話確認をお薦めします。
  HP  http://tasman-inter.net/?mode=f3
  取扱 アンティーク雑貨 ヴィンテージ食器 バーレイ社食器 など 
クリックすると拡大

佐倉マナーハウスで買ったティーカップを紹介します。イギリスのヴィンテージ物です。アンティーク物が100年を越えるの対して、ヴィンテージ物は数十年程度前のものをさします。
クリックすると拡大

もう一つ買ったヴィンテージ物です。一品づつヴィンテージ物を増やしていくつもりです。もう少し、そろったら紹介したいと思います。
クリックすると拡大

お店の場所をGoogle地図で紹介します。緑色マークがお店の場所です。赤色ラインが京成・ユーカリが丘駅からのルートです。青色ラインが最寄駅の京成・志津駅からのルートです。距離は1.49kmです。西志津中学校の辺りからメイン道路から離れて道が細くなり判りにくくなると思います。地図内ののマークはお薦めのランチのお店です。マークをクリックすると詳細を表示します。のお店は17時からなのでランチはやっていません。

より大きな地図で 佐倉Manor House を表示
佐倉マナーハウスから北西方向に直線距離で230mの場所の西福寺に梵天塚(ボンデン塚)があり、今でも伝統行事が続けられていることを示す珍しい「梵天飾り」が飾られていました。イギリスの邸宅と日本の古来の風習を見ることが出来る不思議な場所でした。梵天飾りは青竹の先に飾りを付けたものですが、今までに紹介した近隣の下高野の梵天飾り上高野の梵天飾りとは少し違う形式でした。梵天塚は出羽三山参り(奥州参り)を行った記念碑を建てられている塚です。こちらも近いうちに記事にしたいと思います。
クリックすると拡大
パピパパさんの佐倉マナーハウスの記事を紹介します。→ 記事1 記事2 記事3
nice!(148)  コメント(34)  トラックバック(2) 

nice! 148

コメント 34

ゲンママ

SORIさん、おはようございます。
まあ~なんと素敵なところなんでしょう~
木を1本も切らないで作られたなんて素晴らしいですね~
テラスでゲンとお茶を飲みたいです~♪♪♪
by ゲンママ (2014-06-08 05:53) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
近くにこのような場所があることを知りませんでした。他の業者に雑木林が渡っていたらマンションや住宅地に変わってしまっていたと思います。このような形で自然が残されるのはすばらしいことです。ワンちゃんと一緒に行けるのもいいですね。
by SORI (2014-06-08 06:50) 

kazu

SORIさん、おはようございます。

西志津にマナーハウスがあったとはびっくりですね。
輸入アンティークと輸入雑貨が売られているんですね。
ティールームで、素晴らしいティポットとカップで頂く紅茶はさぞ美味しかったでしょうね。
今度覗いてみたいです。

話は変わりますが、7月6(日)2:00pmから郷土博物館で、下高野の十九夜講についての講演会が模様されます。講師は下高野に来られた女の方です。
高津の子安講も合わせて話されるそうですよ。
by kazu (2014-06-08 07:46) 

SORI

kazuさん おはようございます。
ほんと私も驚きました。結構、魅力的なものがありました。カフェも明るくてよかったです。
7月6日講演会の情報、ありがとうございます。是非とも聞きに行ってみたいと思います。
by SORI (2014-06-08 08:20) 

ake_i

SORIさん!!!
ここ、知らなかったのですが絶対に行きます^^
すっごーく興味ある。
良いところを教えていただきました。ありがとうございます♪
by ake_i (2014-06-08 08:48) 

SORI

ake_iさん おはようございます。
私も6月1日に知ったばかりです。身近なところでも知らないことが、まだまだあるような気がします。アンティークの興味のありそうな知り合いが家に来た時に行ってみます。
by SORI (2014-06-08 08:52) 

johncomeback

これはスゴい、隔絶した世界ですね。
行ってみたいけど、佐倉は遠いなぁ(笑)
by johncomeback (2014-06-08 09:55) 

KINYAN0829

素敵なお店ですね!!
奥さんが好きそうです(^^)
by KINYAN0829 (2014-06-08 10:01) 

SORI

johncomebackさん おはようございます。
さすが仙台から佐倉は遠いですね。
ネットのHPには無いものが多いので、せめて関東圏であれは値打ちがあるかもしれません。
by SORI (2014-06-08 10:05) 

SORI

KINYAN0829さん おはようございます。
いいお店を見つけました。アンティークの椅子に座ってお茶が出来るのよかったです。
by SORI (2014-06-08 10:08) 

hasseyおやじ

おはようございます。
ご自宅の近くにこんな素敵なカフェがあるなんて、とてもいいですね。
土日の朝は、ここでゆったりと時間を贅沢に使いたい感じがします。
by hasseyおやじ (2014-06-08 10:23) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

SORIさん、おはようございます。
中々雰囲気のいいお店ですね。
雑木林に生えていた木は一本も切らなかった・・・
これは素晴らしいことですね。
自然を大事にされているお国柄でしょう。。
日本の場合は、邪魔だからと言って、
数百年の老木も平気で伐採してしまいますからね。
見習いたいものです。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2014-06-08 10:40) 

kazu-kun2626

SORIさん こんにちは
レンガ造りのシックな佇まいでアンティ-ク
に囲まれて お茶はいいですね~
by kazu-kun2626 (2014-06-08 14:32) 

パピパパ

こんにちは
私の記事より数段優れていますね。 脱帽です。
実はお店にふらっと出かけているうちにこの記事を発見しました。
オーナーさんがしっかりした記事で驚いていましたよ。
なにか掘り出し物がないか探していたんですけどね・・・

by パピパパ (2014-06-08 16:29) 

SORI

hasseyおやじさん こんにちは
冬でも屋外の雰囲気で優雅な空間を楽しめそうです。贅沢の極みなのかもしれません。
by SORI (2014-06-08 16:56) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんにちは
森の中の建物を見ると実際に英国に来た気分になります。自然を大切にする精神も英国そのものなのかもしれません。特別な空間でした。
by SORI (2014-06-08 17:01) 

SORI

kazu-kun2626さん こんにちは
昔のアンティークの資材を使って建物を建てるのは大変だったと思います。そのおかげもあってすばらしい雰囲気を味わうことが出来るのだと思います。
by SORI (2014-06-08 17:06) 

SORI

パピパパさん こんにちは
さっそく見ていただけうれしいです。ありがとうございます。オーナーさんも見ていただけたのですね。記事が優れているなんて、とんでもありません。すべてMamor Houseさんのすばらしさのおかげです。
パピパパさんも記事にされている「洋菓子HASEGAWA」のマフィンやクッキーが紅茶と一緒に食べれるといいなと思いました。
http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-05-05 
by SORI (2014-06-08 17:21) 

昆野誠吾

とことん拘っておられるのがわかりますね。
無粋ですがどうしてもお金のことに頭がいってしまいます^^;
by 昆野誠吾 (2014-06-08 17:43) 

SORI

昆野誠吾さん こんにちは
確かに気になります。不動産を扱われている昆野誠吾さんなら、なおさらでしょうね。 
by SORI (2014-06-08 17:52) 

かーか

SORIさん、こんばんは^^
素敵ですね~♪行ってみたいです。
かーか、アンティークのチャーチチェアーが大好きで
我が家にも2脚あるんです。(高いのでたったの2脚ですが^^;)
お写真拝見すると、素敵なチェアーがいっぱい!
行けそうにないのでHPお邪魔してきま~す^^
by かーか (2014-06-08 18:15) 

SORI

かーかさん こんばんは
チェアーは沢山ありました。
今まで知りませんでしたが、チャーチチェアーは教会で使われていた椅子のことだそうですね。この次にはチェアーを見比べてみたいと思います。
by SORI (2014-06-08 18:29) 

TERU

西洋アンティークは本当にいいデザインしていますね~
うちの押入れに6人掛けの猫脚テーブルセットとシャンデリアが
押し込まれたままなんですが、そろそろ売却しようかと思って
います◎
by TERU (2014-06-08 19:42) 

Far-East

しばらくはこんな静かなところで休みたいな。
by Far-East (2014-06-08 19:44) 

のの

お久しぶりです。
ものすごく興味深い洋館ですね!!
泊まりたいです。
梵天塚と出羽三山の文字が目にとまりました。
出羽三山のある地方が私の故郷で、近所には梵天塚という町名もあります。
by のの (2014-06-08 20:40) 

monkey

流石、英国の味わいですねぇ。
ゆったりした雰囲気がうれしいですね。
木を切らずにというところもながれいしー!
by monkey (2014-06-08 22:34) 

SORI

TERUさん おはようございます。
猫脚とは、いいものをお持ちですね。それにシャンデリアですか。羨ましいです。イギリスでは遺産は、もめないように売却して現金で分けることが多いため古いものはよく出るとお店の人が話してくれました。

by SORI (2014-06-09 05:41) 

SORI

Far-Eastさん おはようございます。
広い開放的な空間でアンティークな椅子に座って紅茶を飲み永のんびりするのは最高でした。
by SORI (2014-06-09 05:44) 

SORI

ののさん おはようございます。
出羽三山の近くが、ののさんの故郷でしたか。町名に梵天塚があるのにも驚かされました。地図で見るとここから出羽さんざんは真北ですね。
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=216721550134703593141.0004c563be9b0dadbf955&msa=0
by SORI (2014-06-09 05:53) 

SORI

monkeyさん おはようございます。
木々に囲まれた雰囲気が、良かったです。木を切らずに作ったことを聞いて感激いたしました。木を大切にされているのが伝わってきました。
by SORI (2014-06-09 05:57) 

シービーちゃん

佐倉で英国気分が味わえるなんて、お得ですね。ずらりと並んだティーカップの色合いが、素敵です。
by シービーちゃん (2014-06-09 09:14) 

SORI

シービーちゃんさん こんにちは
ティーカップの種類は多かったです。探すとお気に入りが見つかるかもしれません。
by SORI (2014-06-09 11:30) 

youzi

こんばんは♪ いつもありがとうございます。
素敵な場所ですね。
建物のステキで、海外のお庭に迷い込んだようですね。
ここでお茶すると、気分は外国できそうですね。
by youzi (2014-06-09 22:17) 

SORI

youziさん おはようございます。
大きなコンサバトリーは魅力的な空間でした。佐倉で誇れるものが一つ増えた気がします。
by SORI (2014-06-10 05:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2