So-net無料ブログ作成

おさつスナック [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
最近、おさつスナックにハマっています。スーパーにはポテトチップは沢山の種類が多量に置かれていますが、意外とおさつスナックが置かれていないことが多いのです。丁度そんな時に2種類のおさつスナックが積み上げられていたので沢山買い込んでしまいました。右が安納芋が入った「おさつスナック」で、左が「紫いものおつさスナック」です。

さっそく食べました。先ずは、安納芋が入った「おさつスナック」です。期間限定のはちみつバター風味でした。これもなかなか止まらない味でした。
クリックすると拡大

そして、こちらが「紫いものおつさスナック」です。紫いろが印象的なスナックでした。ほんのりとした甘さが、止められない味になっていました。
クリックすると拡大

丹波篠山の黒枝豆 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ご近所の親しい方から丹波の黒豆の枝豆をいただきました。実家が丹波篠山が近いそうで毎年送られてくるそうです。今までに何度もいただいていましたが、美味しいので紹介したいと思い記事にいたしました。
兵庫県の丹波篠山と言えば黒豆が有名です。その黒豆の枝豆です。

袋ネツトの中に入っていた説明書です。
 名前  丹波篠山黒枝豆
 生産者 森農園
 住所  兵庫県篠山市西古佐993
 電話  079-594-1335
クリックすると拡大

沢山の量があったので、半分をすぐに茹でました。茹でるとすぐにお湯の色が変わるので普通の枝豆ではないことが伝わってきました
クリックすると拡大

茹で上がりがこちらです。皮に色がついているのが特徴です。
クリックすると拡大

少し黒くなりかけの色がついていて大粒です。乾燥すると真っ黒の丹波の黒豆になるのです。
クリックすると拡大

皮と一緒に撮りました。丸々としてしっかりとした枝豆であることが判ると思います。美味しくいただきました。
クリックすると拡大

お酒に合う枝豆を頂くので、実家の宝塚に帰省した時に買ってあった、ぎんなんも焼きました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大丹波篠山の黒枝豆にギンナンとくれば、やっぱり冷酒(純米吟醸)を飲みたくなります。
この日の純米吟醸は福島の地酒にいたしました。嘉永3年(1848年)より続く伝統の技で作られたお酒だそうです。
 銘柄 那須連峰流泉 純米吟醸
 種類 純米吟醸(精米歩合60%) やや辛口
 酒蔵 白河銘醸(株)
 住所 福島県白河郡西郷村大字小田倉字中庄司4の2
 原料 米、米麹
クリックすると拡大

平目の刺身も用意いたしました。
クリックすると拡大

味噌漬けの焼魚も用意いたしました。
クリックすると拡大

焼魚の身もプリプリして美味しかったです。
クリックすると拡大

デザートは丸々ミカンの缶詰を入れたヨーグルトでした。
クリックすると拡大

ブランドいちじく 博多とよみつひめ [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
探していたイチジク「博多とよみつひめ」を2016年10月22日に千葉県ユーカリが丘のイオンタウンの山助で見つけたので、買いました。普通のイチジクに比べて小ぶりのイチジクですが、探していた理由があったのです。
イチジクは、原産地のアラビア南部に近いメソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが知られているそうです。
ちなみに日本全国のイチジク栽培の80%を占めるといわれているのが、果実の大きな桝井ドーフィン(ますいドーフィン)です。桝井ドーフィンは、桝井光次郎(ますい みつじろう)によって1908年にアメリカから持ち込まれた3本のドーフィン種の中の1本を、新しく設立した桝井農場でアメリカ留学で覚えて来た技術で増やして、苗木を全国に売り歩いたそうです。他のドーフィン種と区別するために桝井ドーフィンとして売られました。それ以前は在来種の蓬莱柿(ほうらいし)や、外来種のブラウンターキーがありました。日本の在来種と言われている蓬莱柿も約370年前(江戸時代初期)にペルシャから中国を経て長崎に伝わったものだそうです。柿の文字が入っているのは、外国の柿のような果実ということから名付けられたようです。蓬莱柿は今でも売られています。

パッケージから皿に出したイチジクです。普通のイチジクと比べて色が濃いのが判ってもらえると思います。無花果の分類を記載いたします。
 目 : バラ目   Rosales
 科 : クワ科   Moraceae
 属 : イチジク属 Ficus
 種 : イチジク  F. carica
クリックすると拡大

皮を剝きました。普通は白に近いと思いますが、やはり黄色の色が濃かったです。白い部分も、味が濃ことが想像してもらえると思います。
クリックすると拡大

こちらが割った写真です。なにしろ甘くておいしいのです。外の白い部分も美味しいのです。
クリックすると拡大

上の写真はクリックすると拡大しますが、クリックの面倒な方のために拡大写真を掲載いたしました。「博多とよみつひめ」は福岡県農業総合試験場が育成し、2006年に「とよみつひめ」の名前で商品登録(品種登録第14414号)されました。名前の「とよみつひめ」は福岡県農業総合試験場・豊前分場の(とよ)と、甘い(みつ)から命名されたそうです。まだ10年の若い品種ですが、平均でも糖度17度と糖度が高く、さらに高い糖度のものもあるようです。産地は福岡県内に限られていて、「JA全農ふくれん」が「とよみつひめ」を福岡県オリジナルのイチジクとしてブランド化して『博多とよみつひめ』の名称にて出荷・販売しているそうです。ハウス栽培もおこなわれていることから出荷時期は5月下旬~11月中旬と長いのも特徴のようです。
  ハウス加温  5月下旬~09月上旬
  ハウス無加温 7月下旬~10月下旬
  露地栽培   8月中旬~11月中旬
クリックすると拡大

初めて「博多とよみつひめ」を知ったのは2016年8月30日でした。色がちょっと変わった小さなイチジク5個が200円で売られていたので試し買ったのです。その時もイオンタウンの山助でした。それが下記の写真です。食べてみて、今までのイチジクと全く違う美味しさに感激したのでした。これほど美味しいと思わなかったので食べる前の写真を撮っていなかったのです。それから、また店頭に出るのを待っていたのですが、やっと2016年10月22日に見つけて買ったわけです。あの時の200円は味を知ってもらうための、お試し価格だったと感じました。これだったら普通のイチジクより高くても買ってしまいます。
クリックすると拡大

8月30日にイチジクを買った時は、まだ桃の季節で下の写真の大きな桃を一緒に買いました。モモの季節の短さに比べてイチジクは長いです。
クリックすると拡大

中国出発の前日の夕食は、お寿司と京漬物とワラビ餅 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
中国に出発する前日(2016年10月22日)は土曜日で、家内は遅くまで弓道に行っていたし、私は中国へのお土産用の漬物を買いに行くなど、バタバタしていたので、夕食は買ってきたものにいたしました。翌日から海外なので、日本らしいお寿司にいたしました。中国への漬物として京漬物を31個買ったので、我が家の夕食用に、もう一つ買いました。京漬物は東武デパートまで買いに行ったので、そこでついでに、お気に入りのワラビ餅も買いました。寿司を買ったのは下記のお店です。
  店名 鮮魚・山助 イオンタウン・ユーカリが丘店
  住所 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3 イオンタウン西街区内
  電話 043-463-6885
  定休 無休 (営業時間、イオンタウンと同じ)

こちらが京漬物です。我々用に買ったのは、少し珍しいカボチャの漬物です。お土産にした漬物も、カボチャが一番多かったです。
  店名 土井芝ば漬本舗 東武百貨店船橋店
  住所 千葉県船橋市本町7-1-1 東武百貨店船橋店B1F
  電話 0474-26-3081
  定休 無休 (営業時間、定休日は百貨店食料品売場と同じ)
  本店 京都市左京区八瀬花尻町41  
  創業 1901年(明治34年) 115年前
クリックすると拡大

もちろんビールを頂きました。


お吸い物も即席の物にいたしました。
クリックすると拡大

これが買ってきた作り立ての「わらび餅」です。デパートの中のお店ですが店頭で作っているのです。写真のようにきな粉と抹茶の2種類を2個づつ買ってきました。
一度紹介したようにプリプリ感がすばらしいです。→ポチッ
クリックすると拡大

半分に切って両方を頂きました。お店を紹介します。創業は上で紹介の漬物屋さんと10年違いでいずれも100年を超えていました。もう一つは出発の日の朝にいただきました。
  店名 和菓子 村上 船橋東武店(金沢和音)
  住所 千葉県船橋市本町7-1-1 東武百貨店船橋店B1F
  電話 047-425-2211
  定休 無休 (営業時間、定休日は百貨店食料品売場と同じ)
  本店 石川県金沢市泉本町1-4
  創業 1911年(明治44年) 105年前
クリックすると拡大

朝早いワンコの散歩で水星を見つけました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
シャッタースピード : 1/5s  Fナンバー : F4.9
少し前のことですが朝のワンコの散歩の時に水星 を見ることが出来ました。写真の中央より少し上あたりの小さな点が水星です。この時期は天気がよければ毎日見えるはずでしたが意識していないと気がつかないのが水星です。金星は比較的よくみかけますが、水星は太陽の近い位置にあるため日の出前(時期によっては日没直後)の短い時間しか見えません。早いと水平線の下にあるし遅いと明るくなって見えなくなってしまうのが水星です。その水星を見ることが出来ました。上の写真は大きな写真の水星あたりを切り取って拡大したものです。コンパクトカメラで精いっぱいの拡大写真です。

月と金星は写真を撮る機会は結構ありましたが水星の写真は初めてでした。
この日は月と金星も、くっきりと見ることが出来ました。小さい写真だと区別が付かないと思いますので矢印をつけました。写真をクリックすると拡大するので水星と金星がわかると思います。拡大しても小さな点です。下記の写真はシャッタースピード1/13sでFナンバーがF2.8で撮りましたが、1/4sのF3.5で撮った写真では水星は写っていませんでした。結構、微妙でした。
2012年6月6日は金星の太陽面通過がありました。→ポチッ
ネットでいろいろ調べいると水星の日面通過 と言う現象もあるそうです。一度は見てみたいものですが、次に地球上で見れるのは2016年5月9日と2019年11月11日ですが、日本で見れるのは2032年11月13日だそうです。
クリックすると拡大
シャッタースピード : 1/13s  Fナンバー : F2.8

水星と金星と地球と火星を比較してみました。地球と水星と金星を比較して見ました。 比較のための火星のデーターも記載しました。下の写真は左から水星、金星、地球ですが、クリックするとWikimediaから拝借した火星も入った写真を表示します。
水星 金星 地球 火星
質量(対地球) 5.53% 81.50% 100% 10.75%
赤道直径(対地球) 38.30% 94.90% 100% 53.30%
公転半径(対地球) 38.70% 72.30% ※A 100% 152%
表面温度 最低 -183℃ -45℃ -89℃ -140℃
       平均 167℃ 464℃ 15℃ -63℃
       最高 427℃ 500℃ 60℃ 20℃
自転周期(対地球) 58日 243日 1日 1.026日
公転周期 87日 225日 365日 687日
大気の主成分 O2(42%) CO2(96.5%) N2(78.084%) CO2(95.3%)
Na(29%) O2(20.848%)
H2(22%) ※B
大気圧力(対地球) ※C 9200% 100% 約0.8%
  ※A 地球の平均公転半径 149,597,870.7km 太陽半径 696,000km
  ※B Ar : 0.934%  CO2 : 0.032%   %=Vol%
  ※C 水星の大気圧は地球の0.0000000000001%~0.0000000001%
クリックすると拡大

コスモスの丘に行ってきました。 [話題]



印西市の牧の原公園にコスモスが咲いていると聞いて行ってきました。車で20分くらいで行けるのですが初めての訪問となりました。コスモスと言えばピンクの色ですね。

朝の光を浴びて透き通った花びらがきれいなシルエットを見せてくれていました。


白いコスモスもきれいでした。


こちらではピンクと濃エンジ色と白のコスモスが咲いていました。


印西牧の原公園の中の「コスモスの丘」ではNPO法人ラーバン千葉ネットワークが市民のボランティアを募集して、畑作りから種まきや草取りを行なってコスモスを咲かしているそうです。10月の初めの土曜日と日曜日に行われる、コスモス里山まつりも今年で16回目になるそうです。ニュータウンの地域の住民の方々が自分たちのためにコスモスを自ら植えているのです。


印西牧の原公園は通称「ひょうたん山」と呼ばれる標高41mの築山を中心に広がる公園です。この辺りは古墳が沢山あることから古墳を意識したシンボルなのだと思います。実は公園についてもコスモス畑を見つけることが出来ませんでしたが、その築山に登ってコスモスの丘を見つけることが出来ました。
下の写真はコスモスの丘から見た公園のシンボルである標高41mの築山です。


コスモスの丘の丘のシンボルが、こちらの石の柱群です。コスモス畑の中には小道があり中を歩くことが出来ます。そこで携帯で写真を撮っている光景にも出会いました。誰かにメールでもするのでしょうか。


ここはニュータウンに隣接していることから若い家族の人が沢山来られていました。お父さんが記念写真を撮っているところなのでしょう。


若いお母さんが子供の写真を撮っている光景にも出会えました。


コスモス畑の中を歩けるのはいいですね。


こちらでも、お父さんが写真を撮っていました。


散策に来る人も徐々に増えてきていました。
秋の素晴らしい契機に出会えました。So-net内にも沢山のコスモス記事が掲載されていました。→1週間 1ケ月 3ケ月 6ケ月 1年


印西牧の原公園のコスモスの丘と標高41mの築山(ひょうたん山)の位置関係は下記の通りです。赤いマーク( )がコスモスの丘です。野球場と思われる広場の南東方向の三日月状の緑地部分がコスモス畑です。黄色いマーク( )が築山です。2つの山が瓢箪のように並んでいるのがわかると思います。
アイコンマイナスを数回クリックすると公園の場所が判ってくると思います。

より大きな地図で印西牧の原公園を表示

台風13号は温帯低気圧になりました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大クリックすると拡大
台風13号              台風9号
2016年8月22日に懐かしいメンバーとの飲み会が東京の新橋で予定されていましたが台風9号が接近したために延期となりました。その再設定した日が今日2016年9月8日でしたが偶然にも上の動画のように8月22日の台風9号と同じタイミングで台風13号が近づいて来たので心配していました。
その台風13号は幸いにも上陸前の2016年9月8日3時(4時発表)に温帯低気圧に変わりました。どうやら飲み会は実行できそうです。
お店は8月22日の時と同じお店(東京都港区新橋3-13-10)です。話の出だしは台風のことになりそうです。

Uターン台風として大きな被害を出した台風10号のルートの動画も掲載いたしました。下記の着色文字をクリックすると他の台風のルートも表示します。
  台風01号 台風02号 台風03号 台風04号 台風05号
  台風06号 台風07号 台風08号 台風09号 台風10号
  台風11号 台風12号 台風13号 台風14号 台風15号
  台風16号 台風17号 台風18号 台風19号
クリックすると拡大

2016年9月8日7時の衛星写真です。赤丸は温帯低気圧の位置です。


今日9月8日の新橋の18時からの飲み会の場所は下記の地図の中央の の場所のレストランです。
 名前 三笠バル イル コーボ MIKASA BAR IL COVO
 種類 イタリアン ワインバー
 住所 東京都港区新橋3-13-10 平田ビル3・4F
 電話 03-6452-9940
 営業 17:00~23:00
 定休 日曜 祝日
 創業 2015年1月15日

タグ:台風

二十世紀梨が懐かしい [話題]



最近は見かけなくなった二十世紀梨を見付けたので、さっそく買ってみました。最近は幸水や豊水が圧倒的に多かったけれども子供のころは二十世紀がほとんどで、時期が変わると長十郎でした。
子供のころは広島や関西に住んでいたので地域の差や流通の差もあるのかもしれません。
調べてみると、二十世紀の生産量は13%を占めており3位であることから関東だからお目にかかることが少ないのだと思います。

久しぶりに食べて、みずみずしかったです。二十世紀梨と言えば鳥取をイメージします。二十世紀梨は青梨系の代表品種で、一般的には唯一の青梨だそうです。1888年に千葉県大橋村(現在の松戸市)で、当時13歳の松戸覚之助が、親類宅のゴミ捨て場に生えていたものを発見したそうです。松戸は「新太白」と名付けましたが、1898年に渡瀬寅次郎によって、来たる新世紀(20世紀)における代表的品種になるであろうとの観測と願望を込めて新たに二十世紀と命名されたそうです。


幸水および豊水にも二十世紀のDNAがはいっています。
全国の和梨の収穫量です。  出典:農林水産省統計情報(2006年)
合計 幸水 豊水 二十世紀 新高
全国合計 290,900 t 98,300 t 87,300 t 39,000 t 32,300 t
千葉県 34,900 t 14,500 t 12,300 t 217 t 6,000 t
茨城県 29,200 t 12,600 t 12,600 t 15 t 3,000 t
鳥取県 23,400 t 778 t 1,480 t 18,400 t 360 t
福島県 22,300 t 9,000 t 8,390 t 2,620 t 1,220 t
長野県 19,400 t 5,410 t 4,500 t 4,970 t 201 t
栃木県 19,200 t 7,270 t 8,710 t 2 t 1,380 t
新潟県 15,500 t 3,370 t 2,480 t 2,290 t 3,130 t
埼玉県 11,900 t 6,600 t 3,620 t 2 t 1,180 t
熊本県 11,200 t 2,600 t 3,380 t 227 t 3,840 t
福岡県 10,300 t 4,970 t 3,570 t 303 t 818 t
クリックすると拡大
タグ:果物

手延素麺を同時に食べて比較してみました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
何十年と食べ続けて来た手延素麺と、値段は安いけれども十分に美味しいと思った手延素麺を同時に食べて比較してみました。上の写真が何十年も食べ続けて来た手延素麺で値段も同じクラスの中でも一番高いのです。毎年、同じクラスで安い別のメーカーの手延素麺があると買ってみて比較してみました。ただし同時に食べることはありませんでした。食べて見ると同時に食べなくでも明らかに何十年も食べ続けて来た手延素麺の方が美味しいので、結局は同じメーカーの手延素麺を食べ続けてきたのです。

下の写真が同時に食べて比較した手延素麺です。
実は数日前にディスカウント・スーパーで、細くて美味しそうだけれども安い手延素麺が、お薦めとして売れらていたので買って食べてみて美味しかったのです。いつも食べている手延素麺に比べても、美味しさが負けていないように感じられたので、決着をつけるために同時に食べてみることにいたしました。
幸いにもパッケージに書かれている茹で時間も同じ1分半なので別の鍋で同時に茹でました。
大きめの鍋で沸騰したお湯の中に素麺をバラバラと入れ、1分半にセットしたタイマーを押し、かるく混ぜます。ふきこぼれそうになったら火を弱め、軽く沸騰させてタイマーが鳴るまでゆでました。ゆであがったら素早くざるに入れて冷水でもみ洗いしました。
クリックすると拡大

こちらが定番のハムとキューリと錦糸卵の具です。
クリックすると拡大

薬味は茗荷(みょうが)を用意いたしました。
クリックすると拡大

薬味としてシソ(大葉)も用意いたしました。
クリックすると拡大

同時に食べてみて美味しかったのは、安い方の手延素麺だったのです。
素麺の書き方を検索すると一番多かったのが「そうめん」でした。カタカナではソウメンよりソーメンがしっくりきますが、記事内では「そうめん」や「ソーメン」ではなく「手延素麺」をつかわさせてもらいました。
  "そうめん" 約17,800,000件 約320件
  "素麺"   約7,950,000件 約281件
  "ソーメン" 約1,130,000件 約375件
  "そーめん" 約497,000件 約177件
  "ソウメン" 約54,600件  約327件
クリックすると拡大

横に並べてみました。中央から左側が何十年も食べて来た手延素麺で、右が安い手延素麺です。写真で並べて比較してみると右の方が、若干ですが細く感じられました。今回、なぜ右の方が美味しく感じられたのかは、判りませんが細さも関係しているのかもしれません。同じメーカーであれば細い方が高いです。美味しさの要素として茹で時間も大きく関係しますが、食べた感触では両方ともに茹で時間は問題ないと感じました。
クリックすると拡大

こちらが軍配が上がった島原名産・手延素麺です。安くて美味しかったので紹介させてもらいました。もちろんいつも食べていた手延素麺も美味しいです。味に関しては僅差なので茹で加減で逆転もあり得るし、同時に食べないと判らないほどの違いでした。
紹介の手延素麺は、同じディスカウント・スーパー店内では、いつもの手延素麺より約90円も安かったです。一般のスーパーで買った、いつもの手延素麺に比べると約120円も安かったのです。細くて美味しい手延素麺なのに安かったのは、その時だけ特別に安くしていたのだと思います。おかげで美味しい手延素麺を見つけました。
 名前 手延べそうめん(手延素麺)
 会社 株式会社川崎 手延べ素麺工場
 住所 長崎県南島原市西有家町須川141-2
 電話 0957-82-3339
クリックすると拡大

ねぎみそせん 久世福商店 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
先日、千葉県印旛郡酒々井町にある酒々井アウトレットの行って趣のある食料品店に入って美味しそうな煎餅を見つけたので買ってきました。ねぎ味噌が塗られた煎餅のようです。パッケージには、煎餅を買ったお店の名前である久世福商店が書かれていました。しかし、売られているものは、いろんな食品が売られており、煎餅屋と言うわけではなさそうでした。調べてみると昭和九年に東池袋で創業し、後に総合食材問屋として発展を遂げたお店だそうです。
 店名 久世福商店 プレミアム・アウトレット酒々井店
 住所 千葉県印旛郡酒々井町飯積2丁目4番1
    酒々井店プレミアム・アウトレット区画1645 
 電話 043-497-3991

さっそく食べてみました。不思議な煎餅で、表面はしっとりしているのです。
クリックすると拡大

しかしながら、中はパリッとしていて湿気ているわけではないのです。新しい食感であり味の煎餅でした。
このような煎餅を探し出して商品化した感じがしました。
どうやら、良い食材を選ぶセンスで大きくなり、オリジナル商品まで手掛けるようになったお店のようです。調べて見ると、すごい勢いでお店を増やしていることが判りました。6月と7月だけで7店舗も新しく開店していました。その中には我が家から車で5分で行ける新しく出来たイオンタウンにもオープンしていました。
 新規開店の店舗数
  2016年7月 4店舗 ( 富士宮 熊本 広島 千歳 )
  2016年6月 3店舗 ( 横浜 浦和美園 ユーカリが丘 )
 近くのイオンタウンにオープンしたお店
  店名 サンクゼール・久世福商店 イオンタウンユーカリが丘店
  住所 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6丁目12番地3
     イオンタウンユーカリが丘店 1F区画NOW101
  電話 043-309-8585
クリックすると拡大

全国にはどれだけのお店があるのか調べてみました。全体で48店舗に対して、2ケ月で7店舗をオープンさせていることから、全国で厳選した食材(こだわり商品)を提供していることが受け入れられて急速に伸びているお店だと感じました。我々も煎餅だけでなく3品ほど買いました。右下は善光寺大門本店の写真で、ネットから転用させてもらいました。地図は系列のサンクゼールなども含めてます。数値の店舗数は久世福商店のみを示しています。
クリックすると拡大 2016年8月10日時点の店舗数
   3店 北海道・東北
   18店 関東
   6店 甲信越
   3店 東海
   8店 近畿
   5店 中国・四国
   5店 九州・沖縄
   48店 合計
クリックすると拡大

我家の箸置き [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
我家には5種類の箸置きがあります。今回はその箸置きを紹介したいと思います。最初は野菜の箸置きです。使われている野菜は、茄子、人参、大根、胡瓜、赤かぶ、です。

こちらはテディベアの箸置きです。我が家の料理の写真を掲載した時にいずれかの箸置きが写っていると思います。
クリックすると拡大

オーソドックスなひょうたんの箸置きです。こちらも登場したことがあると思います。こちらは6個あるので6二が集まった時に使います。→ポチッ
クリックすると拡大

こちらは益子か笠間で買った箸置きです。絵はツバキでしようか。
買ったのは本の箸置きと、次の小砂焼のそら豆の箸置きでその他の3種類はもらいものです。おかげで、特に集めていないけれども5種類を使い分けることが出来ています。この箸置きは頑丈そうなので、普段使いで一番よく使っています。→ポチッ
クリックすると拡大

こちらのそら豆の箸置きは10個買いました。小砂焼の国山窯で買ったものです。沢山の人数になった時に使っています。こちらの箸置きが写った記事は古都らです。→ポチッ
クリックすると拡大

上の5種類はいずれも陶器または磁器で出来た焼きものですが、焼きもの以外の唯一の箸置きです。正月などのおめでたい時に使っています。箸置きは小さいものですが、いずれも無くすことなく当初の数がそろっています。
クリックすると拡大

小砂焼の国山窯で箸置き買った時に同時に買った食器を紹介します。1997年に窯元を訪ねて購入いたしました。19年前に買ったものですが今までに一枚も割れていない食器です。砥部焼と同じように丈夫なのだと思います。砥部焼も割れた食器が無いのです。小砂焼の窯元は栃木県那須郡那珂川町にあります。水戸藩主、徳川斉昭が殖産興業政策として1833年に築窯されたのが始まりだそうです。小砂焼は陶器、磁器、半磁器が作られているのが特徴だそうです。小砂焼(こいさごやき)の窯元としては市川窯、朱雀窯、柿窯、国山窯、藤田製陶所、松並陶苑、いさご陶芸があります。
クリックすると拡大

19年前に訪問した場所を忘れないためにgoogle地図にプロットいたしました。
 市川窯   栃木県那須郡那珂川町小口1115 0287-93-3113
 朱雀窯   栃木県那須郡那珂川町小砂3112 0287-93-0593
 柿窯    栃木県那須郡那珂川町小砂2371 0287-93-0393
 国山窯   栃木県那須郡那珂川町小砂3112 0287-93-0711
 いさご陶芸 栃木県那須郡那珂川町小砂3133 0287-93-0903
 藤田製陶所 栃木県那須郡那珂川町小砂2710 0287-93-0703
 松並陶苑  栃木県那須郡那珂川町小砂2697 0287-93-0936
  A ━━━━ B    車でのルート(東京駅→小砂 180km 2時間22分)

タグ:箸置き

ルバーブのパイ [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
すでに紹介したようにkazuさんからいただいた野菜の中にルバーブも含まれていました。そのルバーブでパイを作ってみることにいたしました。
ルバーブと言えばジャムですが、今までに何度も作ったのでジャム以外で作ってもらう第一候補がパイだったのです。今回、それを実現してもらいました。
クリックすると拡大 材料
  ルバーブ      250g
  冷凍パイシート   1枚
  砂糖        50g
  小麦粉       35g
  アーモンドパウダー 25g
  バター       15g
  塩         少々
  参考レシピ     http://cookpad.com/recipe/2813203

冷凍のパイ生地とアーモンドパウダーを買ってきました。それ以外は家にありました。写真のパイ生地は2枚入りですが1枚で作ることが出来ました。
パイ皿に材料を乗せる前にクランブルを作っておきます。クランブルの作り方は枠内に書いています。
クランブルの作り方
ボールに、小麦粉25g、アーモンドパウダー25g、砂糖20gと塩少々を入れ混ぜ合わせます。そこにバター15gを細かく切って揉み込むようになじませます。混ぜる時に、時々ギュっと握るようにします。
クリックすると拡大

冷凍パイシートは解凍してパイ皿に敷いてフォークで生地にプツプツ穴を開けました。パイシートの上に、砂糖10gと小麦粉10gを混ぜ合わせたものを、茶こしで敷きました。洗ったルバーブを2センチに切って、砂糖20gと混ぜ合わせたものをパイ皿に敷き詰めたのがこちらの写真です。さらに事前に作っておいたクランブルをバラバラと乗せます。
クリックすると拡大

オーブンで180℃で焼色を見ながら30〜40分焼いたのがこちらの写真です。
クリックすると拡大

ルバーブが見えています。
クリックすると拡大

クリックすると拡大さっそく切り分けて、いただきました。右の写真は以前に蓼科で買って来た赤色のルバーブですが、今回のルバーブは赤色が無いので素朴な風合いのパイが出来ました。驚かされるのはレモンなどの酸味のあるものを入れていないのに、甘ずっぱい味に仕上がっていることです。食べてみて美味しかったので記事に掲載することにいたしました。
クリックすると拡大

もちろん紅茶でいただきました。五訂日本食品標準成分表によれば食物繊維が100gに対して2.5g入っています。少ないように思われがちですが水分を除いた成分では炭水化物の次に多い成分が食物繊維です。蕗(ふき)は100gあたり食物繊維は1.1gなのでルバーブはフキの2.3倍の食物繊維が含まれていることになります。
下記の数値はルバーブ100gに含まれる量です。( )内の%は下記の成分の合計9.83gで配分した数値です。
 炭水化物  6.0g(61.04%)
 食物繊維  2.5g(25.43%) 水溶性0.5g 不溶性2.0g
 たんぱく質 0.7g( 7.12%)
 カリウム  0.4g( 4.07%)
 脂質    0.1g( 1.02%)
 カルシウム 0.074g(0.75%)
 その他   0.056g(0.57%) リン、マグネシウム、鉄など
クリックすると拡大

こちらがルバーブの可食部の茎の部分です。葉にはシュウ酸を多く含むため食用にはできません。原産地はシベリアですが、欧米では広く食用に栽培されて菓子類のフレーバーとしても定着しているそうです。似ているフキはキク科ですが、ルバーブはタデ科です。植物学的な分類を紹介します。和名はショクヨウダイヨウ、マルバダイオウです。
 界 : 植物界 Plantae
 門 : 被子植物門 Magnoliophyta
 綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
 目 : タデ目 Polygonales
 科 : タデ科 Polygonaceae
 属 : ダイオウ属 Rheum
 種 : ルバーブ R.rhabarbarum
クリックすると拡大

ルバーブは本来、寒冷地の植物で、日本の生産地としては長野県、群馬県、北海道が有名ですが、我が町の地元でも作られており近くのスーパーで地元野菜として売られていました。場所を紹介します。マルエイは、6月10日にオープンした大型ショッピングモールのイオンタウンから車で1.7km(4分━━)の距離にあります。
 名前 マルエイ 佐倉店( )
 住所 千葉県佐倉市小竹669-1
 電話 043-460-1112

マルエイ( )以外に「房の駅・横戸( )」と「房の駅・鎌ヶ谷( )」でも売られているそうです。ただし寒冷地の植物なので梅雨明けのカンカンで照りになると、無くなるかもしれません。房の駅(ふさのえき)は、千葉の食材を提供しているお店です。

野菜を沢山いただきました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
先日、沢山のレタスを八千代市下高野のkazuさんから頂いたことを記事で紹介させていただきましたが、同じ日に佐倉市の畑を見させていただきました。先日紹介したレタスの畑は八千代市の畑でした。上の写真は「ツタカカーメンの涙」と言うエンドウ豆の品種です。豆ごはんにすると炊いた当日は普通の豆ごはんですが、翌日になると赤飯のような色になる不思議な豆です。

こちらが「ツタカカーメンの涙」ですが、色のついていないエンドウも混ざっています。昨年収穫した種豆を蒔くと、このようになったとのことでした。
クリックすると拡大

そら豆もいただきました。
クリックすると拡大

その場に生えていたエシャロット引き抜いていただきました。
クリックすると拡大

その晩の夕食はいただいた新鮮野菜の夕食でした。エシャロットの新鮮さが伝わると思います。
クリックすると拡大

こうなるとやっぱりビールです。
クリックすると拡大

そら豆もビールに合いました。
クリックすると拡大

そら豆は茹でただけではなく、鞘のまま焼きソラマメもやってみました。
クリックすると拡大

鞘のまま焼いた目的は、鞘の内側の綿毛を食べるのが目的でした。スプーンで刮いでたべるのですが、これが意外と美味なのです。
クリックすると拡大

動物性の蛋白質は干しがれいを用意いたしました。
クリックすると拡大

もちろんツタンカーメンの涙は豆ごはんにいたしました。
クリックすると拡大

そして、いただいた新キャベツはサラダにいたしました。
クリックすると拡大

八千代市にあるレタスを収穫した畑に案内してもらった時に沢山の茄子をいただきました。一緒にインゲンと万願寺唐辛子もいただきました。
クリックすると拡大

さっそく茄子の料理を作ってもらいました。
クリックすると拡大

やっぱりビールです。
クリックすると拡大

茄子とインゲンの入った野菜の煮びたしも作ってもらいました。
クリックすると拡大

インゲンはシンプルに茹でてマヨネーズでもいただきました。
クリックすると拡大

さらに炒めて自家製のホワイトソースでもいただきました。アクセントにワサビを入れてあるホワイトソースです。ホワイトソースは北海道の長男家族から父の日のプレゼントとしていただいた時鮭を食べるために作ったものです。時鮭(ときしらず)は春から夏にかけて獲れる貴重な鮭(サケ)で、食通の間で人気があるそうです。時鮭の記事に関しては後日、紹介したいと思います。
クリックすると拡大

茄子は沢山あったので桜海老の入った料理も作ってもらえました。
クリックすると拡大

定番の焼きなすは4回もいただくことが出来ました。それほど沢山の茄子をいただきました。
クリックすると拡大

万願寺唐辛子は焼いて生姜じょうゆでいただきました。
クリックすると拡大

資生堂のクッキー [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリッとすると拡大
前記事で、姪っ子たちが持ってきてくれたタントマリーのケーキを紹介したので、その時に娘が持ってきてくれたクッキーを紹介します。資生堂パーラーのBISCUITS(ビスキュイ)です。資生堂パーラーは、あの化粧品の資生堂の子会社です。創業は1902年なので意外と古い歴史があるようです。資生堂創業者の福原有信が、1900年の欧米視察からの帰国後に、銀座の資生堂薬局内に設立したもので、当時の日本では珍しかったアイスクリームやソーダ水が人気だったそうです。当時の名前は資生堂ソーダファウンテンだったそうです。資生堂自体の創業は1872年で当時の名前は資生堂薬局だったそうです。

BISCUITSと書かれたケースが洒落ています。資生堂パーラーはレストランやカフェの店舗を展開していることの方が有名かもしれません。意外な存在が上流階級の「成功率の高いお見合いの名所」だそうです。
クリッとすると拡大

こちらが缶の中です。
クリッとすると拡大

クッキーは7種類入っていました。
姪っ子と娘が載った記事はこちらのURLです。下記の着色URLをクリックすると記事を表示します。
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2014-07-16
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2016-06-25-1
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2012-04-16
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2014-07-17
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-04-18
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2013-03-05

クリッとすると拡大
タグ:クッキー

レタスを沢山いただきました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
先日、八千代市下高野のkazuさんからサラダに適した野菜を沢山いただきました。全てkazuさんの畑の採れたての野菜です。全てレタスの種類だそうです。大根もいただきました。kazuさんからレタスの名前をコメントで教えていただきました。左から、リーフレタスグリーンフリルリーフレタスレッドフリルリーフレタスグリーンフリルリーフレタス、だそうです。

上の写真では小さいので、右と左で半分づつ拡大いたしました。こちらが左側です。拡大すると新鮮さが伝わってくると思います。珍しい形のレタスも入っていました。
クリックすると拡大

こちらが右側です。
クリックすると拡大

サラダはいつもこの器に盛って出されます。深い器なので沢山盛り付けることが出来るので使っているようです。私の食べる持ち分は2/3(66%)~3/4(75%)です。器の直径は268mmです。
クリックすると拡大

赤ヒーマンと玉子を入れたサラダも作りました。
クリックすると拡大

グリーンレタスの、フリルありと、フリルなしも同時に味わいました。
クリックすると拡大

前日にいただいた新キャベツも一緒に盛り付けました。キャベツとカイワレに下にレタスが入っています。
クリックすると拡大

この日はレタスだけでした。
クリックすると拡大

冒頭の写真の一番左の珍しいレタスは、サラダでもいただきましたが、煮ても美味しかったです。
クリックすると拡大

ブロッコリーとトマトとキュウリも盛り付けました。
クリックすると拡大

この日はレタスの上にブロッコリーとキュウリを乗せました。どのサラダも新鮮なので美味しくいただきました。ありがとうございました。沢山の量に驚きましたが、意外と数日で食べ切ってしまいました。
クリックすると拡大

2016年6月22日に、頂いたレタスを収穫された畑を初めて拝見させていただきました。ここに我々が食べたレタスが植わっていたそうです。レタスをいただいたのが5月24日だったので収穫後29日目の畑の状況になります。
見学させていただいたときにインゲンとナスビと万願寺唐辛子とルバーブをいただきました。インゲンは自分で採らせていただきました。
クリックすると拡大
タグ:野菜

ヴェネチアンガラスのネックレス [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
家内の誕生日は6月です。誕生日プレゼントにヴェネチアンガラスのネックレスをネットで買いました。
これの特徴はすべてのガラス玉のデザインが違うことです。長さは70cmでした。少し重いかも!
説明には「ヴェネチアの数あるガラス工房の中でも。芸術性と技術力の高さから"別格"とされるスーヴ工房に、特別に製作を依頼したヴェネチアンガラスのネックレス。ガラスビーズはわずかな気温や温度差で変化し、2つと同じものが作れません。」とかかれていました。

大きな玉の部分を拡大しました。上の写真はフラッシュを使わずに撮りましたが、これはフラッシュを使っているので色合いが違うように感じられるかもしれません。
クリックすると拡大

山わさびソースで食べるローストビーフ [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
北海道に住んでいる長男家族から、家内への母の日とプレゼントとして送られてきた北海道の食材の中に山わさびが入っていました。山わさびとして検索すると最もよく出てきたのが山わさびの醤油漬けでした。山わさびはフィンランドや東ヨーロッパが原産で、正式名はホースラディッシュです。そのヨーロッパでのホースラディッシュの欠かせない使い方がローストビーフ用ソースだそうです。そこで山わさびでソースを作ってローストビーフを食べることにいたしました。ローストビーフ用ホースラディッシュソースの作る上で参考にしたのが次のレシピでした。
クリックすると拡大  山わさび    20g
  サワークリーム 30g
  柚子汁     15cc (レモンで代用)
  マヨネーズ   5g
  オールスパイス 少々  (白コショウで代用)
  塩       少々
  ネギ      5g
  URL  http://ws-plan.com/sannsai/horseradish-sauce.html

ローストビーフ用のソースを作るのにあたりホースラディッシュ以外に欠かせないのがサワークリームなので、サワークリームだけは今回のソースのために買ってきました。こちらが用意したサワークリームです。今の時期に柚子は手に入りにくかったのでレモンで代用いたしました。オールスパイスは右上の写真の右側の胡椒挽(ペパーミル)の白コショウで代用いたしました。左側の胡椒挽は黒コショウに使っています。
クリックすると拡大

ホースラディッシュ(山わさび)を20gほどおろしました。
クリックすると拡大

そこに残りの材料を入れてかき混ぜました。
クリックすると拡大

これが出来上がったソースです。
クリックすると拡大

ソースが手作りなので、ローストビーフも手作りするために肉屋さんでローストビーフ用の肉を342gほど買ってきました。
クリックすると拡大

これがローストビーフにした肉です。
クリックすると拡大

こちらがガスオーブンを250℃に予熱して約20分焼き上げて出来上がったローストビーフです。私としても、見栄えとしても、もう少し赤い方がいいのですが、家内の好みの焼き具合にいたしました。
クリックすると拡大

上の写真はクリックすると拡大しますが、クリックが面倒な方のために拡大写真を掲載いたしました。
クリックすると拡大

大盛りのサラダも用意いたしました。
クリックすると拡大

実はタイミングよくkazuさんからサラダに適した野菜を沢山いただいたのです。全てkazuさんの畑の採りたての野菜です。
クリックすると拡大

エシャロットを用意いたしました。こちらもkazuさんの畑で採れたものをいただきました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大やっぱり赤ワインが飲みたくなります。タイミングよく、フランス旅行で買ってきたワインが1本あったのです。
このワインは2010年産のMargaux(マルゴー)です。2016年5月8日から行っていたフランス旅行中に飲んだ赤ワインの中で、一番おいしかったのが5月11日にパリに住んでいる方に連れて行ってもらったワインバーL'ECLUSEで最初に選んでもらって飲んだ2010年産のMargauxだったのです。
その方も「Margauxなら2010年産」と、こだわっておられました。2010年が当たり年だったそうです。名前をメモしておいて帰国の日に空港で買いました。
パリのワインバーでの2010年産のMargauxは10cl(100cc)で8ユーロ(約1000円)でした。買ってきた2010年産のMargauxはワインバーとは下記のように銘柄違いましたが期待通り美味しかったです。パリに住んでいる方も銘柄はいろいろあるけれども、どれでもいいからMargauxの2010年産を買うように教えてもらいました。右の写真はボトルの裏側です。右の写真も下の写真もクリックすると拡大いたします。
 2010年産のMargaux
  ワインバー Château Bellevue de Tayac Margaux 2010
  空港で購入 Château Marsac Séguineau Margaux 2010
クリックすると拡大

ボトルの口の部分も記念に撮りました。赤ワインは常温で飲むものだと日本では言われていますが、実はフランスで涼しい地域の室温で飲まれていたものを常温と訳してしまったのとのことで本当は15℃程度(高くても20℃まで)で飲むのを進められたので少し低すぎるけれども冷蔵庫の野菜室で入れていました。保管としては10〜16℃の間で「一定している事」が理想と言われています。
クリックすると拡大

準備が出来ました。
クリックすると拡大

フランスで買ってきた赤ワインをあけでいただきました。
クリックすると拡大

ローストビーフを各自に取り分けました。
クリックすると拡大

ホースラディッシュを使ったサワークリームソースをローストビーフにかけました。
クリックすると拡大

こちらの写真も拡大いたしました。
クリックすると拡大

残ったサワークリーム60g(90g-30g)はパンにつけていただきました。山わさびは、次のような食べ方で、全ていただきました。
クリックすると拡大クリックすると拡大 天ぷら
 板わさ
 山わさび丼
 山わさびの醤油漬け
 ローストビーフ用ソース
クリックすると拡大

一度紹介した植物学的な「山わさび」と「わさび」の分類を比較です。わさびが清流などの水の中に生えているのに対して、山わさびは寒冷地の土の上に生えています。そのためか卸した時の水分量が違いますが、味は似ています。比較のための写真はネットから転用させていただきました。
 呼名山わさびわさび
ホースラディッシュ本わさび
セイヨウワサビ 水わさび
 英名HorseradishJapanese horseradish
 Wasabia
 学名
 Armoracia rusticana
 Wasabia japonica
 界
 植物界 Plantae 植物界 Plantae
 門 被子植物門 Magnoliophyta 被子植物門 Magnoliophyta
 綱 双子葉植物綱 Magnoliopsida 双子葉植物綱 Magnoliopsida
 亜綱 ビワモドキ亜綱 Dilleniidae ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
 目 フウチョウソウ目 Brassicales フウチョウソウ目 Brassicales
 科 アブラナ科 Brassicaceae アブラナ科 Brassicaceae
 属 セイヨウワサビ属 Armoracia ワサビ属 Wasabia
 種 セイヨウワサビ A. rusticana ワサビ W. japonica
クリックすると拡大クリックすると拡大
クリックすると拡大クリックすると拡大

空弁 黒いなり [話題]



空港でのお弁当で空弁がすごいブームでした。
見ていたテレビで、この黒いなりが羽田空港で最も売れているということで子供が買ってきました。2番目がカツサンドだったそうです。今は分かりませんが、その時は羽田空港の一番人気の空弁は「黒いなり」でした。
その時のネットの記載内容です。
羽田空港で一番人気の空弁は、「黒いなり 」です。ギャル曽根さんが空弁ベスト5を決める「日本全国44空港激うま空弁ランキング」でも厳選された44の空弁の中から、空弁ランキング2位に選んだ空弁なんです。
昔のブログ にも「黒いなり」が掲載されていました。空弁「黒いなり」自体は前からあったようです。

さっそく中を見てみました。真っ黒のいなりずしに一瞬驚かされました。
真っ黒なのは食用備長炭で着色されているためです。3個とも同じに見えますが、それぞれ中身は違っていました。「きくらげ&ひじき入り」と「きんぴら&黒ゴマ入り」と「黒豆入り」でした。朝食を食べずに朝早く(朝の5時出発で)出てきたので、子供と家内の3人で飛行機の中で分けて食べました。写真はクリックすると拡大します。
ネットのGoogleで「空弁 黒いなり」を検索すると約75,600 件出てきました。すごいです。→ポチッ
クリックすると拡大

沢山「黒いなり」のブログが掲載されていたので紹介します。
 沖縄発どさんこ娘と夫のぐるめ日記さん
 B級グルメと旅行と日記さん
 ちょっとつまみたいっさん
 行って食べた店の記録(´∀`)さん
 Que sera sera日記さん
 温cyan.comさん
 きのっちの気まぐれ日記。さん
 私のお皿さん
 某機械メーカー技術者パパの不定期更新さん
 あほみどろどろどろさん
 酒とバラの日々さん
 ぶらパチ カメラさん
 鮨日記さん
 出張先さん
 遊ぶろうぐさん
 北村士朗の日記さん
タグ:弁当 空弁

自家製チリメン山椒 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
上の写真が今回紹介する自家製のチリメン山椒です。

市販のチリメン山椒は下の2枚の写真のように大別して2種類に分かれます。一つが左の写真のような甘辛く味付けされたチリメン山椒です。もう一つが、右の写真のように色はうすく、乾燥していて、山椒の味と香りが付けられたチリメン山椒です。私はどちらのチリメン山椒も好きなのですが、どちらかと言えば右の写真の上品なチリメン山椒を好みます。ただし、高級品のため普段行くスーパーなどでは手に入らないので、いつも関西に行ったときに伊丹空港のお店で買って帰っていましたが、高価な上に買える機会が多くないので、山椒の実の佃煮を使った自家製のチリメン山椒を数年前に作ってみました。意外と右側の市販のチリメン山椒に近い味なので、それ以来よく作っています。
クリックすると拡大クリックすると拡大

その上品な市販のチリメン山椒に近い味を気楽に作れるために用意するのは山椒の実の佃煮です。その方法とは山椒の実の佃煮を、そのままチリメンジヤコに混ぜるだけなのです。今回は2種類の山椒の佃煮を用意いたしました。今までは上側の山椒の実の佃煮「青実さんしょう」を使っていましたが、今回初めて下側の醤油の入った山椒の実の佃煮「さんしょう実」を用意いたしました。
山椒の実の佃煮は90年前創業のさん志ょうや本家のものです。
クリックすると拡大お店を紹介いたします。
 店名 さん志ょうや本家
 住所 兵庫県宝塚市清荒神1-11-15
 電話 0797-87-2041
 営業 9:00~18:00
 休日 12月31日
 創業 1926年(昭和元年 90年前)
 記事 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2012-07-19
クリックすると拡大

もちろんチリメンジャコも用意いたしました。左側が醤油が使われた山椒の実の佃煮です。右側が山椒の実の味がストレートに味わえる佃煮です。
  左 さんしょう実 890円/100g
  右 青実さんしょう 890円/100g
クリックすると拡大

チリメンジャコに、山椒の実の佃煮を写真の程度入れます。
クリックすると拡大

佃煮の味と香りをチリメンジャコに移るようによくふります。数日たった方が味がなじみますが、すぐに食べても美味しいです。コツと言えば、密閉状態で長時間ふり続けるのが、唯一のコツです。
醤油が入った方はチリメンジャコに色が付きますが、右の方は色はわずかに変わる程度です。ただし刺激的なのは見た目と違い右側の色が薄い方なのです。
クリックすると拡大

上の写真はクリックすると拡大しますがクリックが面倒な方のために先ずは左側のチリメン山椒を拡大いたしました。作ったばかり時間がたっていないので色がなじんでいませんが一日経ちと全体が同じ色になります。こちらが佃煮「さんしょう実」を使ったチリメン山椒です。
クリックすると拡大

こちらは右側のチリメン山椒を拡大したものです。こちらが佃煮「青実さんしょう」使って作ったチリメン山椒です。
クリックすると拡大

両方をご飯に乗せてみました。色の違いが分かってもらえると思います。家内は左側が好みで、私は刺激的な右側です。色に関しては左側が市販のものに近く、味に関しては右の方が近いので、この次は二種類の佃煮を合わせて見た目も味も近いものに挑戦してみます。
クリックすると拡大

こちらが目標とする市販のチリメン山椒です。
クリックすると拡大

灯油18リッター 756円 2016年1月22日時点 [話題]



2016年1月25日追伸 タイトル: 灯油18リッター 756円
私の誕生日である1月22日に灯油を入れに行くと、なんと18リッターが756円になっていました。14日前の2016年1月8日の864円からさらに108円も下がったのです。1リッターあたりが48円から42円になったのです。いつも入れるガソリンスタンドは55円のままなので劇的に安くなった印象を受けました。少し足を延ばすことで468円(36リッター)も得したことになります。ガソリンの値段も下がってきており1月23日の時点では表示価格が102円/Lになりました。私は会員で2円/L引きなので100円/Lです。さらに1月22日にnanacoの会員になったのでリッターで1ポインもらえるため、実質は99円/Lなのです。
もうすぐ表示価格で100円/L割れになるかもしれません。

先ずは右の灯油券販売所で灯油券を購入します。我々の場合は18リッターのポリタンク2個なので36リッターを購入します。この時にお金を払います。うれしいことにクレジットカードが使えるのでポイントなどのカードの恩恵も受けることが出来ます。この時に1512円をカードで支払いました。左に移動してポリタンクに灯油を入れてもらいます。休日の時間帯によっては10人程度は並ぶことがありますが、券の購入だけなので待ち時間はほとんどありません。
クリックするとオリジナルを表示

こちらで灯油を入れてくれる人にポリタンクと購入した灯油券を渡すと入れてもらえます。こちらでは灯油を入れる機械が10台あり作業する人が4人おられたので待つことは無く入れてもらえました。
クリックするとオリジナルを表示

2014年8月25日から2016年1月18日までの灯油価格の推移をグラフで紹介します。出典は経済産業省・資源エネルギー庁の石油製品価格調査で、数値は全国平均の店頭現金価格です。グラフをクリックするとオリジナルのグラフを表示します。全国平均が1160円なので756円は34.8%も安いことになります。
クリックするとオリジナルを表示


2016年1月10日掲載 タイトル: 灯油18リッター 864円
今は、ここ5年の間でガソリン価格が最安値になっていることはよく報道されています。灯油も最安値でいつも購入しているところの値段は18リッターが990円です。1リッターあたりは55円になります。18リッターが1000円を切ったことで驚いていました。ところが、1月3日にヤマダ電機に緊急でWiiリモコンを買いに行ったとき、ヤマダ電機の隣にあるのジョイフル本田千葉ニュータウン店の灯油の値段が1リッターあたり48円との表示になっていました。
そこで家に近いジョイフル本田八千代店に行き18リッターx2缶分の灯油を1月8日に買いに行きました。そのレシートが右の写真です。確かに36リッターが税込みで1728円でした。18リッターに換算すると864円なのです。ほんと安くなりました。外置き灯油温水暖房を使っているので灯油の値段がここまで下がるのはほんとうれしいことです。

参考ですがガソリンは年末から1リッターあたり104円で入れております。
千葉県の中でも私の住んでいるあたりは全国でもガソリンが最も安い地域の一つと言われています。ほとんどのガソリンスタンドの通常価格の表示が106円/Lで、会員価格はさらに安くなります。下記のグラフは総務省統計局が発表している東京都区部のガソリン小売価格です。グラフをクリックすると1966年からのガソリン価格を表示します。グラフを見ていると7年前も一時的に安くなったことを思い出しました。2008年に価格が急落しているのは2008年9月15日に始まったリーマンショックのためです。
クリックするとオリジナルを表示

1966年からのガソリン価格も紹介します。1966年4月~8月の価格は50円/Lでした。50円/Lという価格は、現在のガソリン税である53.8円/Lより安いことから、ガソリン価格上昇の主因は1973年のオイルショックと1974年からのガソリン税のアップであったと想像されます。ガソリン税の正式名は「揮発油税及び地方揮発油税」で、地方の名がついていますが国税です。このグラフを見ているとガソリンは変化は多いけれども、ある意味で40年前の値段と一緒の優等生のものと言えるのかもしれません。
クリックするとオリジナルを表示

さらに、今から155年前の1861年からの原油価格の推移も紹介します。長く安定した時代が約95年間も続いたことが分かります。
1バレル(石油用)は158.987294928リッターです。したがって原油の現価格33$/バレルを117.5円/$で換算すると24.39円/Lになります。120$/バレルの時は88.68円/Lだったことになります。ガソリンや灯油は、これに製造費+利益+税金が足されます。
バレルに石油用と付記しているのは 米液量(119.240471196L)やビール用(117.347765304L)や穀物用(115.6L)や国によって違うからです。
クリックするとオリジナルを表示

私はESSOのメール会員に入っていて、下のバーコードを機械にかざすと表示価格に対して2円引きになります。ただし、イベントなどのメールが届きます。
本バーコードは修正しております。
冒頭の説明でヤマダ電機で緊急で買に行ったWiiリモコンとはこちらです。いろんな色がありますが家内の緑色希望で写真のルイージカラーを買いました。
クリックすると拡大
写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

この箱は何でしょう。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
クリックするとFacebookを表示この箱は何でしょう。マッチ箱?
TAKIBI BAKERY(タキビ ベーカリー)と書かれているのでマッチではなさそうです。タキビ ベーカリーは「旅するパン屋」で知られているお店です。ロバのロゴが入ったパッケージはデザイナー村上周さんのAMDR社がデザインしたそうです。ロバが世界のパンと料理を乗せて運んでいく姿をイメージしているようです。箱に書かれている謹製の意味は「心を込めて、謹んで作りました」です。

そしてマッチ箱のようなケースの中身は紅茶だったのです。家内が六本木の国立新美術館に行ったときにミュージアムショップで買ってきたものでした。
クリックすると拡大

中には三角のティーバッグが3つ入っていました。
クリックすると拡大

この紅茶の名前は三年番茶です。日本の静岡で作られているようです。
冒頭の写真の箱の横に書かれていたSAN NEN BANCHAは三年番茶のことだったのです。三年番茶は緑茶の茶葉と茎を摘み取り、天日に干して三年間熟成させてつくった番茶だそうです。三年熟成させ醸造して、その後焙煎をする事でカフェインやタンニンなどの刺激物質が抜けて妊婦や幼児でも安心して飲める優しい三年番茶が出来上がるそうです。
タキビベーカリーでは下の5種類の紅茶(フレーバー・ティー)が用意されているそうです。
 三年番茶      日本
 ダージリン     イギリス
 ルイボスミント   南アフリカ
 マテ茶       ブラジル
 アメリカンチェリー アメリカ
クリックすると拡大

さっそく飲んでみました。こちらのお店は4種類のラスクも有名です。買ってきたのですが、写真も撮らずに先に食べてしまいました。一緒に写真に収めればよかったと後悔しております。


日本茶なので和菓子を用意いたしました。近くで一番気に入っている和菓子店「藤の木」で和菓子を2つ買ってきました。こちらのお店も近所の口コミで教えてもらったのですが、一度食べてからは時々買いに行っています。
 店名 藤の木
 住所 千葉県佐倉市中志津4-3-8
 電話 043-462-0424
 営業 9:00~18:30
 定休 水曜日
クリックすると拡大

こちらは家内の方ですが、半分に切って2種類の和菓子でいただきました。確かに紅茶よりも日本茶に近い気がしましたが上品な独特の味でした。
クリックすると拡大

2種類の和菓子の断面です。栗の入った和菓子でした。
クリックすると拡大

タキビベーカリの紹介したいのでネットで調べてみた結果、'旅するパン屋'がコンセプトのTAKIBI BAKERYは、2015年4月までは独自の店舗を持たず、ケータリングや移動式のお店、イベントへの出店やカフェへの卸を中心に行っていたそうです。2015年5月に東京・奥沢にパンだけでなく、雑貨も扱うLABO by TAKIBI BAKERYをオープンさせたそうです。
 店名 TAKIBI BAKERY
 創業 2011年
 住所 場所は時々移動
     ただしLABO by TAKIBI BAKERYが2015年5月にOpen
        東京都世田谷区奥沢3-30-15
 電話 03-3720-7830 (LABO by TAKIBI BAKERY)
クリックすると記事を表示

IMG_8485-50.jpgロバをデザインした、アートディレクターでありアーティストの村上 周 (ムラカミ アマネ)さんは1975年生まれの東京都在住です。目に映る街や風景をオブジェクトとして置き換え、独特なパースやスケール感を表現 するアーティストで、海外で滞在した街の風景やポートレートの写真をベースにシルクスクリーンやペインティングでコラージュし、感覚や重力を無視した浮遊感 を与える作品を発表しているそうです。
タグ: 紅茶 番茶

8月までのデータで2015年の訪問者数を予想してみました。 [話題]



今年の5月の記事で、2015年1月~3月の海外からの訪問者数のデーターから2015年の訪問者数は1900万人でした。2015年1月~8月の新しいデーターで予想すると2000万となりました。9月以降の予想値は2014年の変化に比例させて類推いたしました。

2014年は1位は台湾、2位が韓国、3位が中国が、2015年は中国が伸びできて8月までの集計ですが1位は中国、2位が韓国、3位が台湾になりました。
3国は2014年に対して2015年は中国1.98倍、韓国1.44倍、台湾1.3倍になると予想されます。
      2014年1~12月  2015年1~8月  2015年1~12月予想
 中国→日本 2,409,158人   3,047,041人   4,759,326人(1.98倍)
 韓国→日本 2,755,313人   2,554,175人   3,957,872人(1.44倍)
 台湾→日本 2,829,821人   2,468,207人   3,675,865人(1.30倍)


年単位で集計したグラフです。ただし2015年は1~8月の数値から下記の計算式で算出したため、多少ずれることもあり得ます。グラフ作成に使用した数値データーは日本政府観光局の「国籍/月別 訪日外客数(2003年~2015年)」です。昨年ごろから成田⇔上海の往復のJALのフライトでも中国人の観光客が多いのに驚かされていたのですが、実際の数字を見て納得いたしました。2015年の予想計算式は次の通りです。計算上では2015年の訪問者数は20,022,888人となります。
 A国 = (A国2014年訪日・人数合計) x Ka
 合計= A国+B国+C国+D国+E国+F国+・・・・・・・
ただし Ka = (A国2015年1~8月訪問数) ÷ (A国2014年1~8月訪問数)


こちらが3月までのデーターで予想した時のグラフです。この時は2015年の予想は1900万人でした。
同じ計算式で8月までのデーターで予想した数値が2000万人になったのは、3月以降も着実に訪問者数が増えてきた証拠だと思われます。


いつも控え目な数値を発表する国の予想では、オリンピックの年である2020年の訪問者数は2500万人ですが、このまま推移すれば3000万人には達するのは確実な気がします。これだけ急速に訪問者数が増えると宿泊施設不足が深刻な問題となってきつつあるようです。でも有名な観光地のホテル不足のおかげで、今まで外国人観光客が少なかった地域にも観光客が増えてきている気がします。地域の良さを分かってもらえるチャンスかもしれません。


5月の記事ですでに紹介した表ですが、各国の訪問者数を紹介します。ここでも記載いたします。2014年の日本人が中国、韓国、台湾を訪れている数は次の通りですが、2015年は3国共に日本への訪問者数の方が上回りそうです。「人/万人」は人口1万人当たりの年間訪日人数を示しています。
 日本→台湾 1,634,205人(129人/万人) 台湾→日本 2,829,821人(1207人/万人)
 日本→韓国 2,280,434人(180人/万人) 韓国→日本 2,755,313人( 572人/万人)
 日本→中国 2,717,600人(214人/万人) 中国→日本 2,409,158人( 18人/万人)

 国名人口 (万人)20132014
 累計伸率 %累計伸率 %/万人
 台湾234422,210,82150.812,829,82128.01207
 韓国481812,456,16520.222,755,31312.2572
 中国13493431,314,437-7.832,409,15883.318
 香港8055745,88154.94925,97524.11150
 米国310384799,280 11.55891,66811.629
 タイ69126453,64274.06657,57045.095
 豪州22277244,56918.57302,65623.8136
 マレーシア284010176,52135.68249,52141.488
 シンガポール5099189,28033.19227,96220.4448
 英国62048191,79810.210220,06014.735
 フィリピン923415108,35127.411184,20470.020
 カナダ340212152,766 12.912182,86519.754
 フランス627911154,89218.813178,57015.328
 インドネシア2398713136,79734.814158,73916.07
 ドイツ823014121,77611.815140,25415.217
 ベトナム87851684,46953.116124,26647.114
 インド1224511775,0959.01787,96717.11
 イタリア60551867,22829.81880,53119.813
 ロシア142961960,50220.61964,0775.94
 スペイン46082044,46126.32060,54236.213
 ニュージーランド4372136,95416.02141,62212.695
 スウェーデン9382236,20618.92240,12510.843
 オランダ16612333,86111.92339,86617.724
 スイス7662428,32216.42433,15017.043
 ブラジル194952527,105 -15.62532,31019.22
 メキシコ113422623,33826.12630,43630.43
 フィンランド5362816,5236.42719,66119.037
 ベルギー10712716,55813.32818,93414.318
 イスラエル7423114,47839.02918,80829.925
 デンマーク5553015,06510.83017,90118.832
 ポーランド38282915,52545.53117,88315.25
 オーストリア8393313,01511.93215,39818.318
 ノルウェー4883214,08523.03315,2308.131
 トルコ72753412,46418.63414,76618.52
 ポルトガル10683511,60438.03514,43924.414
 アイルランド4473611,2588.73612,59611.928
 その他・無国籍243110 248,812  298,623 1
 総数69455710,363,90424.013,413,46729.419

タグ:海外 観光

納豆を比較してみました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
最近よく食べている次の2つの国産大豆100%の中粒の納豆を比較してみました。食べ物の好みは個人によって差があるので優劣は控えさせていただきます。でも他の沢山の納豆に比べると美味しいと思っている納豆なのです。
 A タカノフーズ おかめ納豆 国産大豆納豆 
 B 水戸フーズ  納豆職人   国産大豆納豆

さっそく比較開始です。2つの納豆の蓋を開けると同じようにタレとからしが入っていました。以前にメカブのタレを納豆に入れて食べてみましたが、それぞれに合うたれがあることを知り、タレの味も大切な気がしました。私の定番朝食はこちらです。→ポッチ
クリックすると拡大

かき混ぜる前です。両方ともに中粒です。見た目は若干違いました。でも一番の違いは片方は納豆独特の匂いが強いことでした。人によって匂いの強弱で好みが変わるのかもしれません。昔はタレがからみやすい小粒納豆を好んで食べましたが、こちらの中粒を食べたときに大豆の味を感じてからは中粒納豆のファンになってしまいました。
クリックすると拡大

両方ともに掻き混ぜてみました。泡立ちは似ていました。ここでタレを入れないで食べてみると両者の違いが一番よくわかりました。片方は少し硬めですが噛むと大豆の香りと味が感じられました。もう一方は柔らかく仕上げてありました。
クリックすると拡大

よく掻き混ぜると粘りがクリーミーになります。まだタレを入れていません。この状態であればタレを入れなくても食べれます。いつもの順番は「掻き混ぜる→トッピングを入れる→掻き混ぜる→タレを入れる→掻き混ぜる」と、3回掻き混ぜています。
クリックすると拡大

タレを入れてさらに掻き混ぜました。タレをすべて入れると味が濃すぎて、納豆の味というよりはタレの味になってしまうので、いつも半分程度(50%~60%)にしています。今回も50%といたしました。両者を食べ比べるとタレの味は少し違いますが、両方ともによく研究されていることが判りました。いつもはトッピングを入れて混ぜてからタレを入れて混ぜるのですが、今回はタレだけで食べるために先にタレを入れました。
クリックすると拡大

トッピングにいつも通りに小ネギとチリメンジャコを入れました。
クリックすると拡大

トッピングを入れてさらにかき混ぜた状態です。トッピングを入れると両者の味の差は少なくなりました。今回の比較で、意外にもトッピングを入れない方が納豆だけの味が楽しめることが判りました。今回はカラシを入れませんでしたが、納豆だけの場合はカラシが合うことも発見いたしました。今回の比較で、違いが判ったのは、「匂いの差」と「納豆本来の味の差」と「硬さの差」でした。当然タレの味は違いますが、タレをほとんど入れなくても美味しく食べれるのが私の好みの納豆なのです。皆様もいろいろ試してみてください。
クリックすると拡大

パッケージの表示での違いで大きいのは、一方は米粉が僅かに入っていることです。米粉を入れるのは納豆のねばりを安定させるためで特許製法だそうです。タレでは、かつお味であるところはおなじですが、片方は昆布味と煮干味を加えているところです。ただし味わったタレの美味しさには差が無かった気がします。いずれにしてもタレにはいろんなものが混合されているのに驚かされました。片方が丸大豆でもう一方が大豆の表現になっていますが、納豆に限って言えば、大豆=丸大豆です。
 おかめ納豆 タカノフーズ納豆職人 水戸フーズ
納豆丸大豆、米粉、納豆菌大豆、納豆菌
たれ砂糖、しょうゆ、果糖ぶどう糖液糖、食塩、かつお節エキス、醸造酢、昆布エキス、煮干エキス、たん白加水分解物、アミノ酸糖、アルコールB1たん白加水分解物、しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、醸造酢、食塩、かつおエキス、みりん、アミノ酸等、アルコール、ビタミンB1
からしマスタード、醸造酢、食塩、植物油脂、酸味料、うこん、ビタミンC、増粘多糖類、アミノ酸糖、香辛料からし、食塩、酸味料、酒精、ウコン、ビタミンC、増粘多糖類
クリックすると拡大

追伸
今日、2015年9月30日から10月7日まで関西に行きます。成田空港が16時55分発のフライトです。今回はお袋や叔父さんたちと武田尾温泉に一泊いたしますので、帰宅後に報告いたします。また関西に行っている間はネット環境の都合で皆様のところに訪問できなくなると思いますのでご理解のほどお願いいたします。
タグ:比較 納豆

巨大ニンニク [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
近くの野菜直売所「樫の木」には珍しいものや規格外の物が時々並びます。直売所で目に入ったのが大きなニンニク(大蒜)でした。ニンニクは焼いて食べるのが好きなのでさっそく買って帰りました。大きさを実感してもらうために外国産の市販のニンニクと卵を並べて写真を撮りました。巨大さが判ってもらえたでしょうか。

先日、紹介したシソを買った直売所と同じところです。
この大きさで250円(税込)は安いと思いませんか。六輪と呼ばれるニンニクと同じく、中の一粒一粒も大きそうでした。609は生産者を表しています。生産者がこちらの直売所に持ち込むシステムになっており、その登録番号が609なのだと思います。シソの生産者番号も609だったので同じところで作られたものでした。


さっそくオーブンで鶏肉一緒に焼きました。
クリックすると拡大

ニンニクはかなり大きくて肉を焼く時間ででは足らないようなので、電子レンジで3分追加で加熱しました。
   目 : キジカクシ目  Asparagales
   科 : ヒガンバナ科  Amaryllidaceae
   属 : ネギ属      Allium
   種 : ニンニク     A. sativum
 学名 : Allium sativum
 漢字 : 蒜、大蒜、葫、忍辱
クリックすると拡大

鶏のもも肉は塩コウジで味を付て焼きました。
クリックすると拡大

やはりビールです。サラダなども用意いたしました。


クリックすると拡大こちらが野菜を盛り付けた皿です。
同じネギ科でニンニクに似た右の写真のジャンボニンニク(エレファントガーリック)といものがあります。そちらは無臭ニンニクとして販売されておりニンニクに近いけれども今回のニンニクとは別種です。
クリックすると拡大

野菜には塩とドレッシングを用意しましたが、ニンニクはそのまま食べれます。芋のように柔らかくてホクホクでした。
クリックすると拡大

奈良から神戸三宮への直通電車に乗りました。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
昨日6月21日に、関西から帰宅いたしました。2015年6月12日に生まれた初孫に6月17日に会って、その夕方は、神戸の三宮(三ノ宮)で、東京から関西に転勤になった人との飲み会があったので三宮に行くために近鉄奈良駅に、息子のお嫁さんのお父さんに車で送っていただきました。上の写真が近鉄奈良駅のホームで地下2階にありました。

改札は地下1階で、同じブロアーには沢山のお土産屋さんがありました。お土産を買いたかったけれども、飲み会があるので、身軽な方がいいと思いお土産は買いませんでした。後で写真を見て、買っとけばよかったかなと思ってしまいました。
クリックすると拡大

実は阪神の「なんば線」が完成したことで近鉄と阪神が2009年3月20日から相互乗り入れをして、奈良から三宮への直通運転が実現していたのでした。私は27年前の1988年11月3日に関西から関東に転勤で引っ越していて関西の情報は少なかったことから奈良から三宮に直通で行けることはこの日まで知らなかったので、早速に利用させてもらいました。乗ったのは16時17分発の快速急行・三宮行でした。


こちらが乗った快速急行です。もちろん最初から最後まで座って行けました。右上に9725と書かれていることから近鉄の9820系9725Fという車両と思われます。
クリックすると拡大

奈良からはJRを利用して行くことが出来ますが大阪駅で乗り換えとなります。新快速があるので時間的には11分ほど早いのですが、混雑する大阪で乗換がある上に、大阪からは座れないことも多いと思います。
さらに料金が近鉄+阪神を利用する方がJRより270円も安いのです。
ルート時間乗換料金距離
近鉄奈良阪神神戸三宮96分0回970円65.2km
JR奈良JR三ノ宮85分1回1240円79.1km
クリックすると拡大

途中の大阪環状線との乗換駅である鶴橋駅には16時56分に着きました。奈良から鶴橋までは39分で走るのでした。写真は電車の中から撮りました。


17時53分に阪神神戸三宮駅に着きました。
クリックすると拡大

乗ってきた電車は表示がすぐに奈良になっていました。


駅を降りて生田神社の境内を通って飲み会場所に向かいました。神戸は私が会社に入った時の、最初の勤務地なのです。関西からは組織ごと数百人が関東に転勤になったのでした。
クリックすると拡大

参考に電車のルート図を掲載します。ただし、時間によってルートが変わるのでいつも直通電車のルートが表示されているとは限りませ。

日本への訪問者数の推移 [話題]

   最新情報はこちらです。→ ポチッ

前記事の「長沙黄花国際空港」で、ゲンママさんから「最近、中国からの観光客が増えている」とコメントがあったので調べてみました。コメントのあった中国からの日本への訪問数の推移です。2003年1月から2015年3月までの147ケ月をグラフにしました。他の上位6か国も一緒に掲載しました。人数は月あたりの人数です。2012年9月11日の尖閣諸島国有化により、一気に旅行者が落ち込みましたが、落ちこむ前をしのぐ勢いで増えています。 2011年3月に落ち込んでいるのは東日本大震災です。この時はすべての国の旅行者が減りました。
韓国からの旅行者は昔から多くて2003年からの累計は26万人になります。韓国の人口は48万人なので旅行者の数値(26万人)は驚異的だと思います。

合計が判るタイプのグラフも紹介します。2015年の1~3月は中国+韓国+台湾の訪問者が全体の64%にもなります。4位の香港まで入れると71.6%にもなります。1~3月の合計の順位は韓国 中国 台湾 香港 米国 タイ 豪州の順ですが、1位の韓国(947,893)と2位の中国(923,514)は僅差であることと、中国が急速に伸びていることから、2015年の1~12月の合計では逆転もあり得ます。日本を嫌っていると、我々が思い込んでいる2国の観光客が一番多くて、その2国の合計だけで、全体の45.3%(2015年1~3月)を占めていることを不思議に感じる人も多いでしょう。
2008年後半から2009年にかけて観光客が落ち込んでいるのは2008年9月のリーマン・ショックによる世界同時不況の影響によるものだと思われます。


年単位で集計したグラフです。ただし2015年は1~3月の数値からの類推値のため、大きくずれることもあり得ます。グラフ作成に使用した数値データーは日本政府観光局の「国籍/月別 訪日外客数(2003年~2015年)」です。昨年ごろから成田⇔上海の往復のJALのフライトでも中国人の観光客が多いのに驚かされていたのですが、実際の数字を見て納得いたしました。2015年の予想計算式は次の通りです。
 A国 = (A国2014年訪日・人数合計) x Ka
 合計= A国+B国+C国+D国+E国+F国+・・・・・・・
ただし Ka = (A国2015年1~3月訪問数) ÷ (A国2014年1~3月訪問数)
Kb = (B国2015年1~3月訪問数) ÷ (B国2014年1~3月訪問数)


2015年10月22日追伸 
2015年の海外からの訪問者数が1900万人に達すると予想される報道がありました。3月までのデーターで予想した数値が正しいことが証明されました。

2014年の各国からの日本への訪問者数の多い順位を紹介します。2015年は伸び率や1月~3月の訪問数から順位は 中国→韓国→台湾→香港→米国→タイ→豪州の順になる可能性が高いです。フィリピン、マレーシア、ベトナムも急上昇しています。
2014年の日本人が中国、韓国、台湾を訪れている数は次の通りですが、2015年は3国共に日本への訪問者数の方が上回りそうです。「人/万人」は人口1万人当たりの年間訪日人数を示しています。台湾は人口1万人当たり一年間に1207人が日本に来ているのには驚きました。8人に1人の比率です。香港(1150人/万人)、韓国(572人/万人)、シンガポール(448人/万人)も驚異的な訪問者数です。タイ、豪州、マレーシア、ニュージーランドの比率もすごいです。一方、2015年には一番の訪日人数になると予想される中国は、まだ人口当たり訪日数が少ないことと、地理的に日本に近いことと、経済発展が進み海外旅行が増えることを考えると、今後、驚異的に増えることも想像されます。
    日本→台湾 1,634,205人   台湾→日本 2,829,821人
    日本→韓国 2,280,434人   韓国→日本 2,755,313人
    日本→中国 2,717,600人   中国→日本 2,409,158人
 国名人口 (万人)20132014
 累計伸率 %累計伸率 %/万人
 台湾234422,210,82150.812,829,82128.01207
 韓国481812,456,16520.222,755,31312.2572
 中国13493431,314,437-7.832,409,15883.318
 香港8055745,88154.94925,97524.11150
 米国310384799,280 11.55891,66811.629
 タイ69126453,64274.06657,57045.095
 豪州22277244,56918.57302,65623.8136
 マレーシア284010176,52135.68249,52141.488
 シンガポール5099189,28033.19227,96220.4448
 英国62048191,79810.210220,06014.735
 フィリピン923415108,35127.411184,20470.020
 カナダ340212152,766 12.912182,86519.754
 フランス627911154,89218.813178,57015.328
 インドネシア2398713136,79734.814158,73916.07
 ドイツ823014121,77611.815140,25415.217
 ベトナム87851684,46953.116124,26647.114
 インド1224511775,0959.01787,96717.11
 イタリア60551867,22829.81880,53119.813
 ロシア142961960,50220.61964,0775.94
 スペイン46082044,46126.32060,54236.213
 ニュージーランド4372136,95416.02141,62212.695
 スウェーデン9382236,20618.92240,12510.843
 オランダ16612333,86111.92339,86617.724
 スイス7662428,32216.42433,15017.043
 ブラジル194952527,105 -15.62532,31019.22
 メキシコ113422623,33826.12630,43630.43
 フィンランド5362816,5236.42719,66119.037
 ベルギー10712716,55813.32818,93414.318
 イスラエル7423114,47839.02918,80829.925
 デンマーク5553015,06510.83017,90118.832
 ポーランド38282915,52545.53117,88315.25
 オーストリア8393313,01511.93215,39818.318
 ノルウェー4883214,08523.03315,2308.131
 トルコ72753412,46418.63414,76618.52
 ポルトガル10683511,60438.03514,43924.414
 アイルランド4473611,2588.73612,59611.928
 その他・無国籍243110 248,812  298,623 1
 総数69455710,363,90424.013,413,46729.419

続きを読む


タグ:観光客 訪日

ハイドラント方式 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
飛行場でよく見かける、この車は何のための車かわかりますか?
気になったので写真を撮りました。
雰囲気や色合いなどから飛行機に燃料を入れる給油のための車だと思えるのですが、燃料タンクがないので確信が持てませんでした。
車に書かれていた会社名「マイナミ空港サービス株式会社」からネットで検索しました。
やはり燃料の給油車でした。→ポチッ

タンクがついていないのはハイドラント方式 と呼ばれている地下の燃料ピットの配管から給油する車であるサービサーだったからです。給油車輌には濾過器、圧力調整弁、計器類等が装備されているそうです。この写真は羽田空港で撮りました。
ちなみにタンクローリで給油するのはレフューラー方式と呼ばれています。
ジャンボ(ボーイング747-400)に満タンにすると230,000㍑だそうです。燃料の比重は約0.8(0.775~0.840)kg/㍑のため重さは184トンになります。これは飛行機の重さに匹敵するので、ちょっと驚いてしまいました。
燃費に影響するため飛行状況に応じて搭載するので満タンにすることは少ないそうですが、それでもタンクローリーだとすごい台数が必要になることがわかりました。
クリックすると拡大

ネットに掲載されていた航空機への燃料供給のシステム図です。下側のパイプラインでつながれているのがハイドラント方式のシステムです。
クリックすると拡大

1970年代のウイスキー [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
今、ウイスキー(Whisky)を題材にしたNHKの朝の連続ドラマが放送されているのを機会に我が家に古くから置かれていたウイスキーの写真を撮ってみました。紹介の物はすべて1960年代か1970年代の物です。上の写真のはGLEN GARRYという銘柄で、Finest Scotch Whiskyと書かれているのでランクは高いもののようです。スコッチウイスキーです。今では簡単に手に入るようですが、1970年ころには日本では珍しいもので父が一番気に入っていました。同じ名前の銘柄は手に入りますが、写真のラベルの物は手に入れるのは難しいのではないでしょうか。

フラッシュなしの写真も紹介いいたします。はっきりとした年代は判りませんが約50年前だと思います。ラベルの内容を転記いたしました。
GLEN GARRY
Finest SCOTCH Whisky

100% SCOTCH WHISKIES
DISTILLED AND BOTTLED
IN
SCOTLAND

JOHN HOPKINS & CO LTD
Distillers
GLASGOW , SCOTLAND

AND GLEN ELGIN-GLENLIVET DISTILLERY
LONGMORN , SCOTLAND

DISTILLED AND BOTTLED IN SCOTLAND
UNDER BRITISH GOVERNMENT SUPERVISION
クリックすると拡大

ネット内で出てくるGLEN GARRYの画像です。似たものはありますが、同じものはまだ見つけられていません。
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大

こちらもスコッチウイスキーです。
WHITE HORSE、よく聞いた名前です。これはラベルに書かれているようにブレンデッド・ウイスキーです。モルト・ウイスキーとグレーン・ウイスキーをブレンドしたもので安定した品質のものを沢山作るのに適しているそうです。
クリックすると拡大

クリックすると拡大こちらもスコッチウイスキーです。
そしてブレンデッド・ウイスキーです。
銘柄はAmbassador Royalで12年物です。
朝の連ドラの登場人物のモデルはニッカとサントリーの創業者です。右の写真は竹鶴政孝とリタ夫人です。
 ドラマ         実際    ウイスキーメーカー
 亀山政春(マッサン)   竹鶴政孝  ニッカウヰスキーの創業者
 鴨居欣次郎(鴨居の大将) 鳥井信治郎 サントリーの創業者
クリックすると拡大

左はPinchと書かれているので、こちらもスコッチウイスキーです。右はSUNTORY VERY RARE OLD WHISKY と書かれていることから日本万国博覧会の開催記念のサントリーのオールドです。1969年か1970年に発売されたものと思われます。
クリックすると拡大

左はウイスキーではなくブランデーです。右はウイスキーで、銘柄はSANDY MACDONALD です。アレクサンダー・マクドナルド社で作られていたスコッチウィスキーです。アレクサンダー・マクドナルド社とグリーンリース・ブラザーズ社が19世紀に合併し、サンディ・マックとして出来た会社が発売していたものです。ボトル中央に描かれている肖像画は、アレクサンダー・マクドナルド社の創業者で、気さくな人柄だったようで、「サンディ」「マック」などと親しみを込めて呼ばれていたため、その呼称がそのままお酒の銘柄として起用されたそうです。
クリックすると拡大

こちらは中国のお酒で白酒(パイチュウ)の種類に入る茅台酒です。貰い物で、貰った時期は1972年±3年だと思います。貴州茅台酒(KWEICHOW MOU-TAI CHIEW)と書かれています。
クリックすると拡大

茅台酒は貴州省で作られている世界的に有名なお酒で、この茅台酒のアルコール濃度は55%です。クリックすると判ります。
クリックすると拡大

中国のお酒のように見えますが、日本酒です。銘柄は小鼓で原酒のようです。
クリックすると拡大

清酒で一級原酒と書かれています。西山酒造の1974年11月6日製造のものです。
清酒は新し内に飲むものなので41年も経過したものが飲めるものかどうかわかりません。お酢に変化してしまっているかもしれません。同じ醸造酒の中国の紹興酒などは古酒として珍重する場合があります。日本酒ではどうでしょう。
今回の銘柄をネットで調べてみると西山酒造は健在で小鼓という名の大吟醸でロンドン酒チャレンジ金賞、・モンドセレクション3年連続最高金賞、ITQI優秀味覚賞2年連続3ツ星金賞、・ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞などの賞をとっていました。


これらが今回紹介のお酒です。
クリックすると拡大

皮ごと食べれるシャインマスカット [話題]


クリックすると拡大
昨年に引き続き、関西の親しい人から大きなブドウが2014年8月24日に届きました。私はすでに紹介の通り8月25日~9月5日まで海外に行っていたことから報告が遅れました。それにしてもラッキーでした。送り先のホームページではシャインマスカットは8月25日頃からのお届けを予定していると書かれていたのです。もし一日違いの8月25日に届いていたらクリックする拡大食べることが出来なかったからです。8月24日と8月25日の朝に思いっきり食べさせていただきました。右の写真は昨年届いた葡萄です。同じ村松農園に注文したようです。上の写真の左側は昨年に2房ほど頂いたナガノパープルで右側が初めて食べるシャインマスカットでした。シャインマスカットもナガノパープルと同じように種無しで皮ごと食べれる品種です。

これがシャインマスカット(Shine muscat)です。ナガノパープルは巨峰系の皮ごと食べれるブドウですが、シャインマスカットは名前の通り、マスカット系の皮ごと食べれるブドウなのです。皮ごと食べれるブドウとしては岡山のマスカット系の「桃太郎ぶとう」はよく食べましたが、シャインマスカットは初めてでした。
シャインマスカットは、安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)と白南(カッタクルガン×甲斐路)を掛け合わせて育種されたブドウで、登録番号はぶどう農林21号だそうです。シャインマスカットはマスカット系の上品な味わいで皮も気にならない美味しいブドウでした。両方の味を体験で来て最高でした。
クリックすると拡大

味わいを感じてもらうためにブドウを切ってみました。透き通った見事なマスカット色の果肉で、薄いパリッとした皮の歯ざわりが美味しさを増しているようでした。右の写真のナガノパープルとはまた違った味で食感の果肉でした。是非とも下の写真をクリックしてみてください。
クリックすると拡大

味わいをかんじていただくために、切り口を拡大してみました。
クリックすると拡大

黄色のマークが今回のナガノパープルとシャインマスカットの生産場所です。
クリックすると拡大  名称 村松農園
  住所 長野県東筑摩郡生坂村北陸郷8501  事務所
      長野県東筑摩郡生坂村北陸郷14137  農園
  電話 0263-69-2744
  PDF http://www.m-farm.com/papuru7.pdf


作りたての「くず餅」も美味しかったです。 [話題]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
クリックすると記事を表示前記事で2014年8月19日にお土産の下見に行ったときに右の写真の「わらび餅」買って帰ったことを報告いたしましたが、海外のお土産を買いに行った8月24日に、気に入った「わらび餅」を買いましたが、もう一つ気になっていた上の写真の「くず餅」も買いました。海外用のお土産は旬の「うり」と「かぼちゃ」の京漬物にしました。賞味期限を考えて出発の前日に買いに行ったわけです。

きな粉の「わらび餅」と「くず餅」を2個づつ買いました。「わらび餅」と「くず餅」は同じ値段で計4個で1080円(270円/個)でした。「わらび餅」は野菜室の保存ですが、「くず餅」は冷蔵室が良いとのことでした。「くず餅」も「わらび餅」と同じくその場で作った、出来立て・作りたてでした。
クリックすると拡大

「くず餅」の切り口です。透き通った弾力のある食感は、すばらしかったです。さすが作りたての味でした。くず餅はマメ科クズ属の葛(クズ)の根のデンプンから精製された粉である葛粉(くずこ)から作られた餅です。クリックすると拡大

お茶と一緒に頂きました。張りのある食感に、うっすりとした甘さと小豆が絶妙のバランスでした。すでに紹介のわらび餅と甲乙つけがたい美味しさでした。
クリックすると拡大

葛粉の原料となる葛(クズ)の地上部分の写真で、空き地などに普通に生えているツル性の植物です。ただし根の採取が重労働となるなる上、良質の葛粉を作るには、単純作業で、手間と、ひまと、根気が必要とされることなどから、100%葛のデンプである本葛粉は非常に高価です。右の写真は家から歩いて30秒で行ける空き地に生えていたクズ(葛)です。下の写真は家から歩いて3分の場所に生えているクズです。クズの名は、かつてのクズ粉の産地である吉野川上流の国栖(くず)の地名に由来しているそうです。
クリックすると拡大  門  : 被子植物門 Magnoliophyta
  目  : マメ目 Fabales
  科  : マメ科 Fabaceae
  亜科: マメ亜科 Faboideae
  連  : インゲンマメ連 Phaseoleae
  亜連: ダイズ亜連 Glycininae
  属  : クズ属 Pueraria
  種  : クズ P. lobata
クリックすると拡大

上の写真の中にクズの花も咲いていましたので、花の部分を拡大いたしました。
3枚のクズの写真は、2014年9月12日の早朝のワンコの散歩で見つけたので、すにぐカメラを持って戻って撮ったものです。
クリックすると拡大

翌日は海外に出発するので「わらび餅」も買ってきたその日に頂きました。今回、抹茶ではなく、きな粉にしたのは、家内がきな粉が好きなためです。
  店名 和菓子村上 船橋東武店(金沢和音)
  住所 千葉県船橋市本町7-1-1 東武百貨店船橋店B1F
  電話 047-425-2211
  営業 10:00~20:00  ただし日曜 10:00~19:00
  定休 無休 (営業時間、定休日は百貨店と同じ)
  本店 石川県金沢市泉本町1-4
クリックすると拡大

電車に乗って東武百貨店まで行ったので夕食用の刺身も東武百貨店で買ってきました。刺身セットには本マグロとカンパチとシマアジと平目が入っていました。ここはいい魚が置いてあるので、来る機会があると、魚を買って帰ります。関西では年末年始になると立派な「とらふぐ」がどこのお店でも手に入いりますが、千葉では、その立派な「とらふぐ」が手に入る数少ないお店の一つなのです。海外へのお土産の下見に来た8月19日の時もシマアジとホウボウの刺身を買って帰りました。
クリックすると拡大

美味しいビールも当分はお預けなので、ビールでお刺身をいただきました。


冷奴用の豆腐も東武百貨店で買ってきました。日本を満喫した、一日でした。
クリックすると拡大

ニラとキノコとハムの炒め物も一品つきました。
クリックすると拡大