So-net無料ブログ作成
検索選択

青島ビール祭り会場に行ってきました。 [ビール]



今、中国の青島(チンタオ)に来ています。
青島には2011年8月28日(日曜日)に入りましたが、実は8月28日は第21回青島国際ビール祭りの最終日だったために会場に来て見ました。
これが会場の入口のモニュメントです。地球をカップに見立てたようなモニュメントでした。

会場に入るのは有料です。中国語はわかりませんが使われている文字から昼間は10元で夜は20元と思われます。この時は17時27分で、そんなに混んでいなくて、すんなりと入れましたが、我々が帰る時間帯には沢山の人で溢れていました。


ここは青島ビールのテーマパークのような施設で、その敷地の中に世界のビール会社が仮設の大きな建物で作って行われる祭典でした。実は中国の人が世界のビールが飲めるお祭りなのです。この写真はクリックすると別画面で動画を見ることが出来ます。
クリックすると動画

一番人気は、このドイツのビール会社で建物の中だけはなくて屋外のテーブルも沢山の人が座っていました。まだ早い時間帯なのでこれでも少ないのです。
クリックすると動画

動画をアップしました。上の写真をクリックすると別画面で動画を見ることが出来ます。


もちろん中国の青島ビールも大きな会場を開いていました。


青島ビールに関しては恒久的なビアホールもありました。


本来は夕食を兼ねてこちらに来たのですが、簡単なつまみ程度しかないのでビールをこちらで楽しんだ後にホテルの近くの海鮮料理のお店で夕食を食べることにしました。ここでは、この写真のドイツのビール会社でビールを飲みました。


建物の中にはステージがありいろんな催しが、行われていました。ステージに近いテーブルはすでに満席だったために遠いテーブルになりました。このときが17時38分でした。


ステージをズームアップしました。動画も撮ったので掲載したいのですが、残念ながら中国ではYouTubeにアクセス出来ないため帰国したら追加掲載させてもらいます。本日、帰国するので夜には追加させてもらいます。
クリックすると動画

動画をアップしました。プレーボタンをクリックしてもらうと雰囲気がわかってもらえると思います。上の写真をクリックすると別画面で動画を見ることが出来ます。


ビールは1㍑と3㍑と5㍑がありました。値段は輸入のビールということで思った以上に高かったです。地元の青島ビールの会場にするか、ドイツビールにするか悩みましたが中国の人も一緒だったので、このドイツビールの会場を選びました。


思い切って一番高い600元(約7300円)の5リットル樽を頼みました。これが結構、飲み応えがありました。


つまみは、串焼きと枝豆と茹でピーナッツを頼みました。串焼きはイカと肉が3種類です。


アルバイトの店員さんはドイツ風の服を着ており楽しそうでした。


歌もありました。この人はカザフスタンの人でした。中国語は出来ないようで英語と中国の通訳の人が入って話しをしていました。


ステージ側からテーブルを撮りました。本当に沢山の人でした。


男性の歌手の人も歌っていました。


5リットルを飲み終わったのが18時45分でした。外に出ると暗くなってきた上に、さらに人が増えていました。この写真はクリックすると別画面で動画を見ることが出来ます。
クリックすると動画

沢山の人が警備の人を撮っていました。


まったく身動き一つしないのは中国の人にとっても珍しいようです。


日本のビール会社も出展しているとのことでしたが探し出すことは出来ませんでした。今回は広い会場のため20%程度しか散策できませんでしたが迫力がありました。人気のドイツのPAULANERのお店は相変わらず沢山の人で溢れていました。


出口付近ではいろんな会社の5リットル樽が売られていました。同じサイズなので、おそらく青島ビール祭りバージョンなのではないでしょうか。


もちろん青島ビール(青島啤酒)も売られていました。


我々が最初に入ってきた入口ですが、会場に入る人が長い行列を作っていました。このときが18時56分でした。


モニュメントの前では皆さん座って夕涼みです。


最初に紹介したモニュメントも暗くなって雰囲気が変わりました。


実は2年前にも青島ビール祭りのときに青島に来ました。
その時は、この会場の場所がわからなかったので青島ビール直営店で夕食をとり、町の中でビールを楽しみました。→ポチッ
初めて行く人のために会場の場所を紹介しておきます。赤いマークの場所が青島ビール祭りが行われるテーマパークです。この会場の前の海は砂浜で中国では珍しい海水浴場になっていました。ただし水着の人は見かけなくて皆さん普段着のままで海岸を散策されていました。水色のマークは泊まったホテルの場所です。

より大きな地図で 青島ビール祭り会場 を表示
会場の航空写真です。建設途中のような感じです。楕円形の建物が恒久的な青島ビール館です。モニュメントなども確認できます。


夕食は海鮮レストランに行くつもりでしたがビールを飲みすぎたために泊まったホテルでの食事に切り替えました。日本食店があったために軽めの料理を日本人の料理長にお任せして出してもらいました。


海外の高級な日本食店では刺身は日本から輸入することが多いのですが、さすが青島は海鮮の町だけのことはありました。全て地元で調達した新鮮なものばかりでした。この写真だけはクリックすると拡大するように設定いたしました。
クリックすると拡大

:

4人でコースランチ パッキア [イタ飯]

が表示された写真はクリックすると拡大します。


一週間前の2011年8月21日には家族4人でいつものイタリアンレストランのパッキアさんに昼食を食べに来ました。この日は4名と言うことでコースにしました。料理の写真は、いつも通りに本記事に追記させてもらいました。
ランチコースに関してはすでに紹介している通りに前菜として「地中海風気まぐれサラダ」か「5種類の盛り合わせ」が選択出来ます。
そしてメインとしてピッツアかスパゲッティーのどちらか一品が選べます。4人でシェアすれば10種類料理が食べれるのです。そしてお得です。ランチコースは1680円ですが上の「地中海風気まぐれサラダ」を単品で頼めば1400円なのです。全て単品で頼むと一人3300円程度になりますがそれが1680円なのです。

こちらが、この日の前菜5種類の盛り合わせです。「ブリのカルパッチョ」に「スモークサーモン」に「ホタテの生ハム巻きのフライ」に旬の「秋刀魚のマリネ」です。真中はシーフードが入ったコーンチャウダーでした。こちらはクリックすると拡大します。
クリックすると拡大

4人でピッツアを2つとスパゲッティーを2つ頼みました。これはパルマ直送の「生ハムとルッコラのピッツア」です。いままでも、同じお店で生ハムとルッコラのピッツアを食べたこともありますが、こんなに生ハムで埋め尽くされたピッツアは初めてでした。料理は名前が同じでも進化してきています。他の料理もそんな傾向があります。


4つに切られて出てきました。それを自分のさらに取りわけるのです。


これは今までに何度も食べて紹介もしたシーフード具だくさん魚介類ピッツアです。


こちらは8つに切られていました。4人であることを意識してくれていました。美味しさを感じてもらうために大きくしました。


メニューの名前は「小海老・モンゴウイカ・ほうれん草トマトソーススパゲッティー」でしたが、小海老ではなく迫力の大きな海老が使われていました。これは美味しかったです。


もちろん4人に取り分けて食べました。


自家製ベーコンとアスパラのカルボナーラです。これは初めて食べました。こちらも良かったです。


取り分けたところで拡大写真を撮りました。


コースのランチでは種類は選べませんがデザートが付いています。それだけに自慢の味です。


この日も食後の飲み物は紅茶にしました。


ランチ時間は今までは予約はしませんでしたが、最近はお客さんが増えてきたようで、この日は予約させていただきました。どうやら予約したのは正解だったようです。スロープが新しくなっていました。昔のスロープを見たい方は、こちらの記事の一番最後の写真を見てください。



5日前の8月16日にも2人でランチを食べに来ました。その時はランチコースではなく単品でした。基本的に一皿1000円なのでこの日は2人で2000円でした。コースだと食べ過ぎてしまうとの判断でした。
マレリーナ(ニンニクとトマトソースとアンチョビとオレガノ)のピッツアです。


大きくすると美味しさが伝わってきます。


自家製ベーコンと揚げ茄子のトマトソーススパゲッティーです。茄子は大きなものが使われていました。


こちらは2人に取り分けました。2人だと2種類ですが4人だと4種類食べれます。



2011年2月12日掲載 タイトル:アサリと小ネギのボンゴレビアンコ

クリックすると拡大
昨日(2011年2月11日)は家内が関西に帰省したため昼食は子供と外食することになり、いつものイタリアンレストランに行くことにしました。いつもは単品にするのですが、この日はランチコース(1680円)にいたしました。
コースの内容は「前菜」と「スパゲッティーかピッツア」と「デザート」の組あわせです。
前菜も2択で「5種類の前菜の盛り合わせ」か「地中海風きまぐれサラダ」から選びます。2人だったのでそれぞれ別のものを頼んでシェアーすることにしました。上は写真は「5種類の前菜の盛り合わせ」です。右上がアン肝、左上がブリのカルパッチョ、左下がつぶ貝、左下がアジのカルパッチョで真ん中が鶏肉が入ったスープでした。あん肝の下の野菜は菜の花でつぶ貝の下の野菜はルッコラです。イタリアンパセリもブリのカルパッチョに使われていました。使われているソースもそれぞれに特徴がありました。

こちらがもう一つの前菜である「地中海風きまぐれサラダ」です。
クリックすると拡大

ピッツアは好きなものが頼めます。今日はマルゲリータ(トマトとバジリコのピッツア)を選びました。
クリックすると拡大

スパゲッティーは「アサリと小ネギのボンゴレビアンコ」を選びました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大IMG_6149-480.jpgすべての料理に対して新しいお皿が出されます。普通は2名なのでお皿も2枚ですが、この料理はアサリの殻を出すために3枚のお皿が出されました。それもスープが多い料理なので深皿が出てきました。そんな心遣いが気持ちよく感じられました。
アサリと小ネギのボンゴレビアンコは沢山のアサリが使われており底に溜まった沢山のスープが美味しい料理でした。ボンゴレ(VONGOLE)はイタリア語で『アサリ』のことでビアンコ(BIANCO)は『白』で、白ワインを使った料理のことだそうです。白以外のアサリのパスタではトマトソースのボンゴレロッソ(赤)、イカ墨のボンゴレネロ(黒)、 ジェノベーゼのボンゴレベルデ(緑)がネットで書かれていました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大飲み物はいつも紅茶を頼んでいます。今日も紅茶を頼んでしまいました。デザートはシフォンケーキと桜のアイスクリームにフルーツでした。桜のアイスクリームは桜饅頭のような風味で洋風味と想像していただければいいと思います。これは美味しかったです。コースの値段は1680円ですが同等のものを単品で頼むと2700円くらいになってしまうのでかなりお徳でした。
クリックすると拡大


2011年2月9日掲載 タイトル:イベリコ豚の生ハムと黒トリュフ
クリックすると拡大
いつものイタリアンレストランに4人で食べに行きました。クリックすると拡大すると部屋の真ん中あたりに大きなハムの塊が置かれていました。そして壁の黒板には本日のお薦め「イベリコ豚の生ハム・ハモンベジョータ」と書かれており迷わずお願いいたしました。左の写真は大きな塊からハムを切り取っているところです。足に付いているタグにはJAMÓN CURADOの文字が書かれていました。スペイン語で生ハムのことです。やはりハムの塊はイベリコ豚の本場であるスペインのもののようです。

クリックすると拡大これが「イベリコ豚の生ハム・ハモンベジョータ」です。是非とも右の写真はクリックしてみてください。
イベリコ豚は黒豚のひとつで地中海地方に起源を持ち、主にイベリア半島の中央部から南部、スペイン西部からポルトガル東部にかけてみられます。脂身には餌であるドングリ由来のオレイン酸を多く含むそうです。脂肪分はいわゆる霜降り状に付いているが、この特色は飼育法と品種的な特徴の両方が影響しているそうです。イベリコ豚は品種名であるだけではなく特別な飼育法で育てられますが、最大の特徴は放牧を行うことだそうです。
放牧する事により筋肉に変化がおき、赤身が強く乳酸率が高くなり、熟成する事で脂肪との親和性が高くなり、結果、味わいのバランスが良くなると云われています。
確かに食べてみると普通の生ハムとは違う味わいで脂の味に特徴がありました。
クリックすると拡大

イベリコ豚の生ハム以外の食べた料理を紹介いたします。これは具だくさんのシェフ気まぐれサラダです。確かに沢山のシーフードが入っていました。
クリックすると拡大

スパゲッティーは前に食べたことのある「青森産ニンニクと唐辛子のスパゲッティー」です。写真をクリックすると前回の時の写真を掲載します。
クリックすると拡大

こちらは「たっぷりきのこのピッツア」です。なんと黒トリュフを目の前でスレイスして乗せてくれました。
クリックすると拡大

こちらは「イタリアンサラミのピッツア」です。
クリックすると拡大

もう一つクリックすると拡大変わった素材を使った料理を頼みました。ヤガラのグリルです。ヤガラは以前紹介した魚で白身の美味しい魚ですが形が変わっています。形に興味がある方は是非とも前に紹介した記事を見てください。→ポチッ
クリックすると拡大

今回はデザートを頼むことにしました。飲み物は紅茶にいたしました。


デザートは4人ともに違うものを頼みました。クリックすると拡大いたします。
クリックすると拡大クリックすると拡大
クリックすると拡大クリックすると拡大


2010年8月31日掲載 タイトル:自家製ベーコン
クリックすると拡大
先日(2010年8月13日)、昼食に、いつも利用しているイタリアレストラン「パッキア」さんで、上の写真のトマト系ソースの「自家製ベーコンとほうれん草のピリ辛スパゲッティー」を食べました。アマトリーチェ(Amatrice)と呼ばれるタイプのスパゲッティーです。

相変わらず、トマトソース系のスパゲッティーは美味しいです。これはベーコンの味ともマッチして美味しかったです。
クリックすると拡大

上のスパゲッティーを注文をして横のテーブルを見ると肉の塊が置かれていました。これはハムですか?クリックすると拡大と聞くと「これが、今、注文されたスパゲッティーに使用されている自家製のベーコン」との答えでした。
これはスモークしたばかりなので、あと1日寝かしてから使うとのことでした。
それを聞いて自家製ベーコンを使ったピッツアを食べたくなりましたが、この日は昼食の上、娘と2人だけだったので、沢山は食べれないために、ピザは次の機会にすることにしました。
そして日曜日(2010年8月29日)に4人で自家製ベーコンのピッツアを食べに行きました。その時の料理は後で紹介いたします。
クリックすると拡大

右下のテーブルの上に置かれているのが、作りたての自家製ベーコンです。余談ですが、こちらのお店の柱にはワインのコルクが貼り付けられています。
クリックすると拡大

もう一品頼んだのがジャガイモの香りと味のニョッキです。この日(2010年8月13日)に注文したのは、この2品だけでした。
クリックすると拡大

そして、これが日曜日(2010年8月29日)に食べた「自家製ベーコンと4種類のチーズのピッツア」です。塩味の効いた独特の味に仕上がっていました。ベーコンとチーズだけのシンプルナピッツアでした。何度も来ていますが<4人で行くと8枚、3人で行くと6枚と人数の倍数で切ってくれるのも<うれしいです。5人で行くと5枚に切ったものが出されてきます。
クリックすると拡大

一部を拡大しました。トマトソースはかかっていないシンプルさが、わかってもらえると思います。チーズにはこだわっていました。


この日に頼んだ料理は7品でした。食べた自家製ベーコンのピッツア以外の料理もすべて紹介いたします。これは「伊豆産 黒ムツのカルパッチョ」です。ドライトマトが印象的でした。
クリックすると拡大

こちらは「具だくさんのシェフ気まぐれサラダ」です。今までも同じ名前のサラダを頼みましたが、いつも違います。暖かいものと冷たい魚介類iに同じく暖かいものと冷たい野菜が盛られていました。
クリックすると拡大

この日は、もう一品んピッツアを頼みました。「シーフード 具たくさん魚介類のピッツア」です。
クリックすると拡大

スパゲッティーも頼みました。これは今までにも何度も頼んだことのあるオイル系の「サンダニエール産生ハムとルッコラのスパゲッティー」です。左側が出された状態です。右が4人に取り分けた状態です。クリックすると拡大します。
クリックすると拡大クリックすると拡大

こちらのスパゲッティーは「たっぷり野菜とトマトソースのスパゲッティー ポモドーロ」です。トマトソース系は是非とも一品入れております。
クリックすると拡大

この日のメインデッシュには「イベリコ豚 中おちカルビ タリアータ」を頼みました。4人で食べてもタップリの量があったのはうれしいです。松茸も入っているなど、いろんな野菜がトッピングされていました。細い白いものはパルメザンチーズです。右上の緑色のマスタードをつけて食べました。
クリックすると拡大

香ばしい味わいを紹介したいので拡大写真を掲載させてもらいました。お店の名前を紹介しておきます。
  名前 パッキア(Pacchia)
  休日 木曜日・第2水曜日
  住所 千葉県佐倉市中志津6-16-1
  時間 ディナー 17:30~22:30   ランチ 11:30~15:00
  種類 イタリア料理
  電話 043-463-8889
クリックすると拡大

2010年3月21日掲載 タイトル:トマトとバジリコ&モッツァレラピッツア

クリックすると拡大
一昨日(2010年3月19日は)はの卒業式でした。そこで昨日は卒業祝いと言うことで、食べたいものと聞くとイタリア料理とのことなので、いつものお店を予約いたしました。ただしこの日は予約が沢山入っているので、予約時間が確定出来ないとのことなので、席が空くと家に電話してもらえることになりました。電話がかかってきたのは19時50分ごろでした。写真は今回初めて食べたマルゲータ(トマトとバジリコ&モッツァレラチーズ)ピッツアです。トマトが丸々乗っているのが美味しかったです。

トマトとバジリコ&モッツァレラチーズピッツアの全体です。これは3番目に出されてきました。トマトとモッツァレラチーズだけのシンプルなところが新しく感じられました。前菜で有名なカプレーゼをそのままピッツアにしたような料理でした。
クリックすると拡大

こちらが最初の料理です。自家製スモークサーモンのサラダです。自家製のためか新鮮な味わいでした。
クリックすると拡大

次が白子のカツレツです。少し甘めのトマトのあら切りの入ったソースが、この料理にあいました。ソースは追加でいただきました。臭みがないのにも驚きました。口当たりを楽しむ料理でした。大きな課玉に塊が3っあったためみんなで取り分けても十分にボリュウムもあり、頼んで正解でした。
クリックすると拡大

スパゲッティーは人数と同じかひとつ少ない複数を頼んでいましたが、この日はいろんな料理楽しみたかったので一品にしてみました。この日、頼んだのはフレッシュトマトのシンプルスパゲッティーです。一品頼むのであれば、やっぱりトマト系なのが、我が家流です。
クリックすると拡大

メインで頼んだのが地鶏のカリカリコンフィです。煮込んだ地鳥をオープンで表面をカリカリに焼いたものだそうです。確かに中がやわらかくて香ばしい美味しい料理でした。手前のグリーンマスターが、またよかったです。
クリックすると拡大

地鶏のカリカリコンフィには野菜とジャガイモがついていました。そのジャガイモが変わっていました。サツマイモのように中が黄色いジャガイモでした。名前は「インカのめざめ」でした。味も普通のジャガイモと違い若干甘みのある濃高な味でした。
クリックすると拡大 インカのめざめ

こちらが本日のお薦めメニューです。読みにくい場合は画像をクリックしていただくと、読みやすくなると思います。
クリックすると拡大


2010年1月4日 イタリアンな「あんこうの煮込み」

正月なので、昨日2010年1月3日に久しぶりに、よく行くイタリアンレストラン(Pacchia) に食事に行きました。3人で迷った末に決めた料理です。先ずは「ホタテと野菜のグリルサラダ」です。焼き色の付いたホタテが美味しそうです。取分けて、いただきました。
クリックすると拡大

スモークアンチョビとタマネギとオリーブのピツッアです。カリカリしたピツッアが好きなのでこれからは必ず頼むことにいたします。
クリックすると拡大

スパゲッティーは2種類、頼みました。これはサンタニエーレ産生ハムとルッコラのスパゲッティー何度か食べたことがありますが何度食べても美味しいです。下のほうにも掲載されています。
クリックすると拡大

生ハムとルッコラを取分けると麺が見えてきました。
クリックすると拡大

これが、もう一つのスパゲッティーです。これはも食べたことのあるアンチョビとオリーブとケッパーとトマトソーススパゲッティーです。


お薦めのメインのメニューです。ここから「あんこうの煮込み」料理を選択しました。ステーキも500gと書かれていることから、いずれも取分けることが前提の量のようです。


これが、今日の話題の「あんこうの煮込み」です。あんこう以外にも牡蠣、蟹、アサリなど、いろんなシーフードが入っていました。しっかりとイタリアンの味になっていました。この写真は是非ともクリックして拡大写真を見てほしいです。
クリックすると拡大

クリックが面倒な方のために拡大写真を掲載しました。取分け皿以外にスープ専用の器も出してもらえるのでスープも楽しむことが出来ました。さらに、残ったスープを使った別の料理を楽しむことが出来ました。
クリックすると拡大

これが残ったスープで作ってもらったリゾットです。500円追加すれば美味しいリゾットが楽しめるとことだったので、すぐに頼みました。確かに美味しかったです。
クリックすると拡大

が表示された写真はクリックすると拡大します。

お店の名前はパッキア(Pacchia)
 定休日 木曜日・第2水曜日
 千葉県佐倉市中志津6-16-1
 ディナー 17:30~22:30   ランチ 11:30~15:00
 イタリア料理
 Tel:043-463-8889


2009年8月14日 気軽に行けるイタリアレストラン


昨日(2009年8月14日)、久しぶりによく行くイタリアレストランに夕食を食べに行ってきました。このレストランは2年半前の2007年2月4日にコチコミで教えてもらい、スパゲッティーの美味しさが気に入って以来、今まで何度も訪れました。そこで、全てではありませんが、2年半今まで食べたきた料理を順を追って紹介いたします。写真の枚数が多いけれど是非とも見てください。料理の写真はクリックすると拡大するので気に入ったのがあればポチッしてみてください。記載している日付けは全てレストランに行った日です。
昨日(2009年8月14日)の料理はブログの最後に掲載しております。

2007年2月4日は家族での外食でした。当日に電話で確認すると席が空いていたので予約して4人で食べに行きました。お店はイタリアレストランです。値段も手ごろで美味しかったので掲載します。
この日食べたのは2680円のコースです。出てきた順番に掲載します。すべて大皿に出てきて各自のお皿に取り分ける方式です。

最初は4種類の前菜が順番に出てきます。
  あんきも⇒鰯の刺身のマリネ⇒牡蠣のフリッター⇒牛肉のたたき
   鰯は特に新しかったです。
クリックすると拡大

次はピザです。薄手のピザで美味しかったです。
クリックすると拡大

スパゲッティーは2種類を自由に選択できます。先ず選んだのは野菜タップリのスパゲッティーです。
クリックすると拡大

次に選んだのがシーフードのトマトソース・スパゲッティーどちらもよかったです。どちらも麺が少ないように得ますが具の下にタップリと入っていました。
クリックすると拡大

メインディッシュは魚と肉です。最初に魚が出てきました。 カレイです。新鮮でした。
クリックすると拡大

メインディッシュ 子羊の骨付きカツ
クリックすると拡大

デザートは2種類あります。これも2680円のコースで出てくるとはおもえないものでした。
先ずはケーキ類です。
4人なので最初から4種類づつ選んで出てきました。どれを食べるか4人で順番に選んでいきます。
クリックすると拡大

次はアイスクリーム類です。これも4個とも違う種類を持ってきてくれました。
クリックすると拡大      

上のデザートから2種類選び好きな飲み物を頼めます。



2007年3月4日 トマトソースのスパゲッティー

実は今日の夕方にお蕎麦を食べに行きました。お店は前に紹介した「ちょっと得した気分になる蕎麦屋さん」です。午後6時15分に到着したのですがすでにお蕎麦が売れ切れてしまっていました。
そこで前に気に入った「気軽に行けるイタリアレストラン」に行くことにしました。

私が頼んだのがトマトソースのスパゲッティーです。これが美味しいお店は他のスパゲッテイィーも美味しいはずなのです。かなり満足しました。お勧めです。ふりかけるチーズはおろし金とチーズの塊を出してくれます。最初はチーズを掛けないでトマトソースだけの味を楽しんでからチーズを掛けることをお薦めします。2つの味が楽しめます。写真をクリックしてみてください。美味しさが伝わるかもしれません。
クリックすると拡大

ピザは2人で分けました。焼きたてなのでピザ専門店より遥かに美味しいです。この写真もクリックしてみてください。
クリックすると拡大

生ハムとルッコラのスパゲッティーです。これも少し味見をさせてもらいましたが美味しかったです。この生ハムとルッコラの下にスパゲッティーが隠れているのです。
   もしかしたらルッコラて! これ?⇒ ポチッ
クリックすると拡大


2007年12月29日 久しぶりにイタ飯を食べに行きました。

2007年12月29日は、いつものお気に入りのパッキア(Pacchia)さんに行きました。イタリアのレストランではスパゲッティーは前菜で最初のころに出てきますが、ここも同じように サラダ ⇒ ピッツァ ⇒ スパゲッティー ⇒ メインの順に出てきます。スパゲッティも含めて真中に出してもらって取り分けて食べたのですべての料理を味わうことが出来ました。

先ずはサラダを2品を紹介します。
これは「具だくさん気まぐれサラダ」です。シーフード中心のサラダでした。
クリックすると拡大

こちらは「野菜いっぱいのシンプルサラダ」で暖かい野菜が混ざっていました。冷たい野菜と暖かい野菜が混ざっているのが良かったです。
クリックすると拡大

ピッツァも2品を紹介いたします。
お店の自家製タバスコ(右)とオリーブオイルが出てきました。「見かけによらず、かなり辛いので注意してください」と言われました。確かに辛いけれど風味があって美味しかったです。
焼きたて熱々のカリッとしたピッツァは宅配では味わえない美味しさです。これは「具だくさん魚介類ピッツァ」です。このピッツァを頼むのは2回目ですが、やっぱりシーフードはピッツァに合いますね。
クリックすると拡大

こちらは「きのことモルタデッラのピッツァ」です。今回、現物を見てモルタデッラがハム又はソーセージの種類だったことを知りました。
さっそくネットでモルタデッラを調べました。
モルタデッラ(mortadella)は、イタリア、エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャで伝統的につくられてきたソーセージ。
モルタデッラは世界でも例を見ない製法によって作られます。まず最初に、厳選した豚肉を用意し、所定のミンチ機で3度の異なる工程にかけてクリーム上の練り物にします。それから、主に、脂身の中でも最も珍重される喉の部分の脂身から取ったサイコロ状の豚脂<ラルデッリ>の塊を加えます。つづいて、これらを混ぜ合わせ、塩と天然香辛料で味をととのえてから腸に詰め、乾燥空気を用いた特殊なかまを使ってボイルします
ふんだんに並べられたモルタデッラの下に沢山のチーズとキノコが隠されていました。
クリックすると拡大

スパゲッティーは7種類紹介いたします。そして今回はお店の人の提案でスパゲッティーを取り皿方式で食べました。すべてのスパゲッティーが味わえるのです。熱々の取り皿が次から次へと出て来たのには驚きでした。

先ずは「青森産ニンニクと唐辛子のスパゲッティーニ」ニンニクの香りと味が利いた美味しい一品でした。名前の通りニンニクスパゲッティーでした。見た目もきれいなのが良かったです。スライスしたニンニクを焦がさずに同じ具合に焼くのは、すごく手間がかかることを神戸のステーキ屋さんで知りました。
焼くところを掲載しているので見てください。⇒ポチッ
ニンニクのスライスを焼いて香りをつけた油をスパゲッティーに使っているのだと思います。見た目以上に手間のかかる料理です。感謝!
クリックすると拡大

これは「小海老と海老みそのスパゲッティー」です。初めてクリーム系のスパゲッティーを食べましたが、すごく好評でした。初めてのクリーム系でしたが麺の茹で加減と言い海老みその味と言い頼んで正解でした。
クリックすると拡大

オイル系、クリーム系とくれば次は当然、トマト系ですね。このスパゲッティーには「揚げ茄子・トマトソースのスパゲッティーニ」と言う名前が付いていました。酸味の利いたトマトソースの味は大好きなんです。
クリックすると拡大

こちらは印刷したメニューにはない、手書きのお勧めメニューにあったスパゲッティーでホタテと青森産ニンニクのスパゲッティーニです。一番上のニンニク・スパゲッティーの味に沢山のシーフードの味が混ざってなかなかの一品でした。こちらのお皿の廻りにも丁寧に焼いたスライスニンニクとイタリアンパセリが飾られています。きれいに並べられたニンニクのスライスとイタリアンパセリが一瞬、お皿の模様のように見えました。
クリックすると拡大

次のスパゲッティーは「アンチョビ・オリーブ・ケッパーとトマトソースのスパゲッティーニ」です。
クリックすると拡大

これは「ナポリタン風ミートボール入りスパゲッティーニ」です。
クリックすると拡大

これはオイル系のスパゲッティーで名前は「サンダニエーレ産生ハムとルッコラのスパゲッティーニ」です。麺が見えませんがクリックすると麺が見える混ぜた写真が見れます。
クリックすると混ぜた画像を表示                       

メイン料理は3品紹介いたします。
最初の料理は「イベリコ豚 薄切りグリル マスタードソース」で意外とボリュウムがありました。
クリックすると拡大

取り分けましたが十分の量だし、みんなに好評でした。ドングリを餌にして育てたのがイベリコ豚です。


これは新鮮金目鯛のオーブン焼です。大きな器で出てきました。これもお薦めの一品です。
クリックすると拡大

名前は確か「鶏肉の小悪魔風ピリ辛焼」でソースが美味しかったです。鶏半分が使われた大きな料理でした。気になる野菜が一つありました。竹の子のような洋風野菜です。
クリックすると拡大

竹の子のような食感の洋野菜の名前を是非教えてください。


スパケッティとピッツァのメニューです。料理のメニューは手書きで頻繁に変わるようです。黒板にも沢山料理の名前が書かれていました。
     


2008年2月28日 子供の誕生日はイタリアン

今日は子供の誕生日のお祝いのために、久しぶりに外食でした。希望を聞いた結果、イタリアンと言うことで去年の12月以来のパッキアとなりました。
サラダは3種類ありましたが、今まで食べたことのない種類にしました。「ほうれんそ草のサラダ・チーズ風味」です。半熟卵の味が利いておいしいサラダでした。写真をクリックすると混ぜ合わせた写真です。
今回も、すべての料理を3人で小分けできるように小皿を出してもらえました。いつもながらうれしいです。
クリックすると拡大

前菜として頼んだのが「釣りアジのカルパッチョ」でした。
クリックすると拡大

このお店で一番気に入っているスパゲッティーは3種類を頼みました。
先ずは「小エビ・紋甲イカとたっぷり野菜のスパゲッティー」です。 茹で加減はいつも感心してしまいます。
クリックすると拡大

トマト系は2種類で、最初は「自家製ベーコンとチョリソーとほうれん草のスパゲッティー」でした。
クリックすると拡大

次はズワイガニの身がタップリ入ったちょっと贅沢なスパゲッティーでした。何れも甲乙つけがたい味でした。
クリックすると拡大

イベリコ豚の薄切りグリルです。これは一度食べました。そのときはマスタードソースでした。
クリックすると拡大

今日のメインはブリカマ・ハーブロースでした。大きくて食べ応えがある料理でした。先着2名でで2人目だったそうです。
クリックすると拡大

メニューの一部を撮らせてもらいました。この中からは「ブリカマ・ハーブロース」と「ほうれんそ草のサラダ・チーズ風味」をいただきました。


裏面も紹介します。



2008年3月15日 ランチで初めて行きました。

このお店は、いつも夕食に利用していましたが、今日は初めて昼食で利用しました。今回は5名で注文したのはピッツァが2皿とスパゲッティーが4皿でした。
サラダとデザートと飲み物がついたランチ1680円がお得のようですが、今回は単品にしました。
クリックすると拡大

このピッツァでは「イタリア生ハムとルッコラのピッツァ」です。生ハムはイタリアらしいです。似たものを食べた記憶がありました。過去のブログを調べてみると「イタリア生ハムとルッコラのスパゲッティー」でした。
クリックすると拡大

これは「モルタデッラソーセージと野菜の薄焼きピッツァ」です。前に食べた「きのことモルタデッラのピッツァ」と似ていました。人数に合わせて5等分に切ってくれている心遣いがうれしいです。
クリックすると拡大

スパゲッティーでは「青森産にんにくと唐辛子のスパゲッティー」「自家製ベーコンとチョリソーとほうれん草のスパゲッティー」は前に食べたことがあるので、初めて食べた2皿を紹介します。
これは「小エビ・紋甲イカとたっぷり野菜のスパゲッティー」です。前回も同じ名前のスパゲッティーを食べましたが、野菜が違いました。前回は「きのこ」と「ブロックリー」でしたが、今回は「竹の子」と「菜の花」でした。それぞれ旬の野菜を使っているのがうれしいです。
クリックすると拡大

もう一つが「小エビとバジリコのトマトクリームソースのスパゲッティー」です。
クリックすると拡大


2008年5月17日 今日は2人でイタ飯でした。

前回は5人でしたが今回は2人でした。これは下のメニューにある"フルーツとまととモッツアレラチーズのカプレーゼ"です。
今回は大きなお皿が使われていました。今までのお皿と大きさが違うので写真だと量が少なくなったように見えるかもしれませんが、ご心配入りません。お皿がものすごく大きいくなりました。
クリックすると拡大

こらは"北海だこのアラビアータ風スパゲッティー"です。蛸のスパゲッティーはいいですね。きざみネギが乗っているのが面白いアイデアです。
クリックすると拡大

丁度ホワイトアスパラが食べたかったところにメニューで見つけたのですぐに注文してしまいました。麺はスパゲッツティーにしてもらったので"ホワイトアスパラとオオミゾ貝のスパゲッティー"です。
クリックすると拡大

メインは"天然ソゲ(平目)ハーブ風味グリル"を選びました。この料理に使われたハーブはお店の前に植えられているハーブでお店の人が摘み取りに行かれていました。採れたてハーブを使った料理でハーブの香りがよくついていました。2人だと料理の種類が限られてしまうのが残念です。
クリックすると拡大

今日は手書きのメニューから選びました。



印刷された方のメニューからは今回は選びませんでしたが、時々変わるので写真を撮っておきました。




2008年8月17日 プチトマトとバジリコのシンプルスパゲッティーニ

久しぶりにパッキアさんに来ました。これが今日の一押しです。酸味のあるトマトの味が生きていました。名前は「プチトマトとバジリコのシンプルスパゲッティーニ」です。
クリックすると拡大

前にも「具沢山の気まぐれサラダ」を食べました。今回の名前は「具沢山のサラダ」で乗っている具が違うのがうれしいです。タコの刺身が美味しかったです。見た目もすこし違いました。
クリックすると拡大

タラバ蟹のグリルです。3人で3本だったので、けんかにならなくて良かったです。
クリックすると拡大

これも初めてでした。「サラミ風味のボロネーズ クリームソーススパゲッティーニ 揚げ野菜添え」です。
クリックすると拡大

このスパゲッティーは一度食べたことがありました。2007年12月29日でした。「小海老と海老みそのスパゲッティー」です。上のスパゲッティーもクリーム系でクリーム系が2種類になったのがちょっと残念、オイル系にすれば、もっと違う味が楽しめました。
クリックすると拡大

今日のメイン料理で「尾長鯛のグリル」です。結構ボリュームがありました。
クリックすると拡大


2008年11月19日 5ケ月ぶりのスパゲッティー

これが「アンチョビとオリーブとケッパーとトマトソースのスパゲッティー」です。前にもいただいたことがありました。トマト系は大好きなので、また頼んでしまいました。こちらのパッキアさんではスパゲッティーのソースはトマト系とオイル系とクリーム系に大別されています。
クリックすると拡大

サラダはメニュー以外で出来るものを聞くと生ハムサラダが出来るとのことなので頼んでみました。
クリックすると拡大

生ハムで隠れてしまっていたので取分けたサラダを掲載します。それにしても生ハムがタップリと入っていました。
クリックすると拡大

あつあつのオニオニグラタンスープです。結構ボリュームがありました。
クリックすると拡大

この日はピッツアも頼みました。頼んだのは「具だくさん魚介ピッツア」です。
クリックすると拡大

料理の出てきた順番に紹介しているので冒頭のアンチョビとオリーブとケッパーとトマトソースのスパゲッティーをここでも載せさせていただきました。
クリックすると拡大

ちょっと変わったスパゲッティーを頼んでみました。トリッパー(牛の胃袋)の煮込みソーススパゲッティーです。美味しいクリーム系のソースでした。今日は3名でしたがスパゲッティーは2皿にして取分けました。
クリックすると拡大

最後はメインデッシュの「スズキのオーブン焼き」でした。大型のスズキの切り身が入った一品でした。
クリックすると拡大

今日は2階で食事をさせていただきました。



2009年2月20日 にんにく・唐辛子・トマトソースのスパゲッティー

またまた、近所のイタ飯屋さんに来ました。この日、6番目に出てきたにんにく・唐辛子・トマトソースのスパゲッティーです。この料理は後であらためて紹介いたします。
クリックすると拡大

この日に食べた料理を紹介いたします。最初に出てきたのは生牡蠣です。長崎小長井産だそうです。6個乗せる専用のお皿が面白いです。お皿の真中にオリーブオイルが入れられており、お好みでレモンとオリーブオイルをかけていただきます。
この日は4名でした。すべての料理を4人でシェアーいたしました。料理は出てきた順番に紹介しております。
クリックすると拡大

このメニューの中から牡蠣と下のサラダを選びました。


これは何度も食べている「具だくさんのサラダ」ですが、そのつど具が違うので飽きません。
クリックすると拡大

ピッツアとスパゲッティーはこのメニューから選びました。ピッツアを1品とスパゲッティーを3品紹介いたします。

ピッツアは「ピリ辛チョリソーとエリンギ茸」にしました。4人だと8っに切ってくれるし3人だと6っに切ってくれます。
クリックすると拡大

最初のスパゲッティーは「サンダニエーレ産生ハムとルッコラのスパゲッティー」です。全体が生ハムで覆われています。
クリックすると拡大

上の写真では麺が見えないので、取分けたところを撮りました。


次が「ホタルイカと菜の花のスパゲッティー」です。季節のスパゲッティーです。
クリックすると拡大

こちらのお店ではトマト系は外せないです。このお店のトマトソース系のスパゲッティーの美味しさにはいつも感心させられます。この日は「スパゲッティー アラビアータ(にんにく・唐辛子・トマトソース)」を頼みました。
クリックすると拡大

最後のメインデッシュはこのメニューから選びました。


選んだ料理は「イベリコ豚の肩ロースのグリル」でした。
クリックすると拡大


2009年8月14日 スモークアンチョビとオリーブとたまねぎのピッツア

久しぶりに来ました。これはタラバと帆立のサラダで初めてのメニューでした。
クリックすると拡大

これも初めてのピッツアでした。名前は「スモークアンチョビとオリーブとたまねぎのピッツア」塩味の利いたスモークアンチュビがピッツアとよくあっていました。
クリックすると拡大

今日はスパゲッティーを二品頼ました。いずれも新メニューです。これは自家製ベーコンとバジリコのスパゲッティーです。ジャガイモが印象的でした。
クリックすると拡大

こちらは生うにと生のりのスパゲッティーです。
クリックすると拡大

今日のメインはメバチマグロのカマ ハーブロースを頼みました。少し3人では量が多かったです。でも全て食べました。
クリックすると拡大

二階の雰囲気を紹介いたします。


入口の満席の表示も洒落ていました。

ついに婚活ブログ(?)が1位に!! でも! [日々]


2011年7月31日の早朝に婚活ブログと思われる11個の記事が突然に13位から23位にランクインされてことを報告いたしましたが、その後の推移は下記の通りです。8月2日の7時20分には2位~12位を独占してしまいました。そして8月3日の朝には1位に入りました。そして順位の変動はありますが3位~12位を独占している★HA☆NA★状態は変わっていません。短期間の躍進に驚きました。
さらに記事数が0の方のブログが13位に入っているのにも驚かされました。→ポチッ
同じ方の別のサイト(FC2)のブログとリンクされているのかもしれません。→ポチッ
8月3日の夕方には1位~10位を独占してしまいました。そして8月4日の夕方には正常に戻りました。記号「-」は順位が下がって確認出来ないことをあらわしています。
     7/31    8/2    8/3     8/4
  5:23 18:17 7:20  5:50 19:50 19:57 
  13位→ 5位→ 3位→ 6位→ 5位→  -
  14位→ 6位→ 2位→ 4位→10位→  -
  15位→ 7位→ 4位→ 3位→ 2位→  -
  16位→ 9位→ 5位→ 7位→ 3位→  -
  17位→10位→ 9位→ 9位→ 8位→  -
  18位→12位→ 6位→10位→ 7位→  -
  19位→11位→10位→ 1位→  -
  20位→14位→ 8位→ 8位→ 4位→  -
  21位→13位→ 7位→ 5位→ 1位→  -
  22位→15位→12位→12位→ 9位→  -
  23位→16位→13位→11位→ 6位→  -
下記の画面は2011年8月3日5時50分の日記・雑感でのブログランキングです。


2011年7月31日掲載 テーマ:突然 婚活ブログ(?)が上位にランクイン

今朝、私のブログテーマ別ランキング(日記・雑感)の順位が突然に26位に下がっていました。いつもはアクセス状況によって4位~15位の間を推移しているので驚いて日記・雑感をクリックしてみると2011年7月31日5時23分の時点で13位から23位の間に婚活らしきテーマのブログがランクインされていました。日付も7月24日~27日と不思議です。ランクを上げる特別な方法があるのかな?
あまりにも突然だったのでSo-netさんも画面の取り込みが出来ていないようで、画面の部分は「NOW PRINTING...」の表示となっていました。いずれのブログもniceは少ないので外部からのアクセスが多いのだと思います。
下記の画面は2011年7月31日5時23分の日記・雑感でのブログランキングです。