So-net無料ブログ作成
検索選択

狂犬病の予防接種に行ってきました。 [犬]


平成23年度の狂犬病予防集合接種に家内がワンコを連れて行ってきました。
注射の後に、もらった注射済票です。昨年までは長方形でしたが、今年から大きさも小さくなり形も洒落たものに変わりました。さっそく今日、首輪につけました。鑑札や注射済票は、法律で付けなければならないけれど忘れがちです。近所の人で迷子になったワンちゃんが、遠く離れた場所にも関わらず、この注射済票のおかげで見つかったことがありました。それ以来、首輪に忘れずにつけるようにしています。

昨年の注射済票です。一年間もつけっぱなしにしていると長方形がここまで変形してしまうのに驚きました。写真に写っている002222の番号は画像編集で変更してあるので本当は別の番号です。
昨年までは番号は刻印されていました。今年は印刷なのですれ切れて見えなくなる可能性があるため今年のものにはテープを上から張りました。さらに気になる面はあるけれども電話番号を裏に張っています。


近年、国内においては狂犬病の発生はありませんが、現在のところ治療法もなく一度発病してしまうと、致死率がほぼ100%の恐ろしい病気です。
海外では多く発生しており船に乗っている犬から流行し人への感染がありうるので狂犬病予防注射が義務付けられているそうです。
狂犬病は発症すると治療法が無いため、「咬まれたときから発症するまで」の期間に発症しないように処置することが、唯一残された対処法となります。一つの方法が感染後の発症予防に有効とされいる「抗狂犬病ガンマブロブリン製剤」ですが日本ではありません。もう一つの方法が、動物に咬まれた後のワクチン接種(暴露後ワクチン)です。咬まれたその日のうちに初回のワクチン接種を受けるのが原則だそうです。
tomoeさんのご希望もあり今日の写真ではありませんが、別の時のワンコの写真を追加掲載いたしました。誕生日は4月4日です。
クリックすると子犬のころの写真