So-net無料ブログ作成

ミュンヘン中央駅構内 [ドイツ]


ここはミュンヘン中央駅です。ドイツ的でないものがありました。車を改造した売店です。ヨーロッパは伝統的な建物が多いので、このような光景が珍しく感じてしま写真を撮ってしまいました。

ミュンヘンもアメリカ的になったかな。て感じてしまいます。

千葉県は雪 [日々]


今朝(2011年1月16日)はいつも通りブログを書いていると、いつも通りワンコが散歩のおねだりに来ました。外は真っ暗だったので、「まだです。待て」と言うと、最初はおとなしく温風器の前で、じ~っと待っていましたが、少し明るくなると、またやってきてしきりに私の手を押さえ込んできました。今度はとてもキーボードを打てる状態ではなかったので散歩に出ることにしました。ここまではいつも通りでしたが、玄関を開けたら上の写真の通り雪でした。この冬、初めての雪になると思います。かなり降っている状態でしたが傘をさして散歩に出かけました。

普段は車がよく通る道にもタイヤの跡がなかったので降り始めてすぐだと思いました。帰ってくるころには何台かのタイヤの跡がありましたが人の足跡は帰ってくる時にも私とワンコの足跡だけでした。6時54分ですが、この暗さでした。


ワンコは不思議と雪が大好きです。今日は特別に人通りの少ない道まで行って、放してやりました。喜んで走り回っていました。暗いのでシャッタースピードは長くなってしまうのでワンコだけは、ぶれてしまっています。


雪が降っていることを実感してもらうためにフラッシュを使った写真も撮りました。出発する時にはかなり雪が降っていましたが帰るころには雪は止みました。やっぱり寒かったと言うか、冷たかったです。


明るくなってから家のワンコの足跡の写真を撮りに行きました。向こうからこちら側に歩いてきた足跡です。写真を撮った時間は9時4分でした。


太陽が出てきて雪は輝いていました。この写真はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大


あけましておめでとうございます。 ルーブル美術館 [新年]

新年あけましておめでとうございます。
2009年5月5日にso-netで最初に記事を掲載して1年8ケ月(20ケ月)が経ち沢山のアクセスをしていただき、沢山のnice!を頂き、沢山のコメントを頂き、ありがとうございました。
本年もどうかよろしくお願い致します。

2011年元旦 0時0分
今年はルーブル美術館の写真からはじめさせていただきます。
パリには有名な場所がたくさんあります。凱旋門、シャンゼリゼ大通り、セーヌ川、ノートルダム寺院、オペラ座、モンマルトの丘、等々知っている名前ばかりのはずです。
ルーブル美術館も知らない人がいないはずです。ミロのビーナスやモナリザの微笑みが有名ですが建物がすばらしい上、スケールの大きさに驚かされます。さすがは、もと宮殿だっただけのことはありました。
クリックすると拡大
写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
なぜか絵を模写している人も絵になります。
クリックすると拡大

これは、かなりの大作です。正面の絵ではなく右の壁の絵を模写しています。
クリックすると拡大pg

絵の勉強をしているのでしょうね。 
コーナーに近いところの小さな絵を模写されています。
クリックすると拡大

オリエントの飛牛のように昔、教科書でみたことのあるものも沢山ありました。これはサルゴン2世宮殿の飛牛とよばれています。
クリックすると拡大

写真が許可されて物と禁止の物があり、モナリザの微笑みのような有名な絵画は禁止されています。
クリックすると拡大

彫像に関してはミロのビーナスのような有名なものでも撮影は許可されていました。
当然記念撮影の人でいっぱいです。 でも一人づつ記念撮影できる余裕がありました。絵画には写真撮影が許可されているものと禁止されているものとがありましたが、彫像に関しては、ほとんどのものが写真撮影OKでした。彫像はフラッシュなどで劣化することがないと考えているのではないかと感じられました。
クリックすると拡大

これも教科書によく出てくる古代ギリシアの傑作《サモトラケのニケ》です。
サモトラキ島に存在する偉大な神々を祀った神殿の上方に、女神像が立っていました。この女神像は、船の前部のような形をした奇妙な石の土台の上に置かれていました。クリックすると奇妙な石の土台が表示されます。
クリックすると拡大