So-net無料ブログ作成
検索選択

これが北京⇔秦皇島の新幹線 [中国]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
中国の秦皇島(秦皇岛)に行ったとき北京から秦皇島まで新幹線に乗る機会があったので紹介いたします。これが車体です。北京~瀋陽北の列車で秦皇島は中間くらいの距離で北京~秦皇島は280kmくらいです。China Railway High-speed (CRH)「和諧号」と呼ばれています。日本型のCRH2型ではなくCRH5型のようでした。

偶然ですが駅員さんの影で我々の乗る列車は見えませんが秦皇島の駅で新幹線がすれ違いました。冒頭の写真は11時13分24秒で、これは11時13分7秒ですので、非常に微妙なタイミングであることがわかってもらえると思います。
クリックすると拡大

こちらは11時13分18秒の写真で2台の新幹線が撮れました。丁度、すれ違っているところです。左の列車は「瀋陽北」行きで右が我々が乗る「北京」行きです。


これが行きと帰りのキップです。2009年11月2日に成田から北京に飛んで夕方(18:29発)の新幹線に乗りました。帰りは11月4日午前(11:14発)の列車に乗りました。行きは唐山と言う場所で停車しましたが、帰りは北京までノンストップでした。
キップ-480.jpg

日本のようにホームには自由に入れず20分前に入れてもらえます。それまでは待合室で待つことになります。10時39分58秒の待合室の風景です。すでに並んでいます。待合室にいる人のほとんどが我々と同じ新幹線に乗る人たちです。
クリックすると拡大

列車は時刻通りに来ました。ドアの横には乗客が開閉できるようにボタンがついているのはヨーロッパ仕様ですが、扉自体は自動で開閉するところは日本的でした。ホームと車体の間の隙間が約30cmと大きいところがあるので、車体から黄色の踏み板が停車すると延びてきます。これは中国の特別仕様でしょうね。
クリックすると拡大

車内の風景です。これは一般の座席である二等座(硬座)で日本の新幹線と同じく 2+3 の座席です。日本の新幹線と一番違うのは荷物棚が大きくて深いことだと感じました。一等席(軟座)は日本のグリーン車と同様に 2+2 でした。
北京~秦皇島は行きも帰りも満席状態でした。秦皇島では大部分の人が乗り降りするので秦皇島~瀋陽北はすいていると思います。
クリックすると拡大

電光掲示板では現在のスピードと室内温度と外気温度が表示されます。この日の秦皇島→北京での最高スピードは201km/hでした。ただし200km/hを出したのはほんの一部で通常は157km/hで走っていたため北京~秦皇島280kmの所要時間は2時間でした。線路が真っ直ぐになってくるためか秦皇島~瀋陽北は早いスピードで走り続けると聞きました。今度出来る日本の技術の北京⇔上海は350km/hだそうです。


秦皇島駅に止まっていた一般列車も紹介しておきます。中国にも2階建の客車があることを知りました。
クリックすると拡大

ホームに上がった時にはまだ一般車両が停まっていました。左側は寝台車です。2台の列車が出た後に新幹線が入ってきました。
クリックすると拡大

こちらは貨物列車を引いている電気機関車です。


北京と秦皇島の位置がわかる地図を掲載いたします。

CRH2の関するネットでの説明
CRH2型電車とは、中華人民共和国鉄道部が第6次在来線スピードアップのために日本の川崎重工業から購入した高速鉄道車両である。愛称は子弾頭(子弾=弾丸の意)。なお、全てのCRH車両は「和諧号」(和諧=調和の意)と呼ばれている。
CRH2型電車は日本のE2系1000番台新幹線電車がベースになっている。新幹線車両の日本国外への輸出は台湾高速鉄道の700T型に次ぐものである。CRH2A型のモーターはE2系1000番台と同一であるが、電動車 (M) と付随車 (T) の構成(MT比)は4M4Tであることから、営業運転での最高速度はE2系1000番台 (8M2T) の最高速度275km/h(設計最高速度315km/h)より低い250km/hとなっていた。その後北京・天津高速鉄道の開通に合わせて投入されたCRH2C型は、6M2TにMT比を変更し、シーメンスICE3ベースのCRH3型電車とともに2008年8月1日より世界最速の350km/h営業運転を開始した。
 CRH1 - Bombardier's Regina C2008がベース
 CRH2 - 川崎重工業 新幹線E2系電車がベース
 CRH3 - シーメンスVelaro (ICE3)がベース
 CRH5 - アルストムペンドリーノがベース


北京-上海の記述
日本の「新幹線」技術を使った高速列車が2011年にも北京―上海間で走行する。川崎重工業が技術供与する南車青島四方機車車両が、中国鉄道省から高速鉄道の車両140編成を受注した。受注額は450億元(約6000億円)。鉄道省は今後4年間、毎年10兆円規模を投じて高速鉄道などのインフラ整備を進める方針で、日本の鉄道関連部品メーカーなどにも商機が広がりそうだ。
鉄道省が高速鉄道車両の入札を実施し、南車青島四方などが受注した。関係者によれば北京―上海、北京―広州間の車両が対象という。川重が供与した東北新幹線「はやて」の技術をベースに車両を生産、10年から納入する。時速350キロの走行が可能だという。