So-net無料ブログ作成

日食 [中国]

IMG_3275-50.jpg

空の上からの日食を紹介いたしましたが、この写真は成都で会った知り合いが7月22日に成都に来るために南京空港に向かっているときに撮ったそうです。
以前に中国は大気の汚染のためにいつも空が霞んでいることを書いたことがあります。空が霞んでいるおかげで日食メガネがなしで直に太陽が見れます。したがってこのような写真が直接に撮れたようです。

空の上から日食を体験 [機内]

IMG_4136-50.jpg
IMG_4090-1320.jpg
今、中国の成都に来ています。昨日(2009年7月22日)、成田から北京を経由して成都に入りました。成田の出発は9:35でした。日本に居ても曇り空のためもしかしたら雲の上の飛行機の中から見れるかもしれないと少しだけ期待して左側の窓側の席を予約していました。この写真は10:53に撮ったものですが、明るさはいつもと変わらない感じですが明らかに日食の影響で雲の陰影がいつもと違っていました。写真をクリックすると拡大します。

太陽は見ての通り高いところにあることから飛行機の窓から直接見ることは出来ませんでした。これは膝の位置から上に向かって撮ったものです。窓の乱反射でまったく日食であることはわかりませんでした。


思いついたのはテレビで説明していたピンホールカメラです。手元の紙に急遽、穴を開けて手元の別の紙に写す方法です。若干、欠けているだけですが突然現れた日食に感激しました。これは10時20分の太陽です。
IMG_4057-480.jpg

これが最も欠けた太陽です。11時09分でした。飛行機は北の北京行きなので皆既日食のコースを通らなかったのは残念ですが、大満足でした。飲物も断って写真を撮りました。
IMG_4130-480.jpg

こちらが最後に撮った11時42分の日食の状態です。この後は食事と機内映画とビールに専念させてもらいました。


これが日食を写した方法です。ボールペンで穴を開けたので少し画像が不鮮明でした。この穴で撮ったのが10:20の写真です。この後にシュチュワーデスさんの名札の針を借りて小さな穴で撮ったのが11:09の写真です。


記念のためにネットから地図を拝借いたしました。偶然ですが、今来ている成都も皆既日食のエリアであったそうです。もちろんこちらについたのは日本時間の18:45なので時間は過ぎていました。こちらの人に聞くと空は霞んでいて日食は見れなかったそうです。

東京ドームホテルに泊まりました。 [東京]

IMG_3831-50-1.jpg
クリックすると拡大
私の住まいは千葉県佐倉市なので東京のホテルに泊まることはほとんどありませんが、翌日が早いこともあり七夕(2009年7月7日)にTOKYO DOME HOTELに泊まりました。そのおかげで、紹介したカルガモ親子を翌日(7月8日)に見ることが出来ました。午後10時とかなり遅いチェックインしたのですが、チャックインカウンターの周りにはロープが張られて遠巻きに沢山の人が迎えてくれました。私を? まさか! ホテルの人に聞くと、格闘家のイベントがあったために宿泊している外国人の選手の人を一目見ようと集まっていると答えてもらえました。こんな雰囲気でチェックインするのも注目されているようで悪くないですね。東京ドームホテルならではでしょうね。

朝早く出かけて昼食に戻ってくると、外国の格闘家の人が沢山のファンの人に囲まれて、ファン方はサインをもらったり写真を撮られていました。でもホテルのロビーの注意立看には選手の人にサインをもらったり写真撮影はしないように書かれていました。これは野球選手の人を想定した注意書きだと思います。沢山の野球選手が利用しているのだと思います。


夜遅くチェックインした後に東京ドームホテルに泊まった雰囲気を味わうために6階にあるバー「BAR 2000」に行ってみました。カウンターからの景色です。この写真と冒頭の写真はクリックすると拡大するので是非見てください。
クリックすると拡大

カウンター席はなかなかの人気で空き席が出来るまでソファー席で飲むことになりました。ソファー席からの景色です。


ずーとビールを飲んでいましたが、カウンター席に座るとカクテルを飲みたくなりますね。つい注文してしまいました。右側が私の飲んだカクテルです。
この写真はクリックすると拡大するようにいたしました。
クリックすると拡大