So-net無料ブログ作成
検索選択

オルセー美術館 沢山の画家たちの作品 [オルセー美術館]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
クリックすると拡大上の写真はオルレアン鉄道によって1900年に建設されたオルセー駅の鉄道駅を1986年に美術館として活用するために作られたオルセー美術館の内側の写真です。オルセー美術館(Musée d'Orsay)に関する記事を今までに5つ紹介しました。それらの記事の中で、下記のように22人の作家の作品を紹介いたしました。本記事では、これ以外の沢山の作家の作品を紹介したいと思います。今回はオルセー美術館に関する6つ目の記事です。
 記事1オルセー美術館 建物編
   ロートレック 松方コレクションの「庭に座る女」
 記事2オルセー美術館 印象派展示室
   ミレー  マネ  ドガ  モネ  セザンヌ  ピサロ  シスレー
   ベルト・モリゾ  オノレ・ドーミエ  アルマン・ギヨマン
   ギュスターヴ・クールベ  ギュスターヴ・カイユボット
 記事3オルセー美術館 ファン・ゴッホ
   ファン・ゴッホ
 記事4オルセー美術館 ゴーギャン ロートレック
   ゴーギャン  ロートレック  セザンヌ  モネ  マネ
 記事5オルセー美術館でも模写が許されていました。
   カミーユ・コロー  ローザ・ボヌール  コンスタン・トロワイヨン
   エルネスト・メソニエ  エドゥーアード・セイン
それでは順番に38作品を紹介していきたいと思います。日本人にはなじみの薄い画家もあるとは思いますが、全てWikipediaで取り上げられている有名な画家です。着色された日本語の名前が書いてある作家は日本語のWikipediaに掲載されている画家です。説明はフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」から抜粋させていただきました。画家の小さな写真類は全てWikipediaから転用させていただきました。クリックするとオリジナルを表示します。

エミール・ベルナールはフランスのポスト印象派の画家です。
1887年頃は点描による絵を制作していたそうです。下記はその頃の作品と思われます。その後すぐに点描を捨ててルイ・アンクタンとともにクロワゾニスムを発展させていったそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 エミール・ベルナール(Émile Bernard)
    1868年~1941年(72歳)
 作品 Au Cabaret
 制作 1887年
クリックすると拡大

シニャックはパリ生まれで、ジョルジュ・スーラと並ぶ新印象派の代表的画家であったそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ポール・シニャック(Paul Signac)
 1863年~1935年(98歳)
 作品 Route de Gennevilliers
 制作 1883年
クリックすると拡大

 作家 ポール・シニャック(Paul Signac)
 作品 La Bouée rouge
 制作 1895年
クリックすると拡大

クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 マクシミリアン・ルーチェ(Maximilien Luce)
    1858年~1941年(82歳)
 作品 La Seine à Herblay
 制作 1890年
クリックすると拡大

 作家 マクシミリアン・ルーチェ(Maximilien Luce)
 作品 Une rue de Paris en mai 1871 dit aussi La Commune
 制作 1903年~1906年
クリックすると拡大

クリックすると拡大 作家 アンリ=エドモン・クロッス(Henri-Edmond Cross)
    1856年~1910年(53歳没)
 作品 La Chevelure
 制作 1892年
クリックすると拡大

 作家 アンリ=エドモン・クロッス(Henri-Edmond Cross)
 作品 Les Cyprès à Cagnes
 制作 1908年
クリックすると拡大

クリックすると拡大 作家 テオ・バン・ライッセルバーグ(Théo Van Rysselberghe)
    1862年~1926年(64歳)
 作品 L7Homme à la barre
 制作 1892年
クリックすると拡大

新印象派に分類される19世紀のフランスの画家です。スーラは、印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進めて光学的理論を取り入れた結果、点描という技法にたどりついたそうです。
クリックすると拡大 作家 ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)
    1859年~1891年(31歳)
 作品 Paysage rose
 制作 1879年
クリックすると拡大

展示室の雰囲気を紹介します。
クリックすると拡大

ウジェーヌ=ルイ・ブーダンは外光派の一人として印象派に影響を与えたそうです。特に青空と白雲の表現に優れていたそうです。こちらの絵の額は絵に比べて非常に大きかったので絵のみを掲載させていただきました。
クリックすると拡大 作家 ウジェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)
    1824年~1898年(74歳)
 作品 Étude de ciel avec das nuages blancs
 制作 Sans date
クリックすると拡大

クリックすると拡大こちらも絵に比べて額が大きかったので絵のみの掲載といたしました。右の写真は額も一緒に撮ったものです。上の絵も額との比率は同程度でした。
 作家 ウジェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)
 作品 Ciel nuageux
 制作 1856年
クリックすると拡大

 作家 ウジェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)
 作品 Port d'Anvers
 制作 1871年
クリックすると拡大

 作家 ウジェーヌ・ブーダン(Eugène Boudin)
 作品 La Plage de Trouville
 制作 1865年
クリックすると拡大

クリックすると拡大 作家 チャールズ・アングランド(Charles Angrand)
    1854年~1926年(71歳)
 作品 Couple dans la rue
 制作 1887年
クリックすると拡大

ピエール・ボナールはナビ派に分類されていて、ポスト印象派とモダンアートの中間点に位置する画家だそうです。版画やポスターにも優れた作品を残しているそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ピエール・ボナール(Pierre Bonnard)
    1867年~1947年(79歳)
 作品 Intérieur dit aussi La Femme au chien
 制作 年
クリックすると拡大

 作家 ピエール・ボナール (Pierre Bonnard) 1867年~1947年(79歳)
 作品 La Jeune-Fille aux bas noirs
 制作 1893年
クリックすると拡大

 作家 ピエール・ボナール (Pierre Bonnard)
 作品 Chevaux et filles au Bois
 制作 1894年~1895年
クリックすると拡大

カミーユ・ピサロに関してはすでに掲載したとおり印象派の代表的画家です。
クリックすると拡大 作家 カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)
 1830年~1903年(73歳)
 作品 Route d'Ennery
 制作 1874年
クリックすると拡大

ギュスターヴ・クールベはフランスの写実主義の画家です。スイス国境に近いフランシュ・コンテ地方の山の中の村オルナンに裕福な地主の子として生まれたそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ギュスターヴ・クールベ (Gustave Courbet)
    1819年~1877歳(58歳)
 作品 Branche de pommier en fleurs dit sussi
    Fleurs de cerisier
 制作 1872年
クリックすると拡大

マイヨールは彫刻家としても有名で、オーギュスト・ロダン、アントワーヌ・ブールデルとともに近代ヨーロッパを代表する彫刻家の一人です。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 アリスティド・マイヨール(Aristidw Maillol)
    1861年~1944年(82歳)
 作品 La Femme à l'ombrelle
 制作 1895年
クリックすると拡大

Aristidw Mailloの作品が左の壁に飾られています。 
クリックすると拡大

エドゥアール・ヴュイヤールは モーリス・ドニ、ピエール・ボナールらとともにナビ派の1人に数えられています。ヴュイヤールは他のナビ派の画家よりもさらに平面的、装飾的傾向が顕著だそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 エドゥアール・ヴュイヤール
    (Édouard Vuillard)
    1868年~1940年(71歳)
 作品 Au lit
 制作 1891年
クリックすると拡大

 作家 エドゥアール・ヴュイヤール(Édouard Vuillard)
 作品 Le Passeur dit sussi Cipa Godehski
クリックすると拡大

楕円形の作品もありました。クリックすると特別に大きく拡大します。
 作家 エドゥアール・ヴュイヤール(Édouard Vuillard)
    1868年~1940年(71歳)
 作品 Intérieur de salon de thé, Le Grand Teddy, projet Tea Room
    Interior, The Grand Teddy, Design
 制作 1917年
クリックすると拡大

ウジェーヌ・ドラクロワはロマン主義を代表するパリ生まれの画家です。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ウジェーヌ・ドラクロワ(Eugène Delacroix)
    1798年~1863年(65歳)
 作品 Chasse aux lions (esquisse)
 制作 1854年
クリックすると拡大

ルイ・ジャンモはリヨン派の画家であり詩人であったそうです。ジャンモはロマン派と象徴主義の間を繋ぐ人物として見られており、ドイツのナザレ派やイギリスのラファエル前派と同様な神秘主義的、理想主義を有すると共にカトリック的傾向を強く有する画家であったそうです。
クリックすると拡大 作家 ルイ・ジャンモ(Louis Janmot)
    1814年~1892年(78歳)
 作品 Le Supplice de Mézence
 制作 1865年
クリックすると拡大

ジャン=レオン・ジェロームはフランスの画家・彫刻家で、歴史や東方(オリエント地域)の描写を得意としていたそうです。下記の作品「闘鶏」は代表的作品のようです。
クリックすると拡大 作家 ジャン=レオン・ジェローム(Jean-Léon Gérôme)
    1824年~1904年(79歳)
 作品 Jeunes Grecs faisant battre des coqs (闘鶏)
    dit aussi Un combat de coqs 制作 1846年
 制作 1846年
クリックすると拡大

クリックすると拡大 作家 カロルス・デュラン(Carolus-Duran)
    1837年~1917年(79歳)
 作品 La Dame au gant
 制作 1869年
クリックすると拡大

ジェームズ・ティソはフランス西部の町ナントに生まれれ、パリに出てイポリット・フランドランとルイ・ラモットに絵を学んだそうです。
クリックすると拡大 作家 ジェームズ・ティソ(James Tissot)
    1836年~1902年(65歳)
 作品 Le Cercle de la rue Royale ロワイヤル通りのサークル
 制作 1868年
クリックすると拡大

上の絵に描かれている12名の人の名前の説明がされていました。クリックすると説明板のオリジナルを表示します。
 ① Le comte Alfred de la Tour-Maubourg
 ② Le marquis du Lau
 ③ Le comte Étienne de Ganay
 ④ Le comte J. de Rochechouart
 ⑤ M.C. Vansittard
 ⑥ Le marquis R. de Miramon
 ⑦ Le baron Hottinger
 ⑧ Le marquis de Ganay
 ⑨ M. Gaston de Saint-Maurice
 ⑩ Le prince Edmond-Melchior de Polignac
 ⑪ Le marquis de Gallifet
 ⑫ Charles Haas
クリックすると拡大

クリックすると拡大作品名からMiramon伯爵家族の肖像画のようですが、上の絵の中に、そのMiramon伯爵(⑥)が描かれていました。
右の写真は、上の絵(ロワイヤル通りのサークル)から⑥のMiramon伯爵を切り取ったものです。
 作家 ジェームズ・ティソ(James Tissot)
 作品 Portrait du marquis et de la marquise de
    Miramon et de leurs enfanta
 制作 1865年
クリックすると拡大

Alfred Stavensで画像検索をすると下記の作品のような女性の肖像画がほとんどであることから、女性の絵を得意としていたのかもしれません。彼のWikipedia内で紹介されている12枚の作品の中で11枚に女性が描かれていて、その中の9枚が女性単独の肖像画です。
クリックすると拡大 作家 アルフレッド・スティーブンス(Alfred Stavens)
    1823年~1906年(83歳)
 作品 La Lettre de rupture
 制作 1867年
クリックすると拡大

 作家 アルフレッド・スティーブンス(Alfred Stavens)
 作品 Ce que l'on appelle le vagabondage dit aussi Les chasseura de
    Vincennes
 制作 1854年
クリックすると拡大

バレリーナの絵で有名なドガの作品がこちらにもありました。
クリックすると拡大 作家 エドガー・ドガ(Edgar Degas)
 1834年~1917年(83歳)
 作品 Portrait de famille 又は La famille Bellelli
 制作 1858年~1869年
クリックすると拡大

展示室の雰囲気も紹介します。 
クリックすると拡大

クリックすると拡大 作家 テォデュール・リボー(Théodule Ribot)
    1823年~1891年(68歳)
 作品 Saint Sébastien martyr
 制作 1865年
クリックすると拡大

雰囲気から3作品ともテォデュール・リボー(Théodule Ribot)の作品のようです。右側の作品が上のSaint Sébastien martyrです。 
クリックすると拡大

別の赤い壁の展示室の雰囲気も紹介します。 
クリックすると拡大

シャルル=フランソワ・ドービニーはパリ生まれバルビゾン派の画家だそうです。父や叔父も画家であったことから年少時より絵の教育を受けたそうです。
クリックすると拡大 作家 シャルル=フランソワ・ドービニー
    (Charles-Francois Daubigny) 1817年~1878年(61歳)
 作品 La Neige
 制作 1873年
クリックすると拡大

バジールは、南仏モンペリエの裕福な家庭に生まれ、1862年にパリに出てシャルル・グレールの画塾に入り、モネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、セザンヌといった仲間と知り合ったそうです。自ら絵を描きながら仲間を経済的に支援していましたが、1870年に勃発した普仏戦争に志願して参戦して28歳の若さで戦死したそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 フレデリック・バジール(Frédéric Bazille)
    1841年~1870年(28歳)
 作品 Réunion de Famille 又は Portraits de famille
 制作 1867年
クリックすると拡大

右の壁の絵が上の作品です。大きな作品であることがわかってもらえると思います。 
クリックすると拡大

ルイ・アンクタンはフランス東部で生まれ、1882年にパリに来て、レオン・ボナのアトリエで絵を学んだそうです。そのときにロートレックと出会い、共にフェルナン・コルモンのアトリエに移り、ファン・ゴッホやベルナールと親交を結んだそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ルイ・アンクタン(Louis Anquetin)
    1861年~1932年(71歳)
 作品 Femme dans la rue
 制作 1890年
クリックすると拡大

ポール・セリュジエはフランス・パリ出身のポスト印象派の画家で、ナビ派の一員として知られているそうです。1885年にアカデミー・ジュリアンに入学し、そこで出会ったモーリス・ドニやピエール・ボナールらと共にナビ派を結成したそうです。
クリックすると拡大 作家 ポール・セリュジエ(Paul Sérusier)
    1864年~1927年(62歳)
 作品 Les Filles de Pelichtim
 制作 1908年
クリックすると拡大

ジャン=バティストカルポーの代表作にはパリ・オペラ座の「ダンス」や「ウゴリーノ」があるあるそうです。
クリックすると拡大クリックすると拡大 作家 ジャン=バティストカルポー
    (Jean-Baptiste Carpeaux)
    1827年~1875年(48歳)
 作品 L'Attentat de Berezowski contre le tsar
    Alexandre II
 制作 1867年
クリックすると拡大

円形の絵もありました。本名はジュール・ウジェーヌ・ルヌヴー・ブサロック・ド・ラ・フォン(Jules Eugène Lenepveu Boussaroque de Lafont )と長い名前です。天井が有名な画家で、この絵も天井画と思われます。
クリックすると拡大 作家 ジュール=ウジェーヌ・ルヌヴー
    (Jules Eugène Lenepveu)
    1819年~1898年(78歳)
 作品 Les Muses et les Heures du jour et de la nuit
 制作 1872年
クリックすると拡大

下の4枚の絵の作家や作品名は記録していないかったために判りませんが、4枚一組の絵が印象的だったので掲載いたしました。クリックすると特別に大きく拡大いたします。
クリックすると拡大

今回の記事で下記の枠内の27人の39作品を紹介いたしました。今までの記事で22人を紹介いたしました。27人+22人は59人ですが、ピサロとドガの2人はすでに紹介いたしましたので、今までの記事を合わせて57人の画家の絵画を紹介したことになります。オルセー美術館の常設展示は約4000点(所蔵作品は約2万点)であることから、沢山の画家を紹介したつもりではありますが、オルセー美術館の中の一部の画家を紹介したにすぎないと思います。画家の名前の順番と写真の順番は同じにしております。
エミール・ベルナール  ポール・シニャック  マクシミリアン・ルーチェ  アンリ=エドモン・クロッス  テオ・バン・ライッセルバーグ  ジョルジュ・スーラ  ウジェーヌ・ブーダン  チャールズ・アングランド  ピエール・ボナール  カミーユ・ピサロ  ギュスターヴ・クールベ  アリスティド・マイヨール  エドゥアール・ヴュイヤール  ウジェーヌ・ドラクロワ  ルイ・ジャンモ  ジャン=レオン・ジェローム  カロルス・デュラン  ジェームズ・ティソ  アルフレッド・スティーブンス  エドガー・ドガ  テォデュール・リボー  シャルル=フランソワ・ドービニー  フレデリック・バジール ルイ・アンクタン  ポール・セリュジエ  ジャン=バティストカルポー  ジュール=ウジェーヌ・ルヌヴー
クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大
nice!(91)  コメント(29)  トラックバック(1) 

nice! 91

コメント 29

kyon

美術館に行った気になりました^^
by kyon (2017-07-02 01:57) 

SORI

kyonさん おはようございます。
実際に美術館に行かれた気分になられたとの言葉はうれしいです。ありがとうございます。
by SORI (2017-07-02 04:19) 

チャー

眼を見張るような素敵な作品ばかり
何度もページを上下して 見させて頂きました
(^ ^)Vありがとうございます

堅パン
アメリカでは 訴訟問題?
小さなお子様が訴訟し裁判している光景をテレビで観たことがあります^ ^
凄い&立派ですね
堅パンは 奥歯でガリガリ食べると 甘みがあって 美味しいです

by チャー (2017-07-02 13:26) 

SORI

チャーさん こんにちは
こちらこそうれしいです。見てもらえるのが一番です。
確かに堅パンは奥歯で食べると味がありそうです。食べてみたいです。
by SORI (2017-07-02 15:18) 

tarou

名画を有難うございました、
知ってる絵も何枚か有りました。
本物を直に見てみたいですね(^_-)

by tarou (2017-07-02 15:22) 

プリスキラ

私も「美術館に行ったみたい」と思いながら見ました。オルセー美術館素晴らしいですね。いつか行ってみたいものです。
by プリスキラ (2017-07-02 16:32) 

SORI

tarouさん こんにちは
今は有名な画家の人も当時は生活が苦しい人が多かったみたいです。その時代から評価されない独自の絵を描く人ほどその傾向があるようです。
by SORI (2017-07-02 16:50) 

SORI

プリスキラさん こんにちは
オルセー美術館は我々の知っている絵が沢山あるので魅力的な美術館でした。お目当の絵を探し当てると感激します。
by SORI (2017-07-02 16:52) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

これだけの作品・・よく載せられましたね。
皆さんと同じように、美術館に行った気になりました。(^^)
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-07-02 17:50) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんばんは
根気ですね。記録として残しておきたかったので、頑張ってみました。
by SORI (2017-07-02 23:00) 

Rinko

沢山のステキな絵画、私まで一緒に美術館を回った気分です^^
ありがとうございます~!
by Rinko (2017-07-03 07:37) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
オルセー美術館では基本的に1848年~1914年の作品が展示されています。1848年以前の作品はルーヴル美術館、1914年以降の作品はポンピドゥー・センターと分担されています。つまり最も馴染のある作品が多いので感激いたしました。
by SORI (2017-07-03 07:51) 

むうぴょんこ

すっごーい!!
名画の宝石箱やぁ・・・って古いよね(笑)
Rinkoさんの印象と同じで、まるでその場にいて一緒に鑑賞してるような雰囲気で・・・素晴らしい!!
なので・・・ごちそうさまでしたっ!!

by むうぴょんこ (2017-07-03 11:01) 

SORI

むうぴょんこさん こんにちは
うれしいお言葉ありがとうございます。掲載した甲斐がありました。ほんと沢山の絵に出合いました。
by SORI (2017-07-03 15:10) 

さゆり

すばらしいブログですね。

大変でしたでしょうね。
見る人はありがたいです^^
ありがとうございます
世界の作品ですものね

by さゆり (2017-07-03 18:27) 

muku

素敵な展示と作品ですね。
こういうのは額も含めて見るんでしたっけ?
これだけの作品をPC経由で見られるので嬉しい限りです。
by muku (2017-07-03 19:09) 

SORI

さゆりさん こんばんは
単純作業ではありますが枚数が多いので掲載するのに結構、時間を要しました。でも見ていただいてその苦労も報われます。
by SORI (2017-07-03 19:44) 

SORI

mukuさん こんばんは
額がある方が美術館で見ている雰囲気を味わってもらえると思いました。見事な額も多かったです。
by SORI (2017-07-03 19:48) 

rappi

オルセー美術館、生きている間に一度行ってみたい場所です。^^
すごい作品ばかりですね。

by rappi (2017-07-03 20:38) 

SORI

rappiさん こんばんは
芸術の街パリだけのことはあります。我々になじみ深い19世紀の作品が集まった感じでした。パリに住んでいる方から薦められただけのことはありました。
by SORI (2017-07-03 21:33) 

夏炉冬扇

ヘエーフーハーです。

こちら、台風長崎上陸。大分に抜けるようです。
by 夏炉冬扇 (2017-07-04 09:56) 

SORI

夏炉冬扇さん こんにちは
オルセー美術館に関して、絵画に関しては今回が最後ですが、あと2つの記事を用意しています。もう台風が上陸したのですね。被害がないといいですね。
by SORI (2017-07-04 15:30) 

リス太郎

これは勉強になるので印刷しときます。でもじっくり見てる暇あるかなあ。オルセー美術館は新婚旅行(1995年春/結婚したのは1994年10月ですが、金がなかったのと仕事が休めなかったのとで半年後にしようと。思ってるところに阪神淡路大震災で。神戸から大阪に親兄弟が逃げてきて。で、落ち着いたころに行きました)で訪れたはずですが、あんまり覚えてません。
by リス太郎 (2017-07-05 02:42) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
新婚旅行で行かれたのですね。それにしても大変な時期だったのです。阪神大震災では実家の宝塚の家が被害を受けたので翌日に伊丹空港に飛行機で行きました。1週間近く手伝ったと思います。
今回の記事を気に入ってもらえてうれしいです。ありがとうございます。
by SORI (2017-07-05 08:11) 

リス太郎

このときは「あんまり覚えてません」と書いてますね。その後の私のコメントと矛盾するんですが、酔っぱらってたせいもありますが、ヨメとわいわい言いながら酒をガブ飲みしながら貴殿のブログを拝見してるうち、記憶が蘇ったんだと思います。酒は飲めば飲むほど酔いもすれば脳が麻痺して記憶が蘇ります。不思議。
by リス太郎 (2017-07-14 04:29) 

リス太郎

伊丹といえば矢田部みね子(有村架純)は奥茨城村だぁ⤵ではなく、
兵庫県伊丹市の出身だぁ⤴(それは近江弁)
https://matome.naver.jp/odai/2140584850971988601
(人のブログに変なの貼り付けるなって)←変なのってのも失礼だけど
by リス太郎 (2017-07-14 04:35) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
奥様も見ていただけてうれしいです。すごく仲が良くて楽しそうなのが伝わってきました。(誤解かも?)
一緒にお酒を飲むのはいいですね。我家は二人で缶ビール1本が標準です。
by SORI (2017-07-14 05:34) 

リス太郎

誤解です。激昂仮面のおばさんです。ナニ考えてるかわからず不気味。
by リス太郎 (2017-07-17 02:42) 

SORI

リス太郎さん おはようございます。
とりあえずは誤解と言うことにしておきます。これ以上の深入りはやばそうです。
今は曇り空で暑さも和らぎそうです。と思ってググッてみたら晴れてきて熱中症指数は「厳重注意」で、「炎天下は避けてください」とのことでした。

by SORI (2017-07-17 05:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1