So-net無料ブログ作成
検索選択

ロワール地方に向かうバスの中からの景色 [ロワール]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
フランス旅行も6日目となりました。6日目は、パリからのマイバス社の日帰りツアーでクリックすると拡大ロワールの城めぐりに行きました。上の写真が我々が乗ったバスです。マイバス社の前から撮りました。
訪問場所は3ケ所で、最初の訪問場所であるシュノンソー城に到着するまでのバスからの景色を紹介したいと思います。
 1日目 セーヌ川散策 ノートルダム寺院 ルーブル美術館周辺
 2日目 モンサンミッシェル
 3日目 モンサンミッシェル
 4日目 ルーブル美術館 ノートルダム寺院 凱旋門 シャンゼリゼ通り
 5日目 ヴェルサイユ宮殿 チョコレート店2ケ所
 6日目 ロワールの城めぐり
 7日目 オルセー美術館 サント・シャペル セーヌ川クルーズ 他

こちらが車内の様子です。ツアーの人数は11名でしたが、大型バスだったので、ゆったりと座ることが出来ました。
マイバス社を7時30分に出発いたしました。パリに戻ってきたのは19時50分だったので12時間20分のツアーとなりました。
クリックすると拡大

私の席から前方向を撮りました。天井にも窓がある豪華なバスでした。本ツアーはマイバス社のホームページに日本からインターネットで申し込みました。モンサンミッシェルツアーも同様にマイバス社に申し込みました。
クリックすると拡大

ロワールの城めぐりの訪問場所と、マイバス社( )から最初の訪問場所のシュノンソー城( )までのルート(━━)を紹介します。この地図で示す通りロワール地方はパリの南西方向にあります。
   マイバス社パリ事務所
   シュノンソー城
    クロ・リュセ城(ダビンチの家)
    La Cave aux Fouées (ランチを食べたレストラン)
    シャンポール城
 ━━━━━━ パリ(マイバス社)→シュノンソー城 239km


マイバス社の事務所前を出発してパリ市内を抜けるまでの景色も魅力的でした。最初はセーヌ川沿いを走りました。
クリックすると拡大

こちらもセーヌ川に架かる橋です。
クリックすると拡大

バルコニーの手摺がお洒落です。
クリックすると拡大

パリの中心部から離れてくると建物の高さも低くなってきました。
クリックすると拡大

路面電車が走る道も不思議な魅力がありました。
クリックすると拡大

パリ郊外の景色です。ここで別の運転手が待っていて交代いたしました。フランスでは、バスの安全管理は非常に厳しいために運転手の1日の運転時間が規定されているために、この会の日帰りツアーでは一人だと時間オーバーになってしまう可能性があるために、ここで交代するのだと説明されました。運転手はそれぞれにICカードを持っており、それをバスの機械に差し込んで初めてバスが動くそうです。運転時間がオーバーするとエンジンが停止する仕組みになっているために、余裕を持つ必要があるとのことでした。バスに検査官が乗り込む抜き打ち検査もあるとのことでした。観光バスの安全管理に関しては、日本の実情とは雲泥の差を感じました。
クリックすると拡大

日本とは違ったデザインの送電線にもめが行きました。
クリックすると拡大

こちらの送電線も独特でした。
クリックすると拡大

料金所を通過するところです。
クリックすると拡大

パリの町から離れると緑が広がっていました。
クリックすると拡大

風力発電の風車も沢山ありました。
クリックすると拡大

一面が黄色の花で埋め尽くされている風景にも出会いました。
クリックすると拡大

ガラスを割るための脱出ハンマーが備えられていました。
クリックすると拡大

出発して2時間後の9時30分に休憩場所のサービスエリア(SA)に着きました。
クリックすると拡大

こんな形で自転車を積んでいました。フランスは自転車の国です。
クリックすると拡大

我々以外のバスも何台か停まっていました。
クリックすると拡大

このように家がある方が稀なので、つい写真を撮ってしまいます。
クリックすると拡大

道路の合流地点です。
クリックすると拡大

建物があると、やっぱり撮ってしまいます。
クリックすると拡大

これがフランスの景色なのです。
クリックすると拡大

大きな建物もありました。牧場でしようか。
クリックすると拡大

バスの窓からは羊(ひつじ)も沢山見ることが出来ました。
クリックすると拡大

牛も沢山見ることが出来ました。馬も見かけました。
クリックすると拡大

この時10時49分でした。出発して3時間19分です。
クリックすると拡大

ロアール川を渡っているところです。
クリックすると拡大

ロワール川周辺は緑豊かなところでした。
クリックすると拡大

緑がまだまだ続きました。
クリックすると拡大

シュノンソー城の近くの町を通過しているところです。町の名前はCivray de Touraine(シヴレ ド トゥレーヌ)です。ここから目的地まで1.6kmの距離です。
クリックすると拡大

シュノンソー城のあるChenonceaux(シュノンソー)に到着いたしました。線路を渡ったところに駐車場があります。この時、11時05分でした。出発してから3時間35分でした。
クリックすると拡大

シュノンソー城の駐車場周辺の航空写真です。線路を渡っているところが上の写真です。航空写真上の が駐車場です。航空写真ををクリックするとシュノンソー城( )の位置が入った写真を表示します。駐車場からは歩いて城に向かいました。
クリックすると拡大
nice!(75)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 75

コメント 10

tarou

のどかな街並みが良いですね(^_^)v
こんなところをドライブして見たいですね!

by tarou (2016-11-11 08:28) 

SORI

tarouさん おはようございます。
想像していた以上に緑の豊かなところでした。自分で走れたすばらしいです。
by SORI (2016-11-11 09:05) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

天気が良い時に、自転車で走ってみたいですね。(^^)
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-11-11 11:54) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんにちは
確かに自転車で走ってみたいところが沢山ありました。
by SORI (2016-11-11 13:35) 

Rinko

フランスの牧歌的な風景もまたいいものですね~!
バスは内装までおしゃれだな~さすがフランスですね^^
by Rinko (2016-11-11 14:34) 

kazu

SORIさん、こんばんは。

ロワール地方へのバスの移動、大型バスに11人とはゆったりですね。
我々は25人でしたが、一列3席のゆったりバスでした。
フランスの田園地帯が続いていますね。
のんびりとした風景ですよね。

やはりシュノンソー城に行きました。シェール川をまたいで作られているんですね。
by kazu (2016-11-11 17:09) 

夏炉冬扇

少しもやってますか。
路も地平も広い。
by 夏炉冬扇 (2016-11-11 19:28) 

SORI

Rinkoさん こんばんは
長時間乗るバスからの景色で、その国の風景を感じることが出来ます。今回はフランスの景色を堪能することが出来ました。
by SORI (2016-11-11 20:32) 

SORI

kazuさん こんばんは
丁度、日本人の観光客が少ない時期だつたおかげでゆったりすることが出来ました。一週間前は沢山の人が乗っていたそうです。
このお城は、ほんと、きれいでした。川をまたぐように城を建てることはだれが関変えたのでしょうね。
by SORI (2016-11-11 20:35) 

SORI

夏炉冬扇さん こんばんは
ヨーロッパで大型バスに乗ったのは2002年の家族でのイタリア旅行以来で、懐かしかったです。
by SORI (2016-11-11 20:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: