So-net無料ブログ作成
検索選択

今年初めて、新蕎麦をいただきました。 静和屋 [蕎麦]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。

2015年11月1日に偶然に新そば / 新蕎麦に出会えました。
家内とJR佐倉駅の近くに出かけて、家に帰る途中で、ちょうど昼時だったので、以前に行ったことのある手打ち蕎麦のお店に寄ってみることにいたしました。幸運なことに新蕎麦だったのです。
この時期に食べる新蕎麦は9月~11月収穫されるもので、俗に秋新(あきしん)と呼ばれています。これに対して6月~8月に収穫される新蕎麦を夏新(なつしん)と呼びます。一般的に夏新よりも秋新の方が香りがよく、色や食味も優れています。そのため、初物好きの江戸っ子も首を長くして待ったのが秋新でした。そんな歴史からか新蕎麦と言えば今の時期の秋新を指すようになったそうです。

私は「もりそば」600円を頼みました。あきらかにいつもの蕎麦の色と違います。今回の蕎麦は北海道石狩沼田産のキタワセ種でした。
クリックすると拡大

新蕎麦らしく見事な緑の蕎麦が出てきました。写真は大盛り(+150円)です。
石臼挽きの自家製粉の蕎麦を使っているそうです。
クリックすると拡大

思いっきり拡大してみました。クリックするとさらに拡大いたします。
クリックすると拡大

こちらのお店のお蕎麦は、蕎麦粉9割、小麦粉1割の九割蕎麦です。


お店に入ると最初にサービスで揚げ蕎麦とお茶が出されます。


家内は温かいお蕎麦を頼みました。
蕎麦の原産地は中国の雲南省付近ではないかと言われています。日本では縄文時代の遺跡から蕎麦の実や花粉が見つかっていることから、遅くとも3000年以上前から栽培されていたと考えられています。ただし現在の麺状の蕎麦切りで食べられるようになったのは、二八蕎麦を題材にした記事で紹介した通り、江戸時代の初期からのことなのです。蕎麦の実が食べられるようになった初期のころは脱穀した実を茹でたり、粟や稗などの雑穀と混ぜて粥と食べられていたと考えられています。鎌倉時代に中国から挽き臼が伝来すると、そばがき、すいとんの具、蕎麦饅頭、蕎麦団子などが登場し、江戸時代初期に蕎麦切りが発明されたのでした。
クリックすると拡大

半熟玉子が入った薄揚げが乗ったお蕎麦です。
蕎麦は種を蒔いてから2~3ケ月で収穫出来る上に日照りや冷涼な気候にも強く、痩せた土地でもよく育つことから、稲が凶作の時には蕎麦が蒔かれて人々を飢えから救ってきたそうです。平安時代初期に編纂された勅撰史書「続日本記」では飢饉に備える救荒作物として蕎麦が取り上げられています。
クリックすると拡大

以前に来た時の蕎麦もいくつか紹介します。
こちらは「天もりそば」1250円です。蕎麦用のつけ汁以外に天ぷら専用の天つゆと塩があるのはうれしいです。
クリックすると拡大

蕎麦を拡大いたしました。こちらの蕎麦は8月14日に食べたもので新蕎麦ではありませんが、喉ごしの良い蕎麦でした。蕎麦の色を比較してもらうと判るように、新蕎麦の色が鮮やかな緑色なのが判ってもらえると思います。
クリックすると拡大

天麩羅は大きな海老にキスや舞茸や獅子唐など7品がついていました。天ぷらが美味しいと蕎麦も美味しいです。
クリックすると拡大

天ぷらはよく注文があるようです。天かす(揚げ玉)がテーブルに置かれており、お店の出口にはサービスで天かすが入った袋が置かれていました。
クリックすると拡大

こちらは「かき揚げ天もりそば」980円です。
クリックすると拡大

美味しいかき揚げを拡大いたしました。
クリックすると拡大

こちらは「かき揚げ天ぷらそば」980円です。
クリックすると拡大

こちらがお店の入口です。


お店を紹介いたします。手打ちうどんもやっています。
  店名 静和屋(せいわや)
  住所 千葉県佐倉市生谷1515-162
  電話 043-487-3585
  営業 11:15~15:00  17:00~20:00
  定休 水曜日


地図で場所を紹介します。中央の臙脂色のマーク( )が静和屋です。最寄駅は京成電鉄の京成臼井駅です。

より大きな地図で 静和屋 を表示

nice!(107)  コメント(20)  トラックバック(3) 

nice! 107

コメント 20

Rinko

秋に収穫される新蕎麦は香りが良いと聞いたばかりでした!
美味しそうですね~(*^^*)
てんぷらもそうですが、お茶うけに出された揚げ蕎麦に心惹かれます。
by Rinko (2015-11-03 07:55) 

SORI

Rinkoさん おはようございます。
蕎麦が出て来るまで揚げ蕎麦を食べながらお茶を飲む時間が良かったです。新蕎麦が食べたかったので、ほんと幸運でした。九割蕎麦も良かったです。
by SORI (2015-11-03 08:14) 

はらぼー

おはようございます。
出ましたね。緑色の蕎麦(^^)
ボクは神田の藪そばで緑の蕎麦を初めて見て食べて、
思いっ切り驚愕し、大感動してしまいました。
世の中にこんな蕎麦があるのかって。
出雲蕎麦のような田舎蕎麦に慣れていたので、なおさらでした。
「もうこれは別の食べ物だ」と気持ちを落ち着かせたのを
思い出しました。
by はらぼー (2015-11-03 09:31) 

SORI

はらぼーさん おはようございます。
新蕎麦は何度か食べたことがありますが、これほど鮮やかな緑の蕎麦は初めてでした。新鮮さを感じました。
神田の藪そばかなりは昔に食べたことがあります。まだ、蕎麦に、さほど関心が無かった頃なので、他と比べようがありませんでした。もう一度食べてみたいと思っています。
by SORI (2015-11-03 10:13) 

kazu-kun2626

11月になると秋新ソバの季節なんですね
香りが届きそうですよ 美味しそう~
by kazu-kun2626 (2015-11-03 10:53) 

SORI

kazu-kun2626さん おはようございます。
今までは意識して新蕎麦を食べに行ったことがありませんでしたが、これからは意識してしまいます。
by SORI (2015-11-03 11:00) 

Azumino_Kaku

秋も深まってまいりました。信州の親戚が「そろそろ新そばの季節」と申していたのを思い出します。いちど味わってみたいものです。
by Azumino_Kaku (2015-11-03 17:36) 

昆野誠吾

やっぱり蕎麦や天ぷらは日本人にとって
相当重要な料理だと思います。
ラーメンやステーキは美味しいけれど
どれか残せと言われたら蕎麦を選ぶかも^^
by 昆野誠吾 (2015-11-03 18:54) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

新そば・・香りもいいでしょうね。
やはり、盛りそばで食べたいです。


by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2015-11-03 19:26) 

ひろ

ほんとに蕎麦の色が違いますね!
わたしも新蕎麦食べに行こうと思います。

by ひろ (2015-11-03 20:08) 

SORI

Azumino_Kakuさん こんばんは
今の時期に手打ち蕎麦のお店に行くと新蕎麦が食べれるかもしれません。また、蕎麦屋に行って見るつもりです。
by SORI (2015-11-03 20:47) 

SORI

昆野誠吾さん こんばんは
外手に食べに行く時は蕎麦が一番多いかもしれません。
by SORI (2015-11-03 20:49) 

SORI

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん こんばんは
私も、蕎麦に関しては冷たいものばかりです。
by SORI (2015-11-03 20:54) 

SORI

ひろさん こんばんは
私もこれほど色が違うとは思ってもいませんでした。これだけ滋賀宇土新蕎麦の値打ちがある気がします。
by SORI (2015-11-03 20:55) 

まりな

新蕎麦だからあの緑なんですね!
時々出会う緑の蕎麦の謎がやっととけました。
by まりな (2015-11-03 22:27) 

SORI

まりなさん おはようございます。
私も、今回初めて確証を持ちました。食べていても新蕎麦を食べている気持ちにさせてもらいました。
by SORI (2015-11-04 02:43) 

ゲンママ

SORIさん、おはようございます。
蕎麦は大好きなのですが、まだ新蕎麦を食べたことがありません。
是非とも、食べてみたいです。
by ゲンママ (2015-11-04 05:59) 

SORI

ゲンママさん おはようございます。
今、手打ち蕎麦のお店に行くと新蕎麦を食べれる可能性が高いと思います。是非とも味わってみてください。
by SORI (2015-11-04 06:32) 

youzi

新そば、とても美味しそうですね。
天ぷらは普段は好んで食べないのですが、
天ぷらそばだけは別で、衣にてんつゆがしみ込んだのが
大好きです。
by youzi (2015-11-09 21:31) 

SORI

youziさん こんばんは
確かに天ぷらそばでつゆを含んでフカフカの衣は美味しいですね。我家でつくる時にスーパーで天婦羅を買ってきて乗せています。
by SORI (2015-11-09 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL: