So-net無料ブログ作成
検索選択

ラグビー発祥の地 [英国]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ロンドンから Rugby(ラグビー)という名の町に日帰りで行ってきました。
Rugby School2015年はラグビーワールドカップで南アフリカから日本が歴史的な勝利をしたことで、ラグビー自体が日本で注目されるようになりました。そのラグビーの発祥の地が、このは小さな田舎町であるラグビーなのです。
ラグビーの起源は、1823年に、この町にある右下の写真(ネットから拝借)のRugby校(ハイスクール)でのフットボール(原始的サッカー)の試合中に起こった事件が発端だそうです。その事件とは試合中にウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出したことでした。
Rugby School1840年頃にはラグビーの原型であるボールを持って走る「ランニングイン」が確立したそうですが、その第1号がエリス少年と言うことなのです。ほかにも走る人がいても不思議ではありませんが、その根拠はエリス少年が最初にボールを持って走ったという証言が記してある文章が、ラグビーの起源に関する最古の文献だからだそうです。さらに起源と考案者を探る上で名前がわかっている人物はエリス少年、ただ一人だそうです。
なお、当時のフットボール(原始的サッカー)では、手を使うこと自体はルールとして許されていました。エリス少年がルールを破ったとされるのは、ボールを手で扱ったことでなく、ボールを持って走った行為にあるそうです。

もしかしたらラクビー校(Rugby School)が写るかもしれないと何気なく撮った右の写真の中にラクビー校が写っていました。逆光のためにクリアな写真ではありませんがネットの写真の屋根の部分が同じなので気が付きました。この写真はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大

上のラグビー校の部分を切り取って拡大したのが下の写真です。
今まで、せっかくラグビーまで行ったのにラグビー校を見ないで帰ってきたことを後悔していましたが、実はラクビー校を見ていたのです。ラグビー校はイングランドで最も有名で、最も古いパブリックスクールの1つで、11歳から18歳までの男女共学のボーディングスクールです。定員は950名。そのうち800名が寮生活をしているそうです。ストリートビューで見ると、さすがです。2つのラクビーの競技グラウンドが緑の芝生の中に作られていました。
ストリートビュー→ポチッ ポチッ


航空写真で見るとラクビー校の大きさに驚かされます。

街の中の風景をさらに2枚掲載します。こちらはラグビー校を見ることが出来た丘の上からの別の方向の景色です。こちらは北西方向の写真です。ラグビー校が写っていた写真は南東方向の写真でした。
クリックすると拡大

大きな切り株です。こちらはタクシーの中から撮りました。
クリックすると拡大

クリックすると拡大ここのタクシーもロンドンのタクシーの大きい方と同じでした。 でもロンドンでは走っていなかった白色のタクシーが圧倒的に多かったです。イギリスのタクシーの後ろの扉は日本とは反対に開くのです。中は広くて前後に座席があり、応接間のように対面で座ることが出来ました。
クリックすると拡大

右の写真はラグビー駅のホームにあったRugby(ラグビー)の表示です。ラグビーに来た記念に撮りました。ラグビーの発祥の地であるラグビーの町の位置を紹介します。赤いマーク( )がラグビー発祥のラグビー校です。この縮尺では赤のマークに隠れていますが緑のマーク( )がラグビー駅です。黄色のマーク( )が我々が列車に乗ったロンドンのユーストン駅です。

より大きな地図でラクビーの町の位置を表示
この列車でロンドンからラグビー(RUGBY)までノンストップ 49分で着きます。ロンドンへの帰りはいくつも駅に停まったので1時間でした。


列車の中を紹介します。快適です。


列車からの景色を3枚紹介します。 
家は稀にしか見れません。この写真のようなな景色がほとんどでした。


家が見えると珍しいので写真を撮りました。


駅の景色も珍しいので紹介いたします。


ロンドンに昼過ぎに戻ってみるとのんびりとくつろいでる風景に出会えました。この後、荷物を預けてあったホテルに戻って頼んであったタクシーに乗って空港まで行きパリまで一気に飛びました。→ポチッ


Wikipediaでのラグビーに関する記載内容の最初の部分を紹介します。
ラグビー(英: rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。和名を闘球という。かつてはラ式蹴球とも言われた。
この競技は、正式にはラグビーフットボール (Rugby football) と呼ばれる。2つのチームに分かれて行われ、楕円形(回転楕円体)のボールを奪い合って相手陣のインゴールまで運ぶ、あるいはH型のゴール上部に蹴り入れて得点を競うスポーツである。
Wikipedia : フリー百科事典

nice!(279)  コメント(30)  トラックバック(1) 

nice! 279

コメント 30

さうざんバー

素敵な風景ですね~(^^)v イギリスって、大都会イメージがありましたが、田園風景がキレイです(^^) 
by さうざんバー (2012-09-29 14:57) 

アニ

ラグビーワールドカップの優勝トロフィーを「エリスカップ」っていうのは
この名前に由来しています。

ちなみに日本は下賀茂神社に隣接した「糺の森」の中に「第一蹴の地」
という石碑があります。

by アニ (2012-09-29 15:56) 

SORI

さうざんバーさん こんにちは
ロンドンをなれると、のんびりとした田園風景が続きました。列車から見える町も趣のある小さな町ばかりでした。
by SORI (2012-09-29 17:00) 

SORI

アニさん こんにちは
ラグビーワールドカップの優勝トロフィーをエリスカップと呼ばれているのは初めて知りました。
関西のラグビー発祥の地として石碑が建てられたのですね。
石碑の碑文には
 「明治43年9月、三高生徒が、この地ではじめてラグビー球を蹴る。こうして三高蹴球部が生まれ、日本ラグビー界の輝かしい歴史がはじまった」
              と刻まれているそうです。
by SORI (2012-09-29 17:10) 

ひでぷに

ラグビーって地名だったのですね!
おまけにヴァージンって、鉄道もやっているんですね(ノ゚ρ゚)ノ
知らないことだらけです...
by ひでぷに (2012-09-29 20:19) 

SORI

ひでぷにさん こんばんは
鉄道のことは知りませんでした。ラグビーは静かな素晴らしい場所でした。
by SORI (2012-09-29 20:25) 

まほ

緑が豊かな土地がらですね。
偶然でも、ラグビー校が写っていて良かったですね♪
by まほ (2012-09-30 02:24) 

SORI

まほさん おはようございます。
今回の記事を書くためにラグビー校の写真をネットで見て、もしかしたらと撮った写真を見た結果、見つけました。こんなにも立派な学校だとは知れませんでした。
by SORI (2012-09-30 03:31) 

風来鶏

ラグビーのあのボールの形は、「豚の膀胱」からきているという話を聞いたことがありますが本当でしょうか?!
by 風来鶏 (2012-09-30 06:57) 

SORI

風来鶏さん おはようございます。
ネットで調べてみました。
沢山の説がありますが、最も有力な説がご指摘の通りで「昔は豚の膀胱をふくらませてそれに皮を張り合わせてボールを作っていたから」でした。さらに詳しく書かれていましたが、ここでもラクビー校が関係していたことがわかりました。記載内容は下記のとおりです。

初期のラグビーボールは大変重いものでした。
そこで、イギリスのラグビー校の生徒に軽くてよく飛ぶボールを作って欲しいと頼まれた職人が、新しいラグビーボールを作ることになったのです。
その職人は、試しにブタの膀胱(ぼうこう)をチューブにして膨らませたところ、とても軽くてよく飛ぶボールが出来たのです。
しかし、ブタの膀胱は細長いので、どうしても楕円形のボールになってしまうのです。

by SORI (2012-09-30 07:22) 

momiji

ボールを持って走るという、常識破りが新しいスポーツを生み出したのですね(^^)
by momiji (2012-09-30 09:49) 

mimimomo

おはようございます^^
イギリス懐かしいです。
もう40年ほど前、一人でイギリスに住もうと旅立ちました^^
語学学校の先生から、ラグビーのお話、聞きましたが、その名前までは
知りませんでした。文献にも残っているのですね~ イギリスらしいです^^
by mimimomo (2012-09-30 09:49) 

SORI

momijiさん おはようございます。
ラグビーは高校の体育の授業で行われていたので馴染みが深いです。フッカーをやっていました。
スクラムを組んだときにボールを取るポジションです。
by SORI (2012-09-30 10:43) 

SORI

mimimomoさん おはようございます。
イギリスに住むことを考えられて旅立つ人生を経験されたのですね。まだまだ私の経験が浅いことを知りました。イギリスを昔よく知った方はイギリスは特別のようです。
by SORI (2012-09-30 10:48) 

monkey

素敵な風景ですね。
サウザンプトン方面へ列車で行くと
湖があってこちらもいいですよ。
by monkey (2012-09-30 15:21) 

SORI

monkeyさん こんにちは
湖のある景色はいいですね。イギリスは一泊だけの滞在だったのが残念ですが、短い時間にいろんなことを経験することができました。
by SORI (2012-09-30 15:36) 

macinu

車窓からの眺め広大で優雅ですね~
by macinu (2012-09-30 16:14) 

さきしなのてるりん

ほおぉ、地名?へぇ膀胱?ふうんボール持って走るのにも歴史があった?知らないことばかり。イギリスの列車から見る景色にも、こんなに広大な景色が展開するとは知らなかったぁ。
by さきしなのてるりん (2012-09-30 17:04) 

カリメロ

ラクビーって地名だったんですね^^;
とっても楽しく拝読させて頂きました♪
ラクビー校見れていて良かったですね^^
列車もカッコいいし、景色も素敵♪
いいな~。。。
by カリメロ (2012-09-30 17:37) 

SORI

macinuさん こんにちは
車窓は都会とは違う風情がありました。緑の多さに驚きでした。
by SORI (2012-09-30 17:45) 

SORI

さきしなのてるりんさん こんばんは
コメントも丁寧に読んでいただけたのですね。うれしいです。調べてみるといろんなことが、わかりました。
それだけでも、ラクビーの町に行った値打ちがありました。
by SORI (2012-09-30 17:48) 

SORI

カリメロさん こんにちは
記事を書いていて、偶然ですがラクビー校が写っていることを知りました。いろんな方向を撮ってみるものだと、あらためて感じました。

by SORI (2012-09-30 17:51) 

beny

 格好いい列車ですね。
所で、ロンドンでのお食事はいかがですか。あまりおいしくないと聞きました。
by beny (2012-09-30 20:34) 

SORI

benyさん こんばんは
ロンドンでは、有名なローストビーフのお店に行ってみましたが、残念ながら予約をしていないので断られてしまいました。
飛び込みで入ったレストランでステーキをいただきましたが固かったです。ローストビーフのお店の料理が食べれなかったこともあり、評判通りのアメリカと同じ印象でした。
by SORI (2012-09-30 20:56) 

youzi

ラグビー発祥の地はのどかな感じでいい所ですね。
列車も新しい新幹線って感じがして、乗ってみたくなりますね。
by youzi (2012-10-06 14:22) 

SORI

youziさん こんにちは
列車から見る景色から想像できないほどきれいな町でした。真白のタクシーも新鮮でした。
by SORI (2012-10-06 17:43) 

はらぼー

おはようございます。
ラグビーって街の名前がラグビーの発祥地なんですね。
街があること自体も初めて知りました。
大きな緑地ではやっぱりラグビーができるんでしょうかね。

それにしてもヨーロッパの列車は本当にカッコいいですね。
車内も快適そうですし、
とにかく人数を乗せようとする日本の列車に辟易している
ボクにとっては、一度はヨーロッパの列車巡りをしたいくらい、
憧れです(撮り鉄でもあるもので)。
by はらぼー (2015-12-09 06:16) 

SORI

はらぼーさん おはようございます。
沿えなんです。地名がラクビーの名前の由来でした。
スポーツが盛んだったのでしょうね。グラウンドがすばらしく広いです。
by SORI (2015-12-09 06:46) 

Rinko

ラグビーの発祥って、そんな風だったんですね~。
最近日本でも人気が出てきてるラグビー。この地を訪れる日本人観光客も増えるかもしれませんね^^
by Rinko (2015-12-09 07:55) 

SORI

Rinkoさん こんにちは
まさか、ラグビーの発祥の地を訪れることになるとは思ってもいませんでした。きれいな町でした。
by SORI (2015-12-09 16:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: