So-net無料ブログ作成

ダ・ヴィンチが暮らした家 [ロワール]

写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。
クリックすると拡大
ロワール地方の城めぐりの最後の訪問場所のレオナルド・ダ・ヴィンチの家を紹介します。と言ってもフランスの家です。
?? 「フランス? イタリアじゃないの」と思われる人も!
フランス国王のフランソワ1世に招待されて1516年から没する1519年までロワール地方のアンボワーズ城近くに住んでいたのです。
建物の名前は「クルーの館(Clos Lucé)」です。クルーの館はフランソワ1世が幼年期を過ごした館であることも有名です。15世紀半ばに建てられ、1490年にシャルル8世のものとなり、王妃アンヌ・ド・ブルターニュも住んだことがありました。フランソワ1世の姉のマルグリット・ド・ナヴァルの住まいでもありました。
クリックすると拡大
下の写真は上の写真と反対側です。
レオナルド・ダ・ヴィンチを紹介します。
 正式 レオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ
     Leonardo di ser Piero da Vinci
 誕生 1452年04月15日 フィレンツェ共和国 ヴィンチ
 死没 1519年05月02日 フランス王国 アンボワーズ
クリックすると拡大

二階の屋外の廊下
クリックすると拡大

庭に鉄製の標識がありました。
クリックすると拡大  

内部の部屋の写真2枚です。
クリックすると拡大

ロワール地方の城を見た後なので小さく見えますが、部屋には貴賓がありました。
クリックすると拡大

ベッドです。
クリックすると拡大

暖炉には火が!
クリックすると拡大

部屋の中にきれいな紋章がありました。 気になったので写真に収めました。が、よく見ると上が王冠ですね。ガイドさんはこの紋章のことは話していませんでした。
クリックすると拡大

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画の代表作を紹介します。作品は「最後の晩餐」と「モナ・リザ」です。
クリックすると拡大クリックすると拡大
タグ:ロワール
nice!(111)  コメント(26)  トラックバック(4) 

nice! 111

コメント 26

sou

はじめてコメントさせて頂きました。
海外のキレイな写真がたくさんですね。
素敵なブログ見つけちゃいました☆
また来させていただきます。
私の方にもぜひ遊びに来てくださいね。
by sou (2009-05-23 13:52) 

Susuwatari

souさん niceチェックとコメントありがとうございます。
海外に出る機会が多いので風景を紹介したくてはじめました。
明後日から中国に行ってきます。

by Susuwatari (2009-05-23 14:36) 

ナナ

なるほど興味深い紋章ですね。フィレンツェの市の紋章がユリ紋で、フィレンツェ市とフランスの関係については、財を成した大富豪メディチ家がルイ11世(1423−83年)を財政的に援助したために、当家の紋章にユリが加増されたという逸話があるそうです。
by ナナ (2009-10-03 18:35) 

SORI

ナナさん こんばんは
紋章に目をつけられましたね。家の中にカラフルな紋章が書かれていたので興味を引かれました。
by SORI (2009-10-03 19:48) 

ナナ(keiko

いやぁ〜、SORIさんの目のつけどころが違いますね。
わたしも紋章にはひとかたならぬ興味がありまして、本も何冊か持っています。
それにフランスの歴史はこれからも勉強したいと思っているのです。
長生きしたいです。

これからも、SORIさんの興味のアンテナを張り巡らせて、ピン!ときたものを撮って来てくださいね。楽しみにしています。
by ナナ(keiko (2009-10-03 21:06) 

SORI

ナナさん こんばんは
それにしても立派な家でした。レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)は大切にされたことがうかがえました。
by SORI (2009-10-03 23:53) 

みど

こんばんわ&はじめまして!
nice!ありがとうございます♪
素敵な写真ばかり・・・放浪癖にスイッチ入りそうですww
また遊びにまいりますね。
これからもよろしくお願いしますm(__)m
by みど (2009-10-05 00:40) 

babu

ダ・ヴィンチのイメージを裏切らない綺麗なお家ですね。
昔持っていた画集のようなものに裕福だったと
書かれてあったような気がしましたが、そんな感じ。

by babu (2009-10-05 01:35) 

にごろ

情緒があっていいですね。
by にごろ (2009-10-05 02:31) 

SORI

みどさん おはようございます。
いろんなところに行かれたんですね。旅行は刺激があっていいですね。
by SORI (2009-10-05 06:17) 

SORI

babuさん おはようございます。
500年も前のことなのに大切にされたことが、残っているのはすばらしいです。
by SORI (2009-10-05 06:19) 

SORI

にごろさん おはようございます。
この家にダ・ヴィンチが住んでいたと考えるとタイムスリップした気持ちになります。
by SORI (2009-10-05 06:20) 

piano

16世紀のものが保存されてるんすね(@_@)
by piano (2009-10-05 06:51) 

youzi

レンガつくりの家、とてもいいですね。

by youzi (2009-10-05 20:21) 

SORI

youziさん こんばんは
外も中も素敵です。国によってすばらしい特長の家があるのがヨーロッパですね。
by SORI (2009-10-05 20:29) 

SORI

pianoさん こんばんは
おそらく使われ続けていたのだと思います。古いものをいつまでも大切にすることに感心いたしました。
by SORI (2009-10-05 20:30) 

sig

こんばんは。
すてきな場所に行かれたのですね。
この部屋にダ・ビンチが存在したのだと思うだけでも、すごいことですね。
by sig (2009-10-05 21:45) 

SORI

sigさん おはようございます。
数百年前の家を見るだけでも値打ちがありますが、ダ・ヴィンチが暮らしていたと思うと感じるものも大きいですね。
by SORI (2009-10-06 05:55) 

gon

ダヴィンチじーさん、晩年はこんな素晴らしい館で
暮らしていたんですね。いいものを拝見しました!
私は以前ヴィンチ村で、生家を見ましたよ〜。
大好きなので、その時も大感動でした!
by gon (2009-10-13 02:05) 

チェロ♂

ダヴィンチのフランスの家とは!勉強になります!
亡くなるまでの三年間ぐらいを暮らしていたのですか?
by チェロ♂ (2009-10-13 03:41) 

SORI

gonさん おはようございます。
このダヴィンチの家のおかげでいろんなことを知ることが出来ました。
沢山のコメントありがとうございます。今日、帰宅後ゆっくりとさせていただきます。
by SORI (2009-10-13 06:30) 

SORI

チェロ♂さん おはようございます。
私も、ここに来るまでは知りませんでした。いいきっかけになりました。国王に大切にされるなんて、やはりすごい人だったんですね。
by SORI (2009-10-13 06:32) 

サンダーソニア

なかなかゴージャスな家ですね。
国王に招かれて かなり待遇が良かったのでしょうね。
by サンダーソニア (2015-04-23 22:50) 

SORI

サンダーソニアさん こんばんは
このクルーの館が与えられただけでも、その優遇度が判ります。
by SORI (2015-04-23 22:54) 

youzi

モナリザの微笑みは見た事がありますが、
最後の晩餐、予約が取れず見れませんでした。
見たい絵の一つになっています。
by youzi (2015-04-27 08:22) 

SORI

youziさん おはようございます。
最後の晩餐はいろんなパーションがあのようで、その別パーションを見ることが出来ました。モナリザは見ることが出来ました。多くの絵は写真を撮ることを許されていましたがモンリザだけは写真が禁止だった記憶があります。
by SORI (2015-04-27 09:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4